fc2ブログ

レクサスLMのヘッドライト

※本日は16時で閉店となります。

レクサスLM仕様の社外品ヘッドライトです。

レクサスLMのヘッドライト加工1

色々なメーカーの製品が有り、今までに4タイプは把握しておりますが、今回のヘッドライトは未知の5タイプ目です。

このヘッドライトは30前期アルファードのデイライト、コーナリングランプ無しのグレードの車両に搭載されていました。

カプラー部のつなぎ替えで上位グレード車両にも対応しているヘッドライトです。

ベース車両にデイライトが無い場合、このヘッドライトはポジション時にL字部分が100%の光量で点灯する仕組みです。

逆にデイライト機能がある車両の場合はデイライト100%、ポジションONで減光します。

つまり、現状では夜間のポジション時にデイライトの光量で点灯している状態です。

オーナー様のご希望はデイライト点灯をさせたいと言う事でしたのでデイライト時に100%、

ポジション時に減光出来る構造に内部回路を改造しました。

レクサスLMのヘッドライト加工2

写真では光量の違いがわかりにくいですが、向かって右側が100%の光量、左側は減光状態です。

電流比でデイライト時の30%程度になります。

そしてこのグレードの車両にはコーナリングランプが無いのでコーナリングランプも点灯出来る様に加工しました。

車両側に制御の仕組みが無いので車速や蛇角での制御は出来ませんが、ロービーム以上の点灯時に

ウインカーを出した側だけコーナリグランプが点灯(点滅では無い)します。

ハザードでは反応しない様に工夫しています。

ちなみにですが、レンズなどの灯体があるにも関わらず点灯しないと車検不可になります。

昔は「これは飾りだ」と言い切れば見逃して貰える事もありましたが、最近は陸事のコースでも厳しいですね。

そして側面にはあのロゴも

レクサスLMのヘッドライト加工3

多くは語れませんがW

S様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : レクサスLMヘッドライト移植

カローラセダン/カローラスポーツ/カローラツーリングの後期型ヘッドライト移植

カローラセダン/カローラスポーツ/カローラツーリングの後期型ヘッドライト移植加工です。

エラー無く全て正常に動作します。

カローラセダン/カローラスポーツ/カローラツーリングの後期型ヘッドライト移植2

カローラセダン/カローラスポーツ/カローラツーリングの後期型ヘッドライト移植3

カローラセダン/カローラスポーツ/カローラツーリングの後期型ヘッドライト移植4

ヘッドライトのみ郵送で加工は可能です。

ご用意されるヘッドライトについての注意点がございます。

ヘッドライトヤフオク等で中古のヘッドライトを購入されるとLEDモジュールが無い物があります。

カローラセダン/カローラスポーツ/カローラツーリングの後期型ヘッドライト移植1

この部分に冷却フィンの形状のアルミ製の鋳物が装着されます。

カローラセダン/カローラスポーツ/カローラツーリングの後期型ヘッドライト移植5

この部分が無いと加工が出来ませんのでご注意下さい。

尚、ご希望であればLEDモジュールはこちらでの手配可能です。

N様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : カローラセダンカローラスポーツカローラツーリング後期型ヘッドライト移植

レクサスGS社外品ヘッドライト

レクサスGS用の社外品ヘッドライトです。

見た目は後期型のヘッドライトですが、カプラーONで前期車両に装着出来る製品です。

レクサスGS後期ルックヘッドライト1

完全なコピー品ですね。内部も精密に再現されていました。

定番のご依頼ですが、前期LEDヘッドライト装着車に取り付けるとエラー表示が出ると言う事で、その対策をさせて頂きました。

あとプロジェクターの配光も海外用の右上がり配光だったので左上がり配光に加工させて頂きました。

配光

K様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

イベント用のヘッドライト製作も進めております。

イベント用ヘッドライト加工

またご紹介させて頂きます(・∀・)


tag : レクサスGS後期ルック社外品ヘッドライト

210マジェスタ/クラウンのヘッドライト移植加工

210マジェスタ前期型のヘッドライトです。

210マジェスタのヘッドライト移植加工

業者様からのご依頼で210クラウン前期型車両に移植する加工を行わせて頂きました。

このヘッドライトは2連LEDプロジェクターですが、210クラウンは単眼HIDプロジェクターになります。

210マジェスタのヘッドライトはハイビームが機械式のアダプティブハイビームになっていますので

配線加工程度では動作させる事が出来ません。内部回路の改造作業が必要になります。

この機械式ハイビームはこの辺りの年式のクラウン、マジェスタ、レクサスLSの他に一部輸入車などで良く見られますが、

ハイビーム時の配光が特徴的です。

右側のヘッドライトにはハイビーム時、左半分の配光をカット出来ます。

ハイビームの配光左側カット

逆に左側のヘッドライトはハイビーム時に右側の配光をカット出来ます。

ハイビームの配光右側カット



これらを上手く組み合わせると普通のハイビームと合わせると3パターンのハイビーム配光が実現出来ますね。

現行のLEDで細かく制御する物と比較すると簡易的な感じですが良く考えられていますね。

Y様、いつもありがとうございますm(_ _)m

tag : 210クラウン210マジェスタヘッドライト移植

30ヴェルファイア後期型ヘッドライト移植

※明日3月21日(木)は14時からの営業開始となります。

30ヴェルファイア後期型ヘッドライトの移植加工ですが、今回はレアなケースのご紹介です。

30ヴェルファイアのヘッドライト

元々前期型車両に装着されているヘッドライトはデイライトやコーナリングランプが有るタイプです。

後期型ヘッドライトが2眼シーケンシャルウインカータイプや3眼ヘッドライトを移植する場合は何も問題ありませんが、

今回の後期型ヘッドライトはノーマルウインカータイプです。

このタイプにはデイライト機能やコーナリングランプが有りません。

このヘッドライトでポジションランプをデイライトとして点灯させるとポジションONで減光しなければ車検に通らなくなります。

そこで今回はデイライト時はフル発光、ポジション時には少し減光させてやると言う方法で製作させて頂きました。



配線の接続設定でポジション専用や、ポジション時の減光無しに変更する事も可能です。

コーナリングランプは存在しないのでエラー対策だけ行っておきました。

インプレッサスポーツのテールランプも完成しました。

インプレッサスポーツのテールランプ加工

今回は上側だけの発光可能となります。

H様、A様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

90ノアヘッドライト移植加工

業者様からのご依頼となりますが、90ノアのヘッドライト移植加工です。

元々はこちら↓のリフレクター式ヘッドライト搭載車両です。

90ノアの3眼プロジェクターヘッドライト移植加工2

その車両の上でこの↓3眼プロジェクターヘッドライトを動作させます。

90ノアの3眼プロジェクターヘッドライト移植加工1

少し前までのトヨタ車では廉価版グレードのヘッドライトは旧来のアナログ制御だったので比較的改造は簡単だったのですが、

最近のトヨタ車は廉価グレードのヘッドライトですらCXPI通信で制御していますので非常にややこしい事をしなければなりません。

また単体での動作チェックが出来無い部分もあり、初めてトライする物につきましては郵送での加工が難しい部分もございます。

今回のヘッドライトはデイライト、ポジションは単体で点灯チェック可能です。

90ノアの3眼プロジェクターヘッドライト移植加工3

プロジェクターもロービームは点灯チェックできます。

90ノアの3眼プロジェクターヘッドライト移植加工4

ウインカーはLEDモジュールが付属していなかったので今回は未チェックですが、単体チェック可能です。

ハイビームの動作確認とエラーチェックは車載で無ければ不可能となります。

恐らく今回は大丈夫と思って居ますが、実際に動作確認が出来るまでは気が抜けません(-ω-;)

しかしこのCXPIヘッドライトですがフェイルセーフ機能がよく考えられていて感心しました。

故障などで通信信号が途絶するとロービームが点きっぱなしになります。

昼間のプロジェクターの常時点灯は夜間の不灯に比べると全く問題無いですよね。

更にプロジェクターのLED回路系に何らかの異常が起こると旧来の様な即給電停止ではなく

正常時の60%程度の電力でプロジェクターを点灯します。

勿論故障が更に酷い状態になると給電停止となります。

どこまでも安全性が考慮されているのはさすがのジャパンクオリティーですね。

動作確認が完了するまでは成功したとは言えませんが、仮に何か問題が出ても対応可能な内容です。

I様、いつもご依頼ありがとうございますm(_ _)m

tag : 90ノア90NOAH3眼ヘッドライトヘッドライト移植

レクサスRX後期型ヘッドライトの移植加工

20系レクサスRX後期型ヘッドライトです。

前期型車体に装着出来る様に加工させて頂きました。

レクサスRX後期型ヘッドライト移植2

レクサスRX後期型ヘッドライト移植1

今回はそれに加えてデイライトの強発光加工も同時に行っております。

コントローラーはヘッドライトに内蔵させて配線のつなぎ替えでノーマルに復帰出来ます。

またデイライトの強発光はポジション時とウインカー時はノーマルに戻ります。

そしてお客様より装着画像を頂きましたのでご紹介させて頂きます。

先日ヘッドライトにサイドマーカー加工をさせて頂きましたRP1ステップワゴンです。

RP1ステップワゴンサイドマーカー加工2

RP1ステップワゴンサイドマーカー加工3

RP1ステップワゴンサイドマーカー加工1

やはり実車に装着すると説得力が違いますね。

I様、M様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : レクサスRXデイライト強発光後期ヘッドライト移植RP1ステップワゴンサイドマーカー

レクサスGS3眼ヘッドライト移植

レクサスGS後期型車両です。

元々単眼ヘッドライトですが、3眼ヘッドライトを取り付けしたいと言う事で関東からご足労下さいました。

レクサスGS3眼ヘッドライト移植加工1

車両は後期型ですが、LEDヘッドライトの単眼タイプがデフォルトで装着されています。

レクサスGS3眼ヘッドライト移植加工3

レクサスGS3眼ヘッドライト移植加工4

どうしても3眼ヘッドライトを付けたいが近くで出来るショップが無いと言う事で

お車ごとの買い換えも1度は考えられたそうですが、色々検索して当店を見つけて頂いたとのことでした。

単眼と3眼では見た目が違いすぎますよね(-ω-;)

ご入庫での加工の場合、通常は4日程度かかる内容ですが、今回は大阪への出張のついでに

何とか出来無いかとご相談頂きましたので頑張って丸2日で仕上げさせて頂きました。

勿論ご入庫までにある程度の部品の製作などの準備はしていたので対応出来たのですが。

しかし時間の無い状態で慌てて作業すると何かとミスをしがちなのでいつも以上に気を付けて作業させて頂きました。

メーターにはエラーは出ていません。

レクサスGS3眼ヘッドライト移植加工2

しかし念の為に診断機も接続して隠れフォルトコードが無いかも確認しておきました。

W様、この度は遠路当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : レクサスGSAWL10GWL103眼ヘッドライト

ジムニー用LEDヘッドライト移植ハーネス

ハロゲンヘッドライト搭載車両にLEDヘッドライトを搭載するときに便利なハーネスの製作です。

ジムニーのLEDヘッドライト移植用ハーネス

忘れた頃に注文が入るのでいつも作り方を忘れています(-ω-;)

でもちゃんと設計図を保管していますので大丈夫ですw

これを使う事で純正ハーネスに傷を付けること無くLEDヘッドライトの移植が可能となります。

そしてこちらはVM4レヴォーグのバックドア側のテールランプです。

レヴォーグのテールランプ2

レヴォーグのテールランプ加工1

光らないダミー部を点灯出来る様に加工させて頂きました。

I様、M様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : ジムニーjimmnyLEDヘッドライト移植変換ハーネスレヴォーグテールランプ加工

レクサスGS後期ルック社外品ヘッドライト

もう過去に何台か加工させて頂きましたレクサスGS前期用の後期ルックヘッドライトです。

レクサスGS後期ルックヘッドライト1

レクサスGS後期ルックヘッドライト2

前期単眼ヘッドライト搭載車両に装着する場合は問題無いのですが、前期3眼LEDヘッドライト車両に搭載するとエラーが出ます。

その対策に加えて光軸調整出来る範囲が狭くて正常な光軸が出ない場合があるのでその対策を行いました。

プロジェクターのカットラインは今回の固体では左上がりなのでそのままでOKでした。

カットライン

ただ、カットラインの上側に若干のグレアが出ているのが少々気になります。

これは元々のプロジェクターの光学性能の問題なのでどうにも出来無い部分です。

実用上は大きな問題の無いレベルですが、車検時の光軸テスターでどう判断されるかですね。

K様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : レクサスGS後期ルックヘッドライトエラー対策

60ハリアー

久しぶりに60ハリアーの移植加工をさせて頂きました。

60ハリアー後期ヘッドライト移植

思えば6年前に60ハリアーのヘッドライトでCAN通信型ヘッドライトの後期移植を成功させてから今までに

ずいぶんたくさんの車種で移植加工のご用命を頂いて来ました。

最近ではCAN通信からCXPI通信へ変わりつつあり更に制御が複雑化してきておりますので

現行の新型世代になると非常に難しい物になってくると思います。

お客様のご要望がある限り、難しくてもトライさせて頂くと言う姿勢は変えずに頑張りたいと思います。

I様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : 60ハリアー後期ヘッドライト移植フェイスリフト

300系ランクルのヘッドライトを200系ランクルに

300系ランクルの純正ヘッドライトです。

300系ランクルヘッドライト移植

このヘッドライトを200系ランクルの車両に移植する加工をさせて頂きました。

ウインカーはシーケンシャルウインカー、デイライトはかなりの強発光です。

さすがに車両側にシステムが存在しないアダプティブハイビームは固定配光のハイビームになりますが、

全ての機能が正常に点灯します。

取り付けも純正カプラーONです。



H様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : 200系ランクル300系ランクルLANDCLUISERヘッドライト移植

RAV4の4眼ヘッドライト

とても格好良く仕上げられたRAV4の入庫作業です。

RAV4の4眼社外品ヘッドライト適合加工1

RAV4の4眼社外品ヘッドライト適合加工2

社外品の4眼ヘッドライトを取り付けました。

と言ってもこのヘッドライトはハロゲン車(海外限定?)用のヘッドライトになっていますので

そのままでは国内仕様の車両には取り付け不可となっております。

ヘッドライト内部の電気回路の改造によって適合させる加工になります。

レベライザーも移植して全ての機能が正常に動作します。

以前加工させて頂いた同型ヘッドライトはプロジェクターの配光が右上がりでしたが、

国内用の左上がり配光のヘッドライトも販売されていると言う事で今回は配光に関わる部分はノータッチです。

DRL・ポジション部分はオープニングアクション機能がありますが、停止加工を行い、更にシーケンシャルウインカーも停止しております。

装着後はエラーも出ません。



T様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : RAV44眼ヘッドライト

ステー全損ヘッドライトの取り付け

入庫作業が完了しましたレクサスNX後期型です。

レクサスNX3眼ヘッドライト移植1

レクサスNX3眼ヘッドライト移植2

レクサスNX3眼ヘッドライト移植3

元々は単眼ヘッドライト装着の車両になりますが、3眼ヘッドライトを移植させて頂きました。

当然ですがいつもの様にエラー表示無く全て正常に点灯します。

エラー表示無し

お客様にご用意頂き、入庫時にお持ち込み頂いたヘッドライトですが、左側のヘッドライトは

全ステーが折損している状態でした。

1本程度なら無くても固定は出来ますが、さすがに4つとも無いとなると固定の仕様がありません(・ω・;)

上部のステー破損
↑ヘッドライト上部の2箇所

グリル側のステー破損
↑グリル側の1箇所

フェンダー固定部のステー破損
↑フェンダー固定部

しかしフェンダー固定部以外は純正で補修パーツがありますので問題ありません。

補修ステー

純正品番です。

上部センター 81194-78030

上部後方 81194-78010

グリル側 81194-78040 

価格も3つで2000円行きません。輸入車のパーツに比べて国産車はなんて良心的なんだろとしみじみ思います。

この3箇所は本体側の残留ステーをカットしてねじ止めすれば完了です。

上部補修後

グリル側補修後

問題なのは補修ステーが無いフェンダー固定部です。

上記3箇所だけでも固定は出来ますが、フェンダー側の固定部は車体にカッチリとヘッドライトを固定するには重要な部分です。

そこでここは同型ジャンクヘッドライトからステーを切り出して移植しました。

フェンダー固定部のドナーパーツ


フェンダー固定部修理後

この様な場所は接着補修では全く役に立ちません。

アルミ板でアングルを製作してネジでがっちりと固定していますので強度は充分です。

A様、この度は遠路当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : レクサスNX3眼ヘッドライト移植ステー補修

カローラスポーツ&カローラツーリング

カローラスポーツとカローラツーリングのフェイスリフト加工のご紹介です。

ヘッドライトは双方で互換性がありますのであまり区別する必要はないのですが、まずはカローラツーリング。

カローラスポーツ、カローラツーリングヘッドライト移植3

後期型のヘッドライトを前期車体に移植するご依頼です。

前期と後期では制御が全く異なり、前期型は単純なアナログですが、

後期型は先日のクラウンクロスオーバー同様に3本の配線で

・プロジェクター点灯

・遮光板のソレノイドのオンオフ

・シグネチャーの強発光(DRL)

・シグネチャーの減光発光(ポジション)

を制御するタイプです。

従ってヘッドライト内部の回路を改造してアナログ化してやる必要が出ます。

カローラスポーツ、カローラツーリングヘッドライト移植2

後期型ヘッドライトの大きな特徴はこの長いシグネチャーとここが反転するウインカーです。

その部分でも制御回路の製作が必要になりますが、特に問題無く完了出来ました。



そしてこちらは定番になりますが、リフレクター式前期ヘッドライトをプロジェクター式前期ヘッドライトに移植する加工です。

カローラスポーツ、カローラツーリングヘッドライト移植1

前期リフレクター式ヘッドライトを後期プロジェクター式ヘッドライトに移植する組み合わせも問題無く可能です。

S様、M様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : カローラスポーツカローラツーリング後期ヘッドライトヘッドライト移植

C-HR後期型ヘッドライト移植加工

C-HRの後期型ヘッドライトです。

C-HR後期型ヘッドライト移植

前期車体に装着出来る様に加工させて頂きました。

前期車体がLEDヘッドライト搭載車両の場合はそのまま無加工でも点灯はしますがヘッドライトシステムエラーが表示されます。

正常に動作させるためには内部回路の改造作業が必要になります。

後期型ヘッドライトはシーケンシャルウインカーではありませんが、長大なアイラインが黄色に反転するので輸入車の様ですね。

搭載する前期車両がハロゲンヘッドライト車かLEDヘッドライト車かで加工の内容が変わりますので

お問合せの際はその点もご連絡下さいね。

T様、今回もリピートでのご依頼誠にありがとうございましたm(_ _)m


tag : C-HR後期ヘッドライト移植

ボルボV40

連日の入庫取り付け作業です。

今回も事前に完成しておいたヘッドライトの取り付けをさせて頂きました。

ボルボV40後期ヘッドライト移植2

ボルボV40後期ヘッドライト移植3

ボルボV40後期ヘッドライト移植1

前もってヘッドライトを完成しておけば半日程度で取り付けは完了します。

取り付け後は念の為の診断機チェック。

診断機

この車両の場合、ヘッドライト系のエラーはセントラルエレクトリックモジュールに表示されますが問題ありません。

車検でOBD2のエラーもチェックされるようになりますのでここは今後重要なポイントになってきます。

しかしOBDカプラーの照明はありがたいです。

ボルボV40後期ヘッドライト移植4

フットランプがカプラーの場所を照らしてくれるので助かります。

ボルボは整備する側の事が良く考えられているなと思う事が結構あります。

ヘッドライトの脱着もポルシェの様にバンパーの脱着をしなくて良いですしね。

M様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : ボルボV40後期ヘッドライト移植

クラウンクロスオーバーのヘッドライト移植加工

すでに以前のブログでご紹介させて頂いておりましたが、ヘッドライトは完成しておりました。

今朝よりご入庫頂き取り付け作業を進めてさせて頂き、先程完了しました。

クラウンクロスオーバーのヘッドライト移植2

とんでもない遠距離を自走でご入庫頂きました。感謝感激です。

上の写真は移植前のノーマルの状態です。

そして下の写真は作業完了後の状態です。夕方になると強烈な西日が当たります(>ω<)

クラウンクロスオーバーのヘッドライト移植1

作業は無事完了しましたが、今回当店では初めての作業になりますので、まず何か想定外の事が起こることは覚悟しておりました。

取りあえず一旦は装着して動作確認したところ心配していたプロジェクター類の動作には全く問題はありませんでしたが、

油断していたシグネチャーとウインカーで問題が発生しました。

今までの国産車ではあまり問題にならなかった部分がエラー検知されてしまいました。

ヘッドライトシステムが進化していますね。

ヘッドライト郵送の加工で無くて良かったです。

再度殻割りして対策を行い無事に完了しました。

詳しい動作状態は動画でどうぞ。



T様、この度は遠路から当店をご利用頂き誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : クラウンクロスオーバー4眼ヘッドライトヘッドライト移植

220クラウンのヘッドライト移植加工完了

入庫中の220クラウンのヘッドライト移植作業は完了しました。

220クラウンヘッドライト移植加工2

元々3眼ヘッドライトだった車体に単眼ヘッドライトを移植すると言う普通とは逆のレアな加工をさせて頂きました。

せっかく3眼なのになぜ単眼?と思いますが、理由を聞いて納得しました。

ここでの公表は控えさせて頂きますが、世の中ホント想像もしない需要があるもので面白いです。

作業は非常に難しい作業になりました。途中でこれはムリかもと思った程です(-ω-;)

内部の回路の収納の問題があるのでヘッドライト本体は単眼用と3眼用をニコイチにして組み上げ。

アイライン部は単眼用はデイライト機能が無いので3眼用を丸ごと移植。

220クラウンヘッドライト移植加工1

ウインカーはシーケンシャルウインカー点灯回路をそのまま使って単眼用のウインカーを駆動しています。

こうしないとエラーが出ます。

1番苦労したのがハイビームの制御です。

アダプティブの制御回路を使って単眼バイビームのソレノイドを駆動する回路を製作しました。

アダプティブの制御が複雑怪奇な制御なのでオシロスコープを使いながらテストを繰り返して正解にたどり着きました。

意外とロービームの点灯はそれほど苦労せずに出来ました。

エラーも出ずに各部正常に動作しています。



なんと同じお客様からもう1台分全く同じ加工のリピートを頂きました(・∀・)

U様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。

次回分もよろしくお願い致しますm(_ _)m

tag : 220クラウンヘッドライト移植

3眼を1眼に

現在入庫作業中の220クラウンです。

220クラウン

3眼ヘッドライトが装着された車両になります。

今回のご依頼はなんとこの車両に単眼ヘッドライトを移植したいと言うことです。

とてもレアな完全なダウングレード加工になります。

通常行う加工の様に単眼車に3眼ヘッドライトを移植するよりも遙かに難易度が高い加工になります。

何故なら3眼車の方が車両側のシステムが複雑多機能なのでその分エラー監視も多くコンピュータを騙す工程が多くなるからです。

3眼ヘッドライトはハイビームがアダプティブハイビームなのでどうやって単眼バイビームのソレノイドを駆動するか悩まされます。

これがアダプティブハイビームのオシロ波形です。複雑なパルス波形です。

オシロ波形

全ての部位で電流値の整合を取らなければエラーが出ますのでしばらくトライアンドエラーの繰り返しですね。

完成はまだ少し先になりそうです。

週末は連休をさせて頂き高知を満喫してきました。

仁淀川

仁淀ブルー

仁淀川は噂通りの幻想的な仁淀ブルーでした。川で泳ぐなんて10年以上ぶりなので若返った気分になりました。

アブには噛まれましたが(>ω<)

宿から見る月夜があまりに綺麗で思わずパシャリ。

高知の月夜

翌日は朝ドラの聖地巡礼で牧野富太郎記念館に。

牧野富太郎記念館

改めてすごい人なんだと言う事を知りました。

ひろめ市場は座る場所も無い程混み合っていましたが、カツオのわら焼きを頂いて来ました。

ひろめ市場

思いっきりリフレッシュ出来ましたのでまた頑張ります(・∀・)

ヘッドライトの相互スワップ

30アルファードのヘッドライト移植加工ですが、今回はちょっと珍しいパターンになります。

30アルファードのヘッドライト移植加工前期に後期

まずこちら↑は後期の2眼ノーマルウインカーヘッドライトですが、前期車体への適合加工を行いました。

これは特に珍しい加工では無く定番加工としてにご依頼頂くパターンです。

そしてこちら↓は前期型ヘッドライトです。

30アルファードのヘッドライト移植加工後期に前期

この前期型ヘッドライトは後期車体に適合する様に加工させて頂きました。

後期型車体に前期型ヘッドライトを移植するパターンは今回が初めてです。

事情はわかりませんがエアロの絡みなのでしょうか、なかなか珍しいご依頼でした。

どちらもエラー無く全ての機能が正常に動作するように施工させて頂きました。

そしてこちらは入庫車両のR35GTR。

GTR

7年前にヘッドライト加工をさせて頂いた車両です。

GTRのヘッドライト加工2

GTRのヘッドライト加工3

GTRのヘッドライト加工1

久しぶりに動かしたところ左のウインカーがハイフラになると言う事でヘッドライトに何か

問題が起きて居る可能性が有りますのでご入庫頂きました。

調べた所ヘッドライトには問題無く、テールランプのハイフラキャンセラー抵抗の問題と言う事がわかりました。

他店でウインカーのバルブをLEDバルブに交換されているのですが、ハイフラキャンセラー抵抗器の接続が外れていました。

23-8-4-2.jpg

水色で囲んだ部分がハイフラキャンセラー抵抗器ですが、アルミの放熱器で覆った上から断熱材を巻いた仕様になっており

かなりの重量があります。

しかし配線が短いのでタップに抵抗器の重量がかった状態で宙ぶらりんな取り付けをされていました。

ただでさえエレクトロタップは接触不良を起こしやすいのですが、これだと配線が抜けるのも当然ですね。

配線を延長して抵抗器の重量がかからない様に取り付けした上でエレクトロタップから半田を使った接続に変更させて頂きました。

今の所右側は問題無かったのですが、同じ取り付け方だったので予防措置として同じ施工をさせて頂きました。

S様、J様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : 30アルファード前期後期ヘッドライト移植R35GTRハイフラ

RAV4の社外品ヘッドライト

RAV4用の社外品ヘッドライトです。

RAV4社外品ヘッドライト移植加工3

しかしカプラーはハロゲンヘッドライトに良くある6Pタイプです。

国内仕様の場合はハイブリッド用のプロジェクターLEDヘッドライト、ガソリン車用のリフレクター式LEDヘッドライト

どちらも点灯コンピュータを使うCAN通信制御タイプです。

このままでは取り付けが不可能なので使える様に加工して欲しいというご依頼になります。

電気的な部分の改造はとても複雑な内容になる上にプロジェクターの配光も右上がり配光なので

国内用の左配光に変更、レベライザーも無いので移植するなど非常に大がかりな改造作業が必要になりましたが無事完了しました。

完成後の背面です。

RAV4社外品ヘッドライト移植加工2

RAV4社外品ヘッドライト移植加工1

レベライザーと点灯コンピュータが取り付けられて居る事がおわかり頂けると思います。

ヘッドライト郵送の加工なので車載での動作確認が出来ず、取り付け後に何か問題点が発覚する

可能性もゼロでは有りませんが解決可能な内容です。

最近は3眼ヘッドライトも珍しく無いので4眼タイプが人気ですね。

T様、リピートでのご依頼、誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : RAV4社外品ヘッドライト移植

レクサスGS後期ヘッドライトナイトビューの移植

お馴染みのレクサスGS前期車両に後期3眼ヘッドライトを移植する加工です。

レクサスGS後期ヘッドライトナイトビュー移植3

↑ロービーム

レクサスGS後期ヘッドライトナイトビュー移植4

↑ハイビーム

レクサスGS後期ヘッドライトナイトビュー移植2

↑デイライト

レクサスGS後期ヘッドライトナイトビュー移植1

↑ナイトビューの赤外線投影

ヘッドライトのどこからどの様に赤外線が照射されているかは企業秘密となりますが、

以前の加工でもきちんと動作している事が実証済みです。

エラーも出ませんし全て正常に点灯します。

O様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : レクサスGS後期ヘッドライト移植ナイトビュー

ジムニーシエラのヘッドライト移植

業者様からのご依頼です。

ハロゲンヘッドライト装着のシエラに純正LEDヘッドライトを取り付けたいという内容になります。

ジムニーシエラLEDヘッドライト移植1

ジムニーシエラLEDヘッドライト移植3

元々のヘッドライトはH4のハロゲンです。

ジムニーシエラLEDヘッドライト移植2

LEDヘッドライト側は特に変わった構成は無いので普通に点灯しますがH4カプラーからの変換がちょっとややこしいですね。

特にジムニー系はプラスコントロール、マイナスコントロール、両者併用など年式グレードでまちまちです。

今回と同じ組み合わせであれば変換ハーネスと言う形で製作可能です。

ヘッドライトをお送り頂く必要もご入庫の必要も無く対応可能です。

K様、いつもありがとうございます!

tag : ジムニーシエラヘッドライト移植ハロゲン

ベンツCLAのテールランプ移植

W117メルセデスベンツCLAのテールランプ移植のご依頼です。

前期車両に後期テールランプを取り付け出来る様に加工して欲しいと言う事で業者様からのご依頼になります。

W117ベンツCLA後期型テールランプ移植

前期型のバタフライテールも人気がありますが後期型の太いライン発光も力強い印象で格好良いです。

この加工はテールランプ郵送で対応可能です。

tag : W117メルセデスベンツCLS後期型テールランプバタフライテール

86styleCb

86前期型の特別仕様車86styleCb(詳細はこちら)の顔面を86後期型車両に移植したいが

点灯コントローラーが製造中止で入手出来無いと言うご相談です。

ヘッドライトとクリアランスランプはお持ちとのことでなんとか出来そうな話なのでお受けさせて頂きました。

86styleCbクリアランスランプ

↑バンパーに収まるポジション&ウインカーの一体ユニットです。

内部にはLEDしか入っておらず点灯ドライバー回路が存在しないのでその部分からの製作が必要になります。

片側だけ分解してフレキシブル基板のパターンを読んで回路図を起こします。

それを元にドライバー回路を製作しました。

86styleCbウインカー

きちんと点灯する様になりました。

後期車両はLEDヘッドライトなのですが86styleCbのヘッドライトはHID。

そのまま配線加工だけで点灯させるとエラーが表示されますのでその対策も含めてコントローラーを製作しました。

86styleCbコントローラー

この様な形なのでバンパー裏に収まると思います。

車両側カプラーやクリアランスランプのカプラーとはカプラーONで簡単に接続出来る様に仕上げておきました。

Y様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : 86styleCb移植

レクサスGSの結果

少し前に紹介させて頂きました、レクサスGSの前期車両用の社外品ヘッドライトです。

レクサスGSの社外品ヘッドライト

エラーの対策と光軸調整の問題解決のご依頼でしたが、取り付けたところエラーは消えて光軸も正常な範囲に収まったと御連絡頂きました。

これで問題無く対応出来る事が確実になりましたので同型ヘッドライトでお困りの方はご相談頂ければと思います(^^)

tag : レクサスGS3眼ヘッドライト社外品エラー対策

エルフのヘッドライト移植加工

いつもお世話になっております業者様からのご依頼です。

積車(エルフ)のヘッドライトがH4のハロゲンになっているのでこれを最終型のLEDヘッドライトに交換したいと言う事です。

取りあえずお預かりして解析を行い、問題が無いことが確認出来ましたので加工させて頂きました。

24V車なのでやみくもにカプラーのピンに電圧を掛けると電子回路にダメージを与える可能性が有ります。(最近は5v電源もあり得ますので12V車でも要注意です)

片側だけ分解して内部の確認を行うことで慎重を期します。

エルフのヘッドライト移植3

エルフのヘッドライト移植4

単体ではポジションもプロジェクターも問題無く点灯出来ました。

しかし問題となるのはH4カプラーの極性です。

H4カプラーの極性にはメーカーごとに色々な考え方がありプラスコントロール、マイナスコントロール、

両者併用など、色々とあってなかなか万能な変換回路の製作が出来無い部分があります。

今回はお客様の方で車体配線図をご用意頂けましたので簡単にポン付け接続出来る様にH4カプラーを付けておきました。

エルフのヘッドライト移植5

赤で囲んだ部分はハイビーム点灯用の回路が入っています。

H4からバイビームやバイキセノンに変更するときはハイビームが点灯しない、或いはハイビームのインジケーターが

点灯しないと言う事が多いので対策回路を製作しています。

片側が事故車外しのヘッドライトだったみたいで加圧テストで亀裂が見つかりましたので防水処理も完璧に仕上げておきました。

エルフのヘッドライト移植1

T様、いつもご愛顧ありがとうございます(^^)

tag : エルフヘッドライト移植LEDヘッドライト

カローラスポーツのUSヘッドライト

少し前にも加工させて頂きましたが国内用のUS仕様ヘッドライトになります。

カローラスポーツUSヘッドライト移植2

見た目にはサイドマーカーと2本に分割したポジションランプで完全にUS仕様です。

しかしプロジェクターの配光が国内用の左上がりになったありがたいヘッドライトです。

カローラスポーツUSヘッドライト移植1

ただ、少し心配なのはプロジェクターのエルボー点と発光中心点の位置が微妙にずれています。

社外品クオリティーで仕方無い部分かもしれませんが、これを光軸テスターがどう判断するのか・・・

あと、このヘッドライトにはデイライト機能がありません。

リフレクター式ヘッドライトから移植する分には良いかも知れませんが、純正プロジェクターヘッドライトからの移植だと

これはちょっと考えどころになるかなと思います(-ω-;)

tag : カローラスポーツUSヘッドライト

レクサスRX後期型ヘッドライト

レクサスのヘッドライト移植の加工が続いております。

今回は20系RXです。

レクサスRXヘッドライト移植

アダプティブハイビーム機能搭載の前期車両に後期ヘッドライトを移植します。

この後期型ヘッドライトはノーマルハイビームのヘッドライトなので当然アダプティブ機能は使えなくなりますが、

エラーを出さずにオートハイビームとして機能する様に仕上げております。

業者様からのご依頼になります。

こちらはレクサスLMのヘッドライトです。

レクサスLMヘッドライト破損

運送事故に遭ったと言う事で修理のご依頼です。

LMのヘッドライトはここにグリル固定用のステーが付きますが、運送中に衝撃を受けるとここに応力が集中してここが破損する例が大変多くあります。

運送する際はステーは外してからお送り頂くとより安全です。

こんな感じでネジ3本で簡単に脱着出来ます。

レクサスLMのヘッドライトのステー

明日は勝手ながら17時閉店となります。

10日、11日は大阪オートメッセ会場に出かけますので留守が多くなります。

ご迷惑お掛けしますが御理解の程よろしくお願い致しますm(_ _)m

tag : レクサスRXLMヘッドライト移植

プロフィール

エルコボ

Author:エルコボ


お問合せはこちらからどうぞ。

大阪堺市のヘッドライト加工、テールランプ加工、

シーケンシャルウインカー加工の専門店エルコボのブログです。

過去のブログはこちらからご覧頂けます。

エルコボサイト

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR