フォードエクスプローラーのライト加工

輸入車が続いております。

エクスプローラーヘッドライト加工テールランプ加工フォグランプ加工のご依頼です。

まずヘッドライトですが、完成状態の写真です。

エクスプローラーヘッドライト加工2

爆光の面発光がご希望でしたので光源には3WのPOWERLEDをびっしり並べて居ます。

アクリルは光量が減衰するので通常の砲弾型やFluxLEDではいかに明るい物を使っても少々役不足感が出ますが、このクラスのLEDを使えば文句なしの爆光レベルになります。

消費電力も驚異の電球越え(((( ;゚д゚))))アワワワワ

ハイフラキャンセラー抵抗も不要です。

元々のウインカーはこの写真の黄色部分しか光らず、赤部分はレンズの中に申し訳程度のサイドマーカーだけなので、ウインカーの面積も3倍程度に増えています。

エクスプローラーヘッドライト加工1

横長なのでシーケンシャルウインカーにしても効果は大きいですね。

テールランプの方も同じく強烈な面発光。

エクスプローラーテールランプ加工1

バックランプは下部に移設。こちらも3WのPOWERLEDです。

エクスプローラーテールランプ加工2

ヘッドライト同様、電球越えの消費電力なのでハイフラキャンセラー抵抗は不要です。

フォグは凄く大きいのに物足りない感じがすると言う事で、レンズ外周にコの字型デイライトを取り付けました。

エクスプローラーフォグランプ加工2

日亜のLEDで綺麗な純白でとても明るく光って居ます。

メイン照射用の純正LEDも暗くて色合いが綺麗では無いと言うことで打ち替えを行いました。

エクスプローラーフォグランプ加工1

こちらはCREEの大変明るい物を使って居ます。

色合いも綺麗な純白になり、光量も目視でもわかるくらいかなり明るくなりました。

ノーマル状態の写真を撮り忘れたのが痛いところですが(T_T)

光源の打ち替えによってグレアが発生するケースもありますが、対向車に迷惑になるようなグレアは出なくてホッとしました。

これらは実際に光源を組んで光らせるまで判らないのでリスクの高い加工になります。

グレア

最近はPOWERLEDを使う加工が大変多くなっています。

POWERLEDはLED原価も非常に高額な上に基板をアルミで製作しなければならず(放熱の為)電流制限回路にもコストが掛かります。

今までのFluxLEDや砲弾型LEDを使った加工と比べるとかなりコストはかかってしまいますが、特にウインカーなどの様に昼間の非視認性が重要な部分には大変有効な方法です。

アクリルを使う場合は光量の減衰が起きますので安全性を考えた場合はPOWERLEDを使う事を強くお勧めします( ̄^ ̄)ゞ






S様ご入庫

いや~今日は大変な1日でした(。>(ェ)<。)エエェェェ

当店製のテールランプを転売で購入された方からの取り付け依頼で作業させて頂きました。

ヴェルファイアテールランプ

一度どこかで取り付けにトライされたみたいですが、イベント用の流れる仕様なので配線が複雑怪奇な為、

どうにもならないと言う事でした。

そりゃそうだと思います。作った張本人でさえ少し時間が空くとわからなくなる時もある程ですからね。

そんな事で大丈夫か?ワシ(笑)

まあ半日もあればと簡単に考えていましたが、テールランプを見てビックリ(゜Д゜)

カプラーが全て切られてしまって配線が直付けになっています。

配線

万が一の故障時や車検時のノーマル戻しを考えるとカプラー接続は絶対必要なのでまた全ての配線をカットしてカプラーを繋ぎ直しました。

これだけで100本近い配線なので半田して熱収縮チューブを被せてと考えるとめまいがします(´・_・`)

綺麗に配線をまとめて全ての作業が終わった頃にはもう暗くなっていました。

カプラー

結局今日は丸々1日この作業にかかりっきりでした。

ここでひとつ周知させて頂きたいこと。

転売される時は車体側に残っているメスカプラーも外してランプに付けた状態にしておけば

新しいオーナーさんも助かると思います。

それとこの手の加工品は他の業者に取り付けしてもらう場合は細心の注意が必要です。

配線の色分けの順番も製作者によって色々です。

誤配線でリレーが壊れる事故は後を絶ちません。

出来れば当店にご依頼頂ければトラブルも回避出来ます。

完成したランプを見たオーナー様には大変喜んで頂けたので良かったです(・∀・)



出庫が完了して休む間もなくお次の入庫はベンツのSです。

めちゃくちゃ格好良いですね~

ベンツSヘッドライト

ベンツSテールランプ

これディーゼルのハイブリッドだとか・・・・

これも時代ですねW(`0`)W

月曜日からまた頑張って作業させて頂きます。

60ハリアー、C-HR、エルグランドの作経過

60ハリアー後期型ヘッドライトは組み上げが完了しました。

ロービーム点灯
60ハリアー後期型ヘッドライト2

ハイビーム点灯
60ハリアー後期型ヘッドライト1

シーケンシャルウインカーとコーナリングランプの動画です。


車両CPUの命令無しで点灯出来ていますので、前期型車両で動作することがおわかり頂けると思います。

ハイビームのアダプティブ機能は再現出来ませんが、純正機能で2眼点灯になりますので明るいです。

全てカプラーONで搭載出来る様に工夫していますが、コーナリングランプの点灯コントローラーだけ外付けになります。

コーナリングランプの動作はロービームプロジェクターが点灯している状態で、ウインカーを出した側だけコーナリングランプが点灯となります。ハザード時には点灯しないように回路を工夫しています。この様な回路も当店で設計製作した完全オリジナルです。

コーナリングランプコントローラー

この様に小さな物なのでバッテリー近辺に貼り付けて頂ければOKです。これもカプラーONで専用ハーネスでの接続なので簡単です。万が一の故障時にもユニットだけ簡単に外せます。

C-HRの方も組み上げが完了しました。

C-HRヘッドライト加工1

Ver4と名付けた新しいウインカーは今回は角柱仕様です。純正シーケンシャルウインカーに近い感じになっていますが、

光源には角柱1本につき2つのPOWERLEDを仕込んでいます。光量に関しては充分過ぎるほど明るいです。

サイドマーカーはチャンネル文字でのロゴ発光です。

C-HRヘッドライト加工2

E52エルグランドのテールランプも点灯出来る状態になりました。

エルグランドテールランプ加工

3D切削でアクリルを作りましたので立体感は抜群です。

下のブロックはスモール&シーケンシャルウインカー兼用となります。

ウインカーにはPOWERLEDを使う事で赤レンズの中で黄色のLEDを光らせることによる変色や光量減衰を回避しています。

左右総計100発以上のPOWERLEDを使って居ます。










本日の作業経過

入庫中のC-HRヘッドライト加工はシーケンシャルウインカーのVer4製作中ですが、サイドマーカーもアクリルで製作しました。

まだ光りませんがアクリルのチャンネル文字です。

C-HRサイドマーカー

塗装が出来上がるまで中断していましたが、E52エルグランドのテールランプもアクリルの取り付けが終わりました。

E52エルグランドテールランプ加工

ほぼオーナー様の設計図に合致した仕様で製作させて頂きました。

まだ色々と作業が残っていますのであと1週間ほどかかる予定です。

こちらはジムニーの社外品ヘッドライトの加工です。

ジムニーヘッドライト加工2

元々汎用のプロジェクターが入っていましたが、光学性能の良いV36スカイライン用に換装。

ダブルイカリングは日亜のLEDで強烈に光ります。

しかしこのライト分解してビックリしたのですが、なんとカバーの防水シールがありませんでした。

ジムニーヘッドライト加工1

糊残りなども無いので恐らく最初の製造時から入ってなかったと思われます。

こんな事例は初めてですね(((( ;゚д゚))))アワワワワ





頭が煮えそうです

同じ様な作業はおかしな物で重なる事が多いです。

今回はウルトラ難しい作業依頼が2件同時進行中です。

ひとつは3D加工。現在CADと格闘中ですが、なかなか思うような形になってくれません。

3DCAD

7割方は出来てきましたが、残りのエッジの処理が何度やっても上手く行かないのでキャッシー塚本状態です(爆)

もう1件は大変精密なイラストをお送り頂きました。

イラスト

これをどうやって形にするか悩みに悩み中です。

まあいつもこんな感じで最終的にはなんとかなるのですが(-ω-;)


うちの足車に使っている36アルト君ですが、少し前にふと見るとフロントバンパーの

オーバーフェンダーが無くなっていました(((( ;゚д゚))))アワワワワ

多分走行中に風で飛んで行ったのでしょうね~

エアロメーカーに問い合わせるとパーツのばら売りはしていないとの事(xωx)

1セット買うにはあまりにも勿体ないので3D関係の仕事をされているお客様にお願いしてみました。

反対側はあったのでそれをスキャンしてデータを左右反転で3Dプリンターで同じ物を作ってもらいました。

デジタル技術はこういうとき本当に便利で合理的だと思います。

サポート材を除去して合わせてみるとこの通りピッタリ!

3Dプリンターで製作

完璧な出来です。後は表面を仕上げて塗装すればばっちりです。

素材が薄いのでスキャンに相当苦労された様でした。

i様、この度は本当にお世話になりました。ありがとうございましたm(_ _)m

装着画像も2件届いております。

ヴィッツのヘッドライトに80ノアのLEDプロジェクターを入れています。

ヴィッツのヘッドライト加工

スーチャーも付いたすごいヴィッツです。

こちらはデコトラ用のダイヤモンドテール装着画像。

デコトラダイヤモンドテール

バンパーのステン加工が超絶職人技です。

どちらのA様も、いつもご愛顧頂きありがとうございます(^^)

今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m


本日の作業経過

大阪オートメッセも終わっていよいよ年が明けた感じですね。

あ!出展もしていな分際で偉そうな事を言ってすみません(=∀=)

レクサス3眼プリウスも大変たくさんの方に見て頂けた様で嬉しく思います。

作業の方はトラックテールが完成しました。

トラックテールランプ加工1

ご依頼の内容はリレー機で流せる様に回路を分離して欲しいと言う内容です。

LED基板は全て独立していますが、制御回路が1枚物で、その中で全てのLEDを制御していましたので分離出来る部分は分離して、分離出来無い部分は新規で制御回路を製作して対応させて頂きました。

それだけなら簡単なことなのですが、いつも加工には難題がつきもの(-ω-;)

このL字部分はスモール/ブレーキ両方で点灯します。

トラックテールランプ加工2

しかしここは流したくないと言う事でしたので、ブレーキ信号はこのL字だけリレーからでは無くダイレクトに入るように工夫しました。

つまり昼間にブレーキを踏んだ時はL字は全灯でLED部分だけが流れると言う事になります。

並行して製作しておりましたホンダゴールドウイング(1800CCの大型バイク)のテールランプもほぼ完成しました。

ゴールドウイングテールランプ加工

かなり手の込んだ仕様になっています。





作業経過のご紹介

なかなかマメにブログを書けない程作業に追われています。゚(゚´Д`゚)゚。

現在進行中の作業です。

ハイエースの社外品ライトはプロジェクターの化粧板にアクリルフィン加工を行いました。

200系ハイエースヘッドライト加工2

元々はこんな形なので突起をアクリルに変えると言うわけです。

befor
200系ハイエースヘッドライト加工3

after
200系ハイエースヘッドライト加工1

同じ形状で作りましたので違和感もありません。

50プリウスのヘッドライトはシーケンシャルウインカーの製作中です。

プリウスヘッドライト加工

3D形状が美しいです(・∀・)

NSXのテールランプは完成しました。

NSXテールランプ加工

センターガーニッシュもインナーを塗装して全体にスモーク感が出ました( ^ω^ )



お久しぶりです

時間のかかる作業に没頭しておりまして久しぶりになりました(・ω・;)

まだ公開出来ない作業ですが・・・

並行している作業は久しぶりにオーソドックスなLED敷き詰め加工です。

専用基板

既に当店では当たり前ですがユニバーサル基板では無く専用基板を作りますのでLEDの間隔もきめ細かに設定して製作しています。

こちらは大変要望の多い当店の発光ロゴです。

l-koboロゴ

今回は2色で発光する様にちょっと凝ってみましたw( ̄o ̄)w

うちのロゴを入れて頂けるのは宣伝にもなりますので大変ありがたく思っています。

話は変わりますが、30アルヴェルも後期型が話題になっていますね。

ヘッドライトも3眼になってシーケンシャルウインカーも装備されて更に格好良くなりましたね。

30デビュー当時はクセの強い顔に賛否の嵐になっていましたが、3年も経つと見慣れてしまって今ではすっかり格好良く見えます。

いつも思いますが車のモデルチェンジに目が慣れる感覚って面白い物ですよね。

マイナーチェンジの後につきものの後期型ヘッドライト移植のお問合せが増える事は確実だと思いますのでこちらで簡単にご案内させて頂きました。

30アルファード、30ヴェルファイア前期型車両に後期型ヘッドライト移植について


ファーストペンギン(朝ドラで知りましたW)になってくれる方がいつ現れるかはわかりませんが、勇敢な方からのお問合せお待ちしております(・∀・)

本日の作業経過

先日より進めておりました光るエンブレムが点灯テスト中です。

光るエンブレム

トラックに使うので24V用のコントローラーも製作しました。

コントローラーの文字の色でRGBの状態がモニターできます。



こちらはアバルト595のテールランプです。

アバルトテールランプ加工

ウインカーのLED化を行いました。

現在ヘッドライトも同時に進めています。

そしてまたまたレクサスISのヘッドライト加工が開始となりました。

レクサスISヘッドライト加工

某人気車種の前期型車両への後期型ヘッドライト移植のご相談も進めております。

色々とハードルの高い問題がありますが、こう言うお題を頂くとめっちゃ燃えます(「・ω・)「ガオー



作業の経過です

先日から毎年恒例のぎっくり腰に苦しみながら作業しております(´;ω;`)

そんな中、今日ご紹介させて頂くのはハイマウントの加工です。

こちらはTANKハイマウント

加工前の点灯状態です。とても長いハイマウントです。恐らく国産では最大級だと思います。

TANKハイマウント2

純正は6発のLEDで、両端は樹脂で導光しているので端は暗くなっています。

そこで端まできっちり光る様に基板を組みました。

TANKハイマウント1

端まで綺麗に均一に光って居ます。

こちらは36アルトハイマウントです。

アルトハイマウント

デザイン柄で光る様に加工しました。

車内設置タイプは防水の必要が無いので加工の自由度も高いですね。

デコトラ用のカミオンテールも完成しております。

カミオンテール

RB3のヘッドライトはもう少しで点灯出来るようになります(・Д・)ノ





ベンツGL完成

入庫中のベンツGLヘッドライト加工も完了して無事納車となりました。



ウインカーの横幅がありますのでシーケンシャルウインカー加工は効果的ですね。

現在進行中の作業です。

ゴルフのヘッドライトは分解が完了しております。

ゴルフヘッドライト

20アルファードのヘッドライトも分解が完了しました。

20アルファードヘッドライト


ハイビームにこの子を入れます( ^ω^ )

ヴェゼルのプロジェクター

86のテールランプは基板の取り付けが終わりましたのでこの後配線作業です。

86テールランプ

デコトラテールランプ加工も進行中です。

デコトラテールランプ

明日の入庫車両への取り付け準備も着々と進めております(・ω・)ノ


作業経過のご報告

C-HRのヘッドライトはようやくここまで進みました。

C-HRヘッドライト

Ver3はこの上にアクリルラインでのデイライトが装着されますので、ウインカーのデザインがVer2から変更になっています。

Ver3も光源にはPOWERLEDを使って居ます。

現在デイライト以外点灯できる様になりました。

デイライトはまだ少し先の完成となります。

こちらは久しぶりな感じの20アルファードのテールランプです。

バックドア側のダミーには純正と同じLEDを使っています。

20アルファードテールランプ

130系マークXのヘッドライトはポジションラインの強発光加工が完了しました。

左が純正、右が加工後です。

一目瞭然ですね。

マークXポジション

そして以外とお問合せの多いJADEのテールランプです。

JADEテールランプ

光らないバックドアテールをアクリル導光で光らせています。

社外品ライトの販売が無い車種は結構お問合せを頂きますね♪



工場のライン用照明製作

約2ヶ月に渡ってかかりっきりだった大きな仕事もようやく終わり鬼のように忙しかった毎日もやっと通常のペースに戻りました。

このパーツは某企業様より受注頂いた工場の昇降機に取り付ける照明です。

ライン設備

全部で80枚あります。場所を取るので重ねていますが、保護フィルムを剥がす前なので問題ありません。

使ったLEDは7680発。全て手半田です。半田担当も今回は本気で嫌気がさしていました(笑)

元々大量生産はうちの仕事では想定していませんのでかなり無理しました(汗)

パネルはこの5台のコントローラーを使って光を流します。

LEDコントローラー

流れるウインカーの応用ですね。

ただ、ちょっと違うのはコントローラーから出る5本の信号線を使い分けて流し方を変える方法になっています。

信号はLOW信号の入力なのでスイッチなどで簡単にできます。

これを車に応用すればドアオープンやエンジンON、バック中等々、動作に応じて流れ方を変えることも出来ますので今回の仕事は本業に取っても色々と収穫になりました。

本業の方は色々と進めております。

こちらは130系マークXのヘッドライトです。

マークXヘッドライト

もう最近はメーカー純正ライトもPET樹脂では無くカスタムライトの様にアクリルを取り入れる例が増えてきましたね。

こちらはムーブのヘッドライトです。

アイラインをアクリルにして光らせる加工を進めています。

ムーブヘッドライト

そしてまたまたC-HRのヘッドライトです。

C-HRヘッドライト

今までより更に凝ったVer3となります。

C-HRは本当にお問合せが多いです。今1番熱い車でしょうね。

また経過をご紹介させて頂きます。






作業の経過です

ちょっと最近バタバタしておりまして、ブログもマメに更新が出来ていません(xωx)

現在の作業経過です。

30プリウスのテールランプの方は水圧転写が出来ましたので残りの作業を進めています。

プリウステールランプ

光るのはまだ先になりますが、良い感じに仕上がりそうです。

そしてE52エルグランドテールランプ加工

エルグランドテールランプ

センターガーニッシュから横長のラインで点灯させます。

これもまだまだ時間がかかりそうです(・ω・;)

そしてレアなマイクラのヘッドライトです。

マイクラヘッドライト2

ノーマルでは下部はウインカーになっています。

マイクラヘッドライト1

バンパーにウインカーを移設されている車両なのでヘッドライト側のウインカーは不要になり、ここをデイライトにしました。

マイクラヘッドライト3

光量重視のご希望なのでアクリルの面発光ではなくLEDの直接光で光らせています。

しかしそのままではLEDが丸見えになりますのでダイヤカットのアクリルでカバーを作りました。

明るすぎるのでポジションで減光する回路も組み込みました(・ω・)ノ




E52エルグランドのヘッドライトガーニッシュの加工

社外品E52エルグランド用のヘッドライトガーニッシュです。

E52エルグランドヘッドライトガーニッシュ1


元々はデイライト用として販売されている製品ですが、流れるウインカーにされたいとのご依頼です。

最初のご希望ではデイライト件流れるウインカーだったのですが、内部スペースが非常に狭く、リフレクターの温存も希望されておりましたので黄色一色でウインポジで使われる事になりました。

白と黄色の2チップ搭載のLEDも市販されていますが、光量、信頼性共に乏しいので当店ではこの手のLEDは加工には使っておりません。

黄色のLEDも出来れば3W級を使いたかったのですが、発熱の大きなLEDなので放熱フィンの装着が必須となり、取り付けるとこの様に裏側に飛び出してしまいます。

E52エルグランドヘッドライトガーニッシュ2

この状態だと確実にヘッドライトのカバーに干渉するのでこのLEDもあきらめ、最終的にはCREEの小型のPOWERLEDを使う事にしました。

POWERLED


これだと明るい割に発熱も小さく、アルミ板で放熱が出来ます。

とは言ってもランプ内部の密閉空間では充分な放熱も出来無いので裏側に角穴を空けてアルミが直接外気に触れるように工夫しています。

E52エルグランドヘッドライトガーニッシュ

しかし防水処理がかなり大変な作業となります。

角穴とアルミの隙間からの浸水も起こりますので完璧な防水が求められます。

完成後の動画です。



フィットの社外品ヘッドライトも完成しました。

シーケンシャルウインカー化とサイドリフレクターのアクリル加工です。





お久しぶりです

久しぶりにブログを長く休んでしました(・ω・;)

倒産はしていませんよ(笑)

まあここ数日はこの作業でてんやわんやです。

LED田植え

8000発のLEDの田植え作業(-ω-;)

納期がヤバくなってきたので急いでいます。

とは言っても殆どはベテランの半田職人さんが頑張ってくれていますので私は大船に乗ったつもりで余裕こいていますが。

あまりUP出来る状態の物もありませんが、取り合えず経過だけでも。

こちらはS660のヘッドライトです。角柱の組み込みが終わったところです。

S660ヘッドライト加工

そしてフィットの社外品ヘッドライトも進めています。

フィットヘッドライト加工

最近の社外品のヘッドライトはえらいことになってきていますね。

すでに純正にひけを取らないクオリティーですね。

こちらはもう何台作らせて頂いたかわからない程、好評頂いておりますふそうファイターのウインカーです。

24V車の流れるウインカー当店にお任せ下さい。






C-HR社外品デイライトの加工

C-HRの社外品のデイライトですが、ケースとレンズ以外は新規製作です。

デイライトは日亜をびっしり並べて居ますので超明るいです。

C-HR デイライト

ウインカーを出すと黄色のLEDが流れます。

車検モードにするとウインカーは消灯、デイライト機能も任意にオンオフ可能です。




ハイラックス、オデッセイ、s660

入庫中のハイラックスサーフです。

社外品ミラーウインカーが暗いので打ち替えのご依頼です。

いきなりのアフター画像です(・ω・;)

ミラーウインカー2

ポジション点灯用のファイバーも入れました。

ミラーウインカー1

この加工、発光ユニットだけお送り頂ける場合は左右で30000円(税別)ですが、取り付けまで行う場合は工賃が

グッと高くなります。

理由としてはポジション用の配線やウインカー用の配線をドアパネルの中に引き込む作業が必要になるからです。

この作業がなかなかに面倒な車種も有り内張もかなりの範囲でバラすことになります。

こちらはRCオデッセイのテールランプです。

定番加工ですがバックフォグの点灯加工です。

RCオデッセイテールランプ

POWERLEDを使いますのでかなり明るく作れます。

このテールランプの特性とも思えるテールランプ内部からのビビり音対策も同時に行います。

このユニットにも内部で擦れた痕跡がありましたので、恐らくビビり音が出ていたと思われます。

S660の方はテールランプ加工も開始しました。

s660テールランプ加工




30アルファードのヘッドライト加工、RFステップワゴンのテールランプ加工

久しぶりの30アルファードのヘッドライトです。

30アルファードヘッドライト

色々と凝った内容でご依頼を頂いております。

今回の最大の山場はCANをだます!ちょっと大げさかな・・・

ライト単体の加工になり、車両装着での検証が出来無いのでどうなるかわかりませんが、

こうやってブログに書いていると言う事はある程度の目処はついているとお察し頂ければ(笑)

若しくは自分にプレッシャーをかけているとも言えますが(-ω-;)


こちらも更に久しぶりのRFステップワゴンの社外品テールランプです。

RFステップワゴンテールランプ2

ウインカーを流しますが、リフレクターの端が浅くて、そのまま基板を入れると切り口が丸見えになります。

そこで基板をレンズの角に合わせる感じで曲げています。

RFステップワゴンテールランプ1


ちょっとした事ですが、これだけで質感がUPします。

リレー機で流していますが、レンズが縦長なのでLEDも縦に流れます。




アコードハイブリッドヘッドライト加工作業経過

アコードハイブリッドのヘッドライトです。

当店ではご依頼の多い車種になります。

アコードハイブリッドヘッドライト1

アコードハイブリッドヘッドライト2


ポジションラインのデイライト&シーケンシャルウインカー化は定番ですが、今回の加工では

ノーマルウインカーの場所まで1枚物の基板を作りました。

ノーマルウインカーは位置が奥になるのでそのまま基板を入れるだけではLEDのラインが揃いません。

インナーに側壁を作って基板を前に押し出すことで綺麗なラインになりました。




こちらはRCオデッセイのバックドアテール。

RCオデッセイテールランプ

バックフォグのダミー部分にPOWERLEDを入れました。反射式の点灯なのに直視出来無い明るさになりました。

LEDの放熱も大きいのでフィンを付けてしっかりと放熱対策も取っています。

POWERLED放熱フィン

ノーマルの状態で右テールからビビり音がすると言う事でその対策もお聞きしておりましたが、数カ所怪しい部分が見つかりました。

ただ、これが正解なのかどうかは取り付けて走行して頂くまではわかりません(・ω・;)

そしてこちらは50後期型フーガのテールランプです。

フーガテールランプ


リフレクターの直径を小さくしてLEDを2重にする加工を進めています。

LEDリングもリフレクターも純正の様に綺麗に収まっています。

また点灯出来る様になりましたらご紹介させて頂きます(・ω・)ノ



レンズとLEDの色の関係性

ちょっと講釈じみた内容ですが、テールランプのレンズの色とLEDの色の選択のお話です。

良くあるのはアメ車の赤レンズのテールランプの中で黄色のLEDを光らせてウインカーにする加工があります。

この場合は黄色と言うよりも茶色に近い発光色になります。

LEDの光のスペクトル赤レンズというフィルターを通過した結果の色です。

まだ赤と黄色だと12色相環では近い色なのでなんとか使えます。

しかし12色相環の対向色、例えば赤と青の組み合わせならどうなるか。

なんとなくイメージでは両色の混じった紫を想像しますよね。

でも実際はそうはなりませんでした。

こんな感じになります。
色のテスト

赤っぽい、どちらかと言うとオレンジに近い赤?でも極端に光量が減衰します。

レンズの赤にも色々と濃さや色合いの違いがあるので一概には言えませんが。

LEDはよく発色が綺麗と言われるのはその色以外のスペクトルが極端に少ないからなんです。

例えば赤のLEDなら620nm前後の色波長が突出しており、その他の成分は殆ど持っていないのでこの様な事になります。

これがカラー電球なら全く変わってきます。

電球の場合は余計な成分が多く含まれるからですね。

赤レンズの中で電球をグリーンに光らせて合成色の黄色を光らせるウインカーなんて結構多いですしね。

しかしLEDの場合はレンズの色とLEDの発光色は同じ物を選択すると言うのがテールランプ加工では基本的な鉄則になります。

ちょくちょくこの手の質問が来ますので今後のためにここに掲載しておきました。

さて、作業の方は入庫車両のJADEが完成しております。

JADEテールランプ加工

テールランプの4灯化加工です。バックドアテールは元々光らないのでアクリルを使って光らせました。

本日から80VOXYのヘッドライト加工にも着手しました。

またご紹介させて頂きます(^^)

60後期型ハリアーヘッドライト編

加工ネタではありませんが、新型のハリアーのヘッドライト、凄く格好良いですね。

ウインカーはシーケンシャルだし、プロジェクターは3眼でまるでレクサス。

今回は何も加工はしていませんが、この機会に色々動作確認させてもらいました。

まずポジション点灯では下のラインが光ります。

従来のこの手のラインと比べると発光色は純白に近い色合いです。

今までは黄色味の強い白が多かったのでこれは嬉しい事ですね。

加工屋の立場で言わせてもらうとアレですが(笑)

60後期型ハリアーヘッドライト1

ロービームを点灯すると外側の1灯が点灯します。

60後期型ハリアーヘッドライト2

ハイビームで3眼全灯になります。

60後期型ハリアーヘッドライト3

ハイビームにはアダプティブ機能が搭載されているとの事です。

実際に点灯しての走行はしていないので詳細はわかりませんが、恐らくドイツ製が先行している

配光パターンを自在に変えるLEDプロジェクターとテクノロジーに似た物でしょうね。

カットラインはロービームは至って普通です。

カットライン2

しかしハイビームの配光はちょっと変わっています。

カットライン1

狭い範囲で必要な方向にピンポイントで照射が出来るのだと思います。

ウインカーはシーケンシャルです。



多分、他の車同様、日亜の3Wが使われているのかなと言う点灯感です。知らんけどW



RCオデッセイヘッドライト加工、C-HRテールランプ加工作業の経過

RCオデッセイはもう一息です。

RCオデ

インナーはキャンディーブルーカーボンの水圧転写仕上げです。

深みがあって綺麗な色です。

今週中には完成予定です。

C-HRのテールランプは完成しました。

C-HRテールランプ

サイトに掲載しているサンプルと全く同じ仕様なので点灯写真は省略(笑)

このテールランプについては海外からも問い合わせが大変多いです。

世界中でよく売れている車なんですね。

さて、こちらの方もそろそろ着手する予定です。

36アルト

土曜日の天気予報が心配ですね。雷雨とか言ってるし・・・・(((( ;゚д゚))))アワワワワ

天気になる事を祈ります!

R35GTR

R35が入庫中です。

R35GTRサイドマーカー

サイドマーカーのLED加工及びウインカーポジション回路の製作取り付けを行っています。

フロンフェンダーがえぐれてて超格好良いです。

R35GTR

ウインカーポジション回路は勿論ワンオフです。

トランクルームに設置していますが、ポジション点灯のオンオフスイッチ、ポジションの減光量の調整が可能です。

ウインカーポジション回路

ライト加工に伴うスイッチや制御する回路は何でも当店で専用にワンオフ製作させて頂きます。

市販汎用品を使うよりもすっきりしますし使い勝手も考えて作らせて頂きます。

こちらはRCオデッセイのテールランプです。

RCオデッセイテールランプ

他社加工品ですが、光量が暗いので改善して欲しいとのご相談を頂きました。

写真は改善後の状態です。

中を開けてびっくりしましたが、ここでは伏せておきます。

オーナー様には写真付きで何故こんなに暗かったのか説明させて頂きました。

ブレーキランプやウインカーは事故に直結する重要な灯火です。

格好良けりゃ良いってもんではないですよね。

別のお客様からもRCのオーダーが入っております。

先ほど遠路お持ち込み頂きました。

RCオデッセイヘッドライト

毎週土曜日は来客対応が多いのでメールの返信も遅れ気味になっておりまして申し訳ありませんm(_ _)m






ダッジチャージャー、イプサムのテールランプ加工作業経過

本日から入庫のダッジチャージャーの作業にかかっています。

ダッジチャージャー

良い車ですね。勿論私の欲しい車リストに入っています(笑)

並行車の赤ウインカー対策を行います。

最近は関東方面では赤ウインカーで切符を切られる例が出ているみたいですね。

締め付けが厳しくなっていると言う事ですね(-ω-;)

こちらは製作中のベンツV280のミラーウインカーの加工です。

ミラーウインカー


ポジションラインの追加ですが、8000k程度の青白い発光がご希望です。

LED高ケルビン

下のサンプルは6000k程度の純白です。比較して頂くと違いがわかると思います。

この白は本当に人気がありますね。LEDは信頼の日亜化学製を使っています。

そしてこちらはイプサムテールランプ加工です。

イプサムテールランプ

円形リフレクターを使ったフーガ調加工です。

作りながらそういえば最近この手の作業は久しぶりな事に気がつきました。

時代は変わって行きますが、良い物はイイ!

シンプルだけど今でも飽きの来ない良いデザインだと思います。



またもやHIDバーナーからの浸水

入庫中のベンツSLですが、フォグが曇るとのことで、ヘッドライトの作業のついでに調べさせて頂きました。

ベンツSL

フォグの曇りについて過去にも同様の事例があり、以前にもこちらで紹介させて頂きました。


HIDバーナーからの浸水

今回も全く同じ原因で、高圧ケーブルのバーナー側の根元から浸水していました。

シール材で隙間を固めて解決となりました。

HIDバーナーからの浸水

どうやらこの手の海外製のHIDバーナーは殆どの製品が同じ問題を抱えていそうですね。

特にフォグの場合はバラストの方がバーナーよりも高い位置に固定することが多いのでケーブルを伝った雨が隙間から浸水する様です。

ヘッドライトの場合は大抵バラストの方が下に固定される事が多いのでフォグばかりで発症するみたいです。






ムラーノ、インプレッサ、ハイエースのヘッドライト加工、テールランプ加工の作業経過

入庫中のムラーノのヘッドライトです。

ムラーノヘッドライト1

インナーはオーロラカーボンの水圧転写です。

上部ダミーレンズ部分にデイライトとシーケンシャルウインカーを作りました。

ムラーノヘッドライト2

完成までもう一息です。

こちらはインプレッサのテールランプです。

インプレッサテールランプ

仮のラインでお客様にイメージを確認して頂きます。

勿論本製作ではコーナー部分のRは綺麗になりますが、手書きなので荒いですね(・ω・;)

200系ハイエースの方も順調に進んでおります。

200系ハイエースヘッドライト2

このアクリルパネルのレーザーカットデータはこんな形です。

200系ハイエースヘッドライト1

表面がボールの様な3D曲面なので平面展開するとこんな形状になるんです。

平面のアクリルに3Dカーブを作るので熱で曲げるときにもちょっとしたコツが必要になります(・ω・)ノ





インプレッサのデイライトの加工

インプレッサ純正のアクセサリーライトです。

光量が暗いこと、ツブツブが目立つこと、発光色がお好みで無いと言うことで加工のご依頼を頂きました。

で、いきなりの完成写真です。

インプレッサデイライト

スモークレンズなのである程度は減衰しますが、昼間でもデイライトとして使える光量になる様にたくさんのLEDを使いました。

点灯色が青味を帯びているのがおわかりでしょうか?

これもオーナー様のご希望で意図的に青味を帯びた発光色に設定しています。

LEDは日亜化学製です。

8000k程度の白色が好きと言う方は結構おられますね。

当店ではその様な加工も出来ます。

青味の有る白色LEDは海外製の安物に多い色合いですが、正真正銘の日亜化学製のLEDを使います。

社外品デイライトの修理

LED切れと言う事で修理のご依頼を頂きました社外品デイライトです。

デイライト

ドライバーが付属していなかったので電流特性の確認が出来無いのでLEDを全て打ち替えました。

ギザギザを彫ったバーの両端からLEDを照らして光らせるタイプなので通常はあまり明るく出来ませんが、

ランプの本体がオールアルミと言う事もあり、放熱に優れた環境なので今回はCREEのハイパワーな物を使いました。

結果、ギザギザのバーでは見た事が無い程の明るさになりました。

LEDは定格の半分程度で定電流ドライブしています。

さすがにハイパワーLEDなので結構な熱を持ちますが、放熱もきちんと出来ているので

長時間の連続点灯でも耐えてくれそうです。



入庫中のボクスターは完成しました。
ボクスターヘッドライト

加工後にエラーが出て少し焦りましたが無事解決出来ました(汗)

本日は午後から出張のため不在となります。

メールの回答は夕方以降になりますのでご理解頂ければ幸いですm(_ _)m

ボクスターヘッドライト加工、マークXテールランプ加工作業経過

マークⅡのテールランプは完成しました。

マークⅡテールランプ

各フィンはお客様のご要望通りに側面まで回し込む事が出来ました。

このテールランプを付けるだけで一気に車が新しくなった様になりそうな予感がします(^^)

アクリルをふんだんに使っていますのでビックリするくらいに重くなりました。

現在取り組んでいる入庫車両はボクスターですが、奇遇な事に郵送でのご依頼もボクスター

ボクスターヘッドライト1

ボクスターヘッドライト2

986型と987型ですがこんな偶然もなかなかレアです(笑)

それぞれ全く違った方向性の加工となります。

入庫中のボクスターはバンパーウインカーのハイフラやフォグが点灯しないと言う不具合もついでに修理して欲しいとの事でバンパーを下ろしてみましたが、ランプの裏側の配線出口が解放状態でした。

グロメットもなければフタも何もありません。

ボクスター

恐らく今までに浸水も起こっていたと思われますので、作業ついでにアクリルでフタを作って防水処理も行っておきます。

どのタイミングでこんな状態になったのか、なんとも不思議な事です(-ω-;)