FC2ブログ

200系ハイエース4型ヘッドライト加工

製作中の200系ハイエース4型のヘッドライトです。
200系ハイエースのヘッドライト

ハイビームには3D加工で製作したスクエアプロジェクターを6連発。

ウィンカーの角柱、イカリング、スクエアプロジェクター、アクリルパネルは流れる仕様です。

リレー機は3機必要になりましたがオールインワンの複合機を専用で製作しました。
複合リレー機

勿論ワンタッチデモモードスイッチも装備しています。

完成間近です(・ω・)ノ

ヴェルのヘッドライトインナーの加工

スクエアプロジェクターの埋め込み作業が完了しました。
ヴェルインナー3
イカリング点灯状態です。

中央のプロジェクターレンズ部分はRGB発光です。
ヴェルインナー1

消灯時の質感も良く、完成度の高い加工になりました(・ω・)ノ
ヴェルインナー2

ルポのテールランプ加工進展状況

かなり形になってきました。
ルポテールランプ加工1
角柱と3Dフィンでびっしり埋めました。

バックランプは照明能力を確保する為に裸のLEDです。

点灯写真はまた後日(・ω・)ノ

ルミオンのヘッドライトにコの字型イカリング

大変お問い合わせが増えてきました(・∀・)

お手軽に最新のイメージになり、いかつさも演出できるアイテムです。

現在製作中のルミオンにも採用となりました。
ルミオンヘッドライト加工


ツリ目具合が良い感じですね(・ω・)ノ

このリングは3D加工機で製作しています。平面カットのアクリルでは無くかまぼこ形の断面にして質感を出しています。
コの字型イカリング3Dデータ

完成が楽しみなライトです♪

和紙を光らせてみた

アクリル加工が大流行中ですが、ちょっと人と違った雰囲気を出すのに面白い素材を使ってみました。
ヘッドライトに和紙2

和紙にも色々とありますが、発光時に和紙らしく見える物を探してこれにしました。

麻の繊維が入っていますので光りで透けていかにも和紙らしい雰囲気が出て居ますね(・ω・)ノ

光源には電球色の日亜。やはり和紙には電球色が1番相性が良さそうなので。

写真は光りが飛んで綺麗に映らないので9Vに減圧して撮影しています。

雅な雰囲気でなかなか想像以上に良い感じに光ってくれました~♪

消灯時はこんな感じです。
ヘッドライトに和紙1

ボディカラーとのマッチングも考慮して違和感の少なそうな物をオーナー様と相談の上チョイスしました。

同系色のツートンです。

ところでこのライト、街ワゴにもなった有名車なので見る人が見れば誰のライトかバレバレですね(・∀・)

アルミの3Dリングを使ったヘッドライト加工

少し前に触れましたが、アルミの削り出し加工で化粧リングを作りました。
アルミの3Dリング

汎用プロジェクターの先端のCCFLを外した後の化粧です。

磨きに時間がかかりましたが、アルミ特有の光沢を放っています。

アルマイト加工をしても面白いワンポイントになるでしょうね♪

ヴェルファイアのヘッドライト加工に3Dフィン

現在製作中のヴェルファイアーのヘッドライトです。
3Dフィン点灯時
ポジション部分に3Dフィンを投入です(・ω・)ノ

天面は透明のまま使い、先端のエッジを加工しています。
3Dフィン消灯時

元々他社製作品であちこちにスリットが空いていましたが、全て埋めてパテ成形しています。

アッパーインナーには角柱とフィンのコラボ。
角柱とフィン

製作方法に企業秘密が多い加工なのでまだ全景はお見せ出来ませんが、インパクト絶大なライトが出来そうです(・∀・)

20アルのヘッドライト加工作業進行中

時間がかかってしまっていますが、なんとか全貌が見えてきました。
20アルファードヘッドライト加工4

○○様もう少々お待ち下さい。

また新しい試みを何個か盛り込んだ内容になっています。

まずポジション側面の加工は透明レンズに加工するのが定番ですが、レンズは外してインナーに直接アクリルを埋め込みました。
そしてそのパネルは「3Dパネル」です。内側をえぐってお椀部分が光ります。
20アルファードヘッドライト加工2

光源も普通のグラデーションでは目新しさが無いので導光板に工夫して中央にオレンジの光りを走らせています。

このパネルの側面の透明感も見てやって下さい!ツルピカです(・∀・)
20アルファードヘッドライト加工3


そしてハイビームの前の場所には「3Dフィン」
20アルファードヘッドライト加工1
コウモリの翼の様な形をイメージしました。

今回、これも初の試み!今までは出来なかった角柱の2色発光(・ω・)ノ
20アルファードヘッドライト加工5

スペースの制約があるので出来るライトは今のところ限られてきますが、ウィンカー時には変色して流れます!

勿論ウィンカー時の光量は充分出て居ます。安全性もばっちり考慮しています。

あとはハイービーム部分が完成すれば組み上げに入ります(・ω・)ノ

マニアック佐竹(笑)へのご期待を裏切らない内容かと思います。

そして今日からは他社加工品の再加工のヴェルのヘッドライト。
ヴェルファイアーヘッドライト加工

色々とインナーの手直しが必要ですが、こちらもがっつりと行きます♪

アクリルの造形

アクリルにちょっと面白い一工夫をしてみました。
アクリル3

これはライトインナーに埋め込むアクリルパネルですが、表面をえぐってみました。

ちょうどお椀の様な感じですね。

そして光らせると面白い光り方をします。

アクリル2

アクリルの側面は透明のまま残しますので、横から見るとくぼみだけが光って、なんとも面白い効果が(・∀・)

ついでにこんな物も
アクリル1

フィンの角を落としただけの単純な事ですが、場面によっては良い味を出してくれそうです♪

スクエアプロジェクター第二弾

先日ご紹介させて頂いた10系アルファードの様なスクエアプロジェクターの製作を開始しております(・ω・)ノ
スクエアプロジェクター

今回は違う車両になりますので完成が楽しみです♪

昨日は天気も良く、各地でイベントが盛り上がっていたみたいですね~

広島のイベントに参加されていたお客様からは一気にトロフィー4本もゲットしたとお喜びの声を頂きました。

うちはライトを作らせて頂いただけなのであくまで脇役ですが、それでも嬉しい物です(・∀・)

次の日曜は某イベントに遊びに行く予定です♪

ダブルラインのイカリング

着実に支持を増やしておりますこのリング。
ヘッドライト破損2

1本の発光ラインがラインが1mmと細いので3Dルーターによる切削加工で作っています。

特別に機械動作中の動画を公開です(・∀・)
3D加工動画

話は変わりますが、お客様が加工用に購入したライトの破損が増えています(・ω・;)

殆どの物はステー折れですが、一見わからない物もあります。

こちらは外観ではわかりにくいですが分解して気がつくケース。
ダブルラインイカリング


こちらは比較的わかりやすい例です。
ヘッドライト破損1

補修した破損商品である事を周知されていない場合もあるみたいなので注意が必要ですね。

補修されていてもまず亀裂は完全にふさがっていませんので漏水も起こります。

加工時に防水はきちんとこちらで行うので強度さえ問題無ければ別に良いのですが(・ω・)ノ

ミニミニのバルカン

製作中のエクシーガのヘッドライトに組むパーツです。
ミニミニバルカン

直径50mmで外周リング幅は4mm、複眼は直径12mmです。

複眼は3D加工で球面にしています。
ミニミニバルカン
リアリティーが出ています(・∀・)

勿論照射能力は皆無ですが、ワンポイントにお勧めです(・ω・)ノ

ラクティスのテールランプ加工完成

先ほど取り付けが完了しました(・ω・)ノ

お車はラクティスです。
ラクティステールランプ加工1

アクリル部分を横から見るとこれだけ飛び出しています。
ラクティステールランプ加工3
立体感満載ですね(・∀・)

ウィンカーも角柱で流れます。
ラクティステールランプ加工2

消灯時もインパクト抜群です♪

こちらも先日紹介させて頂いた光るフロントグリルですが、早速お写真を頂きました。
ハイエース光るフロントグリル

詳しくは200系ハイエースフロントグリルの発光加工をご覧下さい。

他の車種でも可能な場合もありますのでお気軽にお問い合わせ下さいね♪

アウトライン発光テール第二弾

3D加工で製作中のテールですが、メインの発光部分が出来ました。

スモールでフチが光ります。発光ラインは2mm幅です。
アウトライン発光テールスモール時

そしてブレーキで全灯
アウトライン発光テールブレーキ時

C型に欠けた部分をそのまま欠けた形で作ればもっと簡単なのですが、

ここはこだわってやらないといけない部分(・ω・)ノ

かなり時間がかかりましたが納得の点灯感です(・∀・)

スクエアプロジェクターの製作

ヘッドライトの最新トレンドのひとつのスクエアプロジェクター

四角と言うのが斬新で格好良いですね。

現在加工中のライトに入れる為にワンオフでこれを作ってみました。

先日もちょっと紹介させて頂いた最初のパーツがメインのレンズ部分です。
スクエアプロジェクター合体

I氏が必死で磨きをかけてピカピカにしてくれました。完全に「レンズ」です。

そしてこのフチにこれが合体します。
メッキリフレクター
スクエアイカリングです。

そしてもう一丁、ジュラルミンを削り出して作ったベゼル
ベゼル

合体させると
スクエアプロジェクター合体
どうでしょう、このリアリティー(・∀・)

まだこれでは終わりません。更にリアリティーを出す為に

日本橋で買ってきたリフレクターを使います。
メッキリフレクター
レンズからのぞき込むと
スクエアプロジェクター完成
完全にプロジェクターですね。

ここからまだもう一手間かけます。

また紹介させて頂きます(・ω・)ノ

こんなん出ましたけど~♪

昨日製作中の写真のブツはこんな感じに仕上がりました。
3D加工中

なにやら和菓子にも見えますな~(・ω・*)

で今製作しているのがコレ!
3D加工中

またこの後にも作るパーツと合体させて3パーツで1個になります。

これがどないなるか、鋭い方にはもうおわかりかと(・∀・)

3D加工中

ちょっと面白い物を作っています。
3D加工機

アクリルをエンドミルで少しずつ削って立体が出来ます。

3Dプリンターとは逆の発想ですね(・ω・)ノ

さて何が出来るのか!?これでは全くわかりませんよね~(・∀・)

3Dパーツ製作

先日に引き続き、ハマーのサイドマーカーの製作です。

前回作った物は車体に取り付けるとイメージと違っておりまして、

作り直しをさせて頂きました。純正加工では無くデータだけでゼロから作る難しさですね(xωx)

こちらが3DCADで作ったデータです。
ハマーサイドマーカー4

で、出来上がりがコレ!
ハマーサイドマーカー1

当たり前ですが、データ通りに出来上がりました。たいした機械ですわ~ほんまに。

空洞内部の段にパネルがはまり込んで密閉する設計です。

完成状態
ハマーサイドマーカー2

文字部にもちょっと新しい技法を加えました。
ハマーサイドマーカー3

文字の中に細かなドットが入っています。

近くでガン見しなければ全くわからない細かな事ですが(・ω・;)
プロフィール

エルコボ

Author:エルコボ
大阪堺市のヘッドライト加工、テールランプ加工、

シーケンシャルウインカー加工の専門店エルコボのブログです。

過去のブログはこちらからご覧頂けます。

エルコボサイト

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR