FC2ブログ

作業経過

世間はお盆ですが、作業の方は色々と進めております。

現在進行中のマジェスタのヘッドライトです。

レクサスNXの3眼をインストールしています。

マジェスヘッドライト加工

さすがにマジェスタのライトは大きなライトなのでプリウスの様なギリギリでは有りませんが、セダンのローダウン車は

ライト後方の突出とフロントタイヤとのクリアランスが厳しいので楽には済みません(´・_・`)



こちらはインスパイアの社外品テールランプです。

インスパイアテールランプ

バックランプとウインカーの仕切りを除去、パテと塗装で仕上げてシーケンシャルウインカー化しました。



こちらも現在進行中のスバルサンバーのヘッドライトです。



イベント仕様で盛りだくさんな加工内容になっています( ^ω^ )




エクストレイルのヘッドライト加工

入庫中のエクストレイルです。

エクストレイル シーケンシャルウインカー

ポジションラインの底辺をシーケンシャルウインカー化しました。

白色のLEDも打ち替えて爆光化を行い、デイライトとしても使える様になりました。



3モードシーケンシャルウインカーリレーを使っていますので、車検時にはノーマルウインカーが復活します( ^ω^ )

楕円形のイカリング

先日製作させて頂きました、楕円形のフォグに専用サイズで楕円形のイカリングです。

楕円形イカリング

まあ、そんなに珍しい物でも無いのですが、楕円形のイカリングは市販されていないので

この様にワンオフで作るしか無いんですね~(-∀-)

装着写真も届いております。

C-HRヘッドライト移植

先日加工させて頂いた「Sグレードの車体で動くGグレード用のヘッドライト」です。

全て問題無く動作してエラーも無いと言う事でした。

ライト単体での加工なので実際に取り付けて見るまでどうなるか分からない部分もありますが、

今回は全て想定の範囲内で収まってくれました。

移植については現在様々な車種でお問合せが殺到しています。

輸入車も多数です。

今まで当店で成功例がある物以外は全て出たとこ勝負となります。

出来るか出来無いかは分解して見るまでわかりません。仮に分解解析を行った結果、

不可能と判断した場合でも工賃が発生しますのでご理解下さいね(・Д・)ノ

車種問わず、実際に後期型ヘッドライト移植に踏み切った結果動かないと言う例が本当に多いです。

旧来のヘッドライトなら配線加工程度でどうにでも出来ましたが、最近のCAN通信型のヘッドライト

コンピュータ制御なのでそのままでは絶対に動作しません。

意外とこの事が知られていないみたいで、CAN通信型のヘッドライト移植に踏み切る例が大変多いので

どうかご注意下さいね( ̄^ ̄)ゞ

運送破損

もう何度もしつこいくらいここでお知らせしていますが、運送事故が減るどころか増えていますw( ̄o ̄)w

本日は特に到着が固まってしまいましたが、60ハリアーのヘッドライトが3セット、30アルファードのヘッドライトが2セット、マジェスタのヘッドライトが1セット到着しました。

到着した数も多いですが、なんと破損率の高いこと(´・_・`)

これらは全て本日到着分の破損です。

破損5

破損4

破損3

破損2

破損1

えぐい破損率です。

運送会社と弁済交渉となれば話が決まるまで着手が出来無いので、お客様が納期で困るのは勿論ですが、

ただでさえ保管スペースの狭い当店では本当に困った事になります。

特に破損事故が多いのは実名を出すのは気が退けますが、運送会社大手のS社です。

先月からもう破損事故が何回も続いて私も辟易としています。

対して郵パックさんは本当に破損率が低く丁寧な仕事をされている事が良くわかります。

ヤマト運輸さんも「ヤマト便」なら保険が掛けられますのでまだ安心です。

梱包の仕方でも破損事故を減らすことは出来ますが、やはりどこの運送会社を使うかと言う事はすごく大事ですね。

ショップさん経由でライトを送ってこられる場合はS社で送って来られる事が多いので破損事故も多くなります。

ショップさんの都合もあるので無理は言えないですが、出来るだけS社は使わない様にお願いしてみて下さいね(´・_・`)


ちょっと遊んでみました

あまり気持ちに余裕がなくなるとろくな事がないのでちょっと気分転換に遊んでみました。

ロンサムカーボーイ2

80年代に大流行したロンサムカーボーイ。

リアウインドウの下にはイルミ付きの箱形スピーカーが定番でしたね。

カセットデッキのグライコがとても綺麗な時代でした。

ロンサムカーボーイ1

でもこれは偽物です。スピーカー風のイルミは吸盤貼り付け式のイルミプレートです。

後ろからだと本物に見えますねw

あ、勿論これは販売出来ませんので悪しからずです(;゜0゜)

商標権で完全にアウトです~w( ̄o ̄)w

これは自分用なので大丈夫でしょう(笑)


ワゴニスト

本日発売のワゴニスト9月号に30アルヴェル後期ライト移植の詳細を掲載して頂きました。

加工料金や移植に必要なパーツの手配、移植作業を行ってくれる提携ショップさんの情報などが

掲載されています。

興味のある方は是非買って下さいね~( ̄^ ̄)ゞ

ワゴニスト




30アルファード後期型ヘッドライト移植

続々とさせて頂いております30アルファード後期型ヘッドライト移植

今回のパターンは前期車両はコーナリングランプ無しで後期型ヘッドライトは3眼タイプと言う組み合わせです。

30アルファード後期型ヘッドライト移植1

ライトだけで見ると1番落差の大きい組み合わせパターンですね。

前期型車両がコーナリングランプ無しの場合でもこの様なコントローラーを使う事で

コーナリングランプの動作も可能です。

30アルファード後期型ヘッドライト移植2

取り付けもカプラーONで至って簡単です(・∀・)

勿論他のパートも全て点灯します。

レクサスGSの移植加工も完了しました。

レクサスGSヘッドライト移植

L字ポジションはデイライトモード搭載です。

左がデイライト、右がポジションの光量です。

写真なので正確に反映されませんが、強烈にあかるいと言って良い光量ですね。

ついでにシーケンシャルウインカー加工も行いました。






前期後期移植レクサスGS

30アルヴェル後期移植は連日たくさんのお問合せを頂きありがとうございます(^^)

今回の作業は現行レクサスGS後期型ヘッドライト移植です。

レクサスGSヘッドライト

お馴染みの角形3眼ですが、このヘッドライトはハイビームがアダプティブです。

歴代最高の難易度の高い加工になりますが、全て目処が立ちました。

ポジションのL字ラインはC-HRのLEDヘッドライトと全く同じ制御なので、先日苦労して製作した制御回路が

早速役に立ちます(・∀・)

この手の作業ではエラー表示が出ては成功とは言えないので、全てのパートで電気的な整合性を完全にマッチングさせなければなりません。

その為無駄な電力消費をさせる部分も出てしまいます。

それでも後期顔と言うのは前期中期のオーナーさんから見たら最高に欲しいアイテムですよね(^^)

話変わってこちらはNV350テールランプ加工です。



社外品をベースにスモール/ブレーキとウインカーを流れる様に加工しました。

複雑怪奇な配線も専用ハーネス製作により、簡単にカプラーONで取り付け出来る様にさせて頂きました(^_^)v

C-HRのヘッドライト 上位グレード移植加工

C-HRGグレードヘッドライト加工ですが、この加工はSグレードの車両で動くようにしています。

今までは後からの交換は絶対に無理とされてきましたが、それを可能にしました。

60ハリアーや30アルヴェルと同様の加工内容になります。

以下の写真はライト単体で点灯出来ていますので、アナログ制御のSグレード車両でも

同様に動作する事がご理解頂けると思います。

LEDプロジェクター点灯

C-HRヘッドライト加工2

シーケンシャルウインカー点灯

C-HRヘッドライト加工3

ポジション点灯

C-HRヘッドライト加工1

ポジションラインは勿論デイライト点灯も可能です。

しかもデイライト時はフル発光モードで点灯させますので本来のGグレードよりも明るくなっています。

強烈に明るいデイライトは欧州車並です。

ポジション時には勿論減光させますが、この部分の電子回路製作にかなり苦労しました。

LEDが明るくなると電流値が極端に増えますので、色々と難しい問題が増えて来ますね。

コストも大きくなってきます(・ω・;)

Sグレードのヘッドライトを加工するのも良いですが、上位グレードにアップグレードするのも

大変魅力的だと思いますヾ(・∀・)ノ

本日は午後から休みになります

誠に勝手ながら本日は午後からお休みを頂きます。申し訳ありませんm(_ _)m

写真は現在製作中のマークX後期型テールランプです。

マークXテールランプ加工

ブレーキランプとウインカー部分は仕切りを除去してパテ整形でひとつの開口に作り替えました。

アクリルフィンは天面に1mm間隔のヘアラインを入れています。

完成までもう一息です(^∇^)ノ