20アルファード、アクアヘッドライト加工

製作中の20アルファードのヘッドライトですが、ポジションレンズの加工が完了しました。

20アルファードヘッドライト加工ポジションレンズ1

左右反転でのロゴ入れ加工です。

チャンネル文字なので側面のアクリルの透明感が質感を高めてくれます。

20アルファードヘッドライト加工ポジションレンズ2

大変時間のかかる加工となっておりましたが、完成も近くなってきました。

こちらはアクアのヘッドライトです。

ハイビームをスクエアプロジェクター加工。

アクアのハイビーム

イカリングはピンクです。

プロジェクター本体は今回はハイビームとしての実用性もお求めになられていますので、

ハイパワーLEDを使ってプロジェクターのレンズも光学性能を考えて製作しております。

ただ、ライトメーカーさんの様に完璧な光学設計は当店の技術、設備ではまだ力が及ばない部分もありますので

どこまで明るく出来るかは何とも言えないですが(´・_・`)

とりあえず出来る限りの事をさせて頂きます。

LEDは高VFのCREEを電動ファン冷却でドライブさせます。

アクアのヘッドライト1



RB3オデッセイのヘッドライト加工、レクサスISのヘッドライト加工

先日より進めておりましたRB3のヘッドライトは完成しました。

オデッセイヘッドライト加工2

アクリルを使ってデイライトを設置しました。

オデッセイヘッドライト加工1

インナーの曲がり具合がややこしくてなかなか手こずりましたが、綺麗に仕上がりました(。>ω<。)ノ

インナーをつや消し黒に塗装していますので、消灯時でもアクリルラインがはっきりとわかりますね。

そしてこちらはレクサスISのヘッドライトです。

レクサスISヘッドライト加工1

まずポジションのLEDを打ち替えて純白化&デイライト用に光量UP。

レクサスISヘッドライト加工2

そしてウインカー時にはシーケンシャルウインカーとして流れます。

白色も黄色もハイパワーのPOWERLEDを使って居ますので光量は強烈です。

白色は対向車への迷惑を考えて、夜間はポジション連動で減光します。

レクサスISヘッドライト加工3

消灯時は加工している事は全くわかりません。純正のままです。

3モードシーケンシャルウインカーリレーを使いますので、車検時も安心です(*^_^*)

このISの加工は大変好評頂いております。

この先も月に1台のペースで予約が埋まっております。




C-HRヘッドライトVer3取り付け完了

完成しておりましたC-HRのヘッドライトVer3の取り付けが完了しました。

今朝早くに北関東から遠路お越し頂きました。

C-HRヘッドライト加工1

一見、オプションのLEDヘッドライトに見えますがハロゲンライトがベースになっています。

アクリルで製作したデイライトラインは純正のオプションLEDヘッドライトよりも明るく、白色もより純白、

しかも端には青のグラデーションを入れていますのでノーマルとの違いは一目瞭然ですね。

C-HRヘッドライト加工3

消灯時も天面のキャンディーブルーカーボンの水圧転写が綺麗です。

インナーのメッキ部分はブラックカーボンの水圧転写で仕上げています。

C-HRヘッドライト加工2

ウインカーは勿論シーケンシャルウインカー



そしてこちらはハマーH3のフロントウインカーです。

ハマーは純正でウインカーポジションになっていますのでダブル球回路で製作しました。

左がポジション、右がウインカーの光量です。

ハマーH3フロントウインカー

こちらはお馴染みRCオデッセイのバックドアテールです。

ダミーリフレクターのLED加工が大変人気です。

RCオデッセイテールランプ加工

POWERLEDで強烈に光ります。

そしていつもの異音対策もぬかりなく行っています。

今のところ、お預かりしたテールランプは100%インナーに擦過痕があります。

振動でレンズと干渉して異音を出しているのは間違い無いですね。



社外品テールランプの漏水

ハマーテールランプ加工を2セット進めております。

こちらはH2の社外品テールランプです。ウインカーのLED加工ですが、問題無く完了しました。

ハマーH2テールランプ加工

こちらはH3のテールランプです。同様にウインカーのLED加工です。

ハマーH3テールランプ加工

綺麗にレンズカットの山部分とLEDの頂点を合致させています。

ところがH3の方は防水テストで凄い勢いでエア漏れの音が・・・((((;゚Д゚)))))))

テスト時には水槽に入れる前に必ず事前に加圧して大きな漏れが無いか確認します。

大きな漏れがあるとシューっと言う音がしますので水槽に漬ける前に察知できます。

これをしないでいきなり水槽に漬けるとランプの中が水浸しになってエラいことになります((´・ω・`;))

よくよく確認すると今回の加工では触っていない元々のシール部分のシールが切れていました。

社外品テールランプ漏水

最近は社外品テールランプのクオリティーも良くなっていますので、この手の問題は減っていますが、

やはり油断は出来無いですね。

もしこれに気がつかずに発送していればお客様から見れば完全に当店のミスとなります。

純正品の加工と違って社外品や他社製作品の加工はこの様なリスクもあるんですね。

話は変わりますが、お客様から装着画像を頂きましたのでサイトに掲載させて頂きました。

先日ご紹介させて頂きましたが下位グレードのヘッドライトにL字ラインの設置です。

大変ご満足頂けました。

30アルファードヘッドライト加工

30アルファードのヘッドライト加工7

こちらのマークXのお客様からはイベントで部門1位ゲットの嬉しいご報告を頂きました。

マークXヘッドライト加工

130マークXのヘッドライト加工9

おめでとう御座います!

S様、M様、いつも本当にありがとうございます(*^_^*)



作業の経過です

先日から毎年恒例のぎっくり腰に苦しみながら作業しております(´;ω;`)

そんな中、今日ご紹介させて頂くのはハイマウントの加工です。

こちらはTANKハイマウント

加工前の点灯状態です。とても長いハイマウントです。恐らく国産では最大級だと思います。

TANKハイマウント2

純正は6発のLEDで、両端は樹脂で導光しているので端は暗くなっています。

そこで端まできっちり光る様に基板を組みました。

TANKハイマウント1

端まで綺麗に均一に光って居ます。

こちらは36アルトハイマウントです。

アルトハイマウント

デザイン柄で光る様に加工しました。

車内設置タイプは防水の必要が無いので加工の自由度も高いですね。

デコトラ用のカミオンテールも完成しております。

カミオンテール

RB3のヘッドライトはもう少しで点灯出来るようになります(・Д・)ノ





30アルファードヘッドライト加工完成

30アルファードヘッドライト加工が完了しました。

30アルファードヘッドライト1

30アルファードヘッドライト2

下位グレードのヘッドライトを上位グレードの様にL字ラインを光らせたいとお考えのオーナー様も多いと思います。

上位グレードのヘッドライトに換装する方法もありますが、ヘッドライト本体の金額を考えるとなかなか実現は難しいと思います。

この方法であれば比較的低予算で可能になります。

更に純正のL字ラインよりも純白で明るいので、昼間にデイライトとしても充分使える光量が出ています。

今回はオーナー様のご希望でノーマルのコの字ポジションは撤去しましたが、ここも上位グレードの様に

4発のLEDでデイライトを作る事も可能です。

そこまでするとコーナリングランプが無い以外は純正の上位グレード以上の物になります。

予約の作業に少し遅れが出ていますが、RB3のヘッドライトも製作に着手しました。

RB3オデッセイヘッドライト


ハイラックスサーフのヘッドライトもこの後組み上げに入ります。

プロジェクター周りのメッキをリング状に残して塗装して欲しいというご要望でしたが、インナーの塗り分けは

メッキ剥がれの可能性が高いのでミラーアクリルを使ってOリングを取り付けました。

ハイラックスサーフヘッドライト

意外と良いワンポイントになりました( ^ω^ )



E52エルグランドのヘッドライト加工

今回は比較的ライトな加工のご紹介です。

他社製作品の再加工になりますが、イカリングにCCFLが使われておりましたが、不点灯の修理を兼ねての加工となります。

E52エルグランドヘッドライト1


CCFLのトラブルではインバーターへの浸水による物が圧倒的に多いですが、今回はリング本体がお亡くなりになっていました。

新たにレーザーデザインイカリングのスクエアタイプに換装しました。

勿論安心の日亜化学のLEDを光源に使って居ます。

E52エルグランドヘッドライト2

LEDテープや汎用プロジェクターは他社施工となっております。

こちらも進行中の30アルファードのヘッドライトです。

30アルファードヘッドライト1

下位グレードのライトなのでL字ラインが光らないタイプです。

上位グレードよりも明るいL字ラインを製作させて頂きます(^-^)/


C-HRヘッドライト Ver3完成

ようやく完成しました。

C-HRのヘッドライトVer3

ハロゲンライトをベースにオプションLEDヘッドライトと同じ様にアクリルでデイライトを設置しました。

純正オプションよりも純白で明るい白光になります。

端には青のグラデーションでワンポイントを入れてノーマルとの違いは一目瞭然です。

ウインカーはPOWERLEDを使った明るいシーケンシャルウインカー



インナーが大きいので水圧転写もより一層引き立ちますね(*^_^*)


臨時休業のお知らせ

度々の臨時休業で申し訳ありませんm(_ _)m

明日11月1日は臨時休業とさせて頂きます。

メールの対応も出来ませんので何卒ご理解頂ければ幸いです。

作業の紹介です。

20アルファードのヘッドライトは無事ヴェゼルのプロジェクターが入りました。

20アルファードヘッドライト


まだモノアイとイカリングだけですが、プロジェクターの位置を確定出来たのでインナーの加工を進めて行きます。

こちらはメーカー名は伏せますが、30ヴェルファイア用のヘッドライトガーニッシュです。

取り付け前に防水加工のご依頼です。

早速水槽に沈めて内部加圧を行いましたがあちこちから気泡が出るわ出るわ(;゜0゜)

まず配線のグロメットに空き穴があります。赤く囲んだ部分です。

社外品ランプ


そしてグロメットと配線の径が合っていなくてゴソゴソなので配線の隙間からも漏水。

本体には謎の空き穴もありますし、本体にインナーを固定しているネジの隙間からも気泡がブクブクと・・・・

幸いレンズのシーリングからの漏水は皆無でした。

全てシールして完璧な防水加工をさせて頂きました。

こちらは少し前に製作させて頂きましたムーブのヘッドライトです。

昨日取り付けが完了しました。

ムーブヘッドライト加工

C-HRの方はもう少しで完成です( ̄^ ̄)ゞ


C-HRのヘッドライトVer3続報です

このブログを見て頂いているお客様数名からも進行具合をご期待頂いておりますが、この加工での1番のキモとなるアクリルラインが点灯できる様になりました。

C-HRヘッドライトVer3-2

この形状のアクリル加工は大変難易度が高くなりますが、数度の作り直しを経てようやく綺麗に出来ました。

点灯色は純正オプションライトよりも純白になり、端には青のグラデーションも入れました。

光量も純正よりも遙かに明るいです。

インナーはメッキ部分をブラックカーボン、アクリルラインの天面をキャンディーブルーカーボンの水圧転写で仕上げています。

C-HRヘッドライトVer3-3

インナーとアクリルの食い込みの部分もばっちり一体感を出しています。

C-HRヘッドライトVer3-1

完成まであと少しです(^-^)/