L字型イカリング

引き続きRCネタです。

今日はイカリングが付きました。

L字型イカリング

L字型ですが縦ラインはくの字になっています。

以前はコの字で製作しましたがL字も良いですね。

こちらは慢性的に人気の20アル/ヴェル用のミラーウインカーです。

ミラーウインカー

今までに色んなバージョンを作ってきましたが、また新しいデザインです。

光源はまだ入っていませんが、光ると綺麗だと思います。

お客様から装着画像も届いております。

インプレッサテールランプ加工

インプレッサG4のテールランプ加工

S様、運送事故破損でご迷惑をお掛けしましたにも関わらずご丁寧にありがとうございました!

またヘッドライト加工の方もよろしくお願い致しますm(_ _)m




E51エルグランドテールランプ加工

E51エルグランドのロアテールです。

かなり前から少しづつ作業を進めておりましたが、完成が近づいてきました。

アクリル3D加工になります。

E51エルグランドロアテールランプ1

スモールはアウトラインが発光します。

下部の円形部分は元々はブレーキランプですが、カットすると切り口が丸見えになるのでアクリルとパテで壁を作っています。

E51エルグランドロアテールランプ2

仕上げはシルバーカーボンの水圧転写

E51エルグランドロアテールランプ3

ウインカー、ブレーキランプ、バックランプはリレーで流れます。






アウトライン発光

久しぶりのビッグプロジェクトが進行中です。

ランプに組み込むアクリルが点灯出来る状態になりました。

スモールで赤に光るアウトライン

アウトライン発光1

ウインカーを出すと中央ブロックは黄色で発光します。

アウトライン発光2

アクリル同士が密着していますので光りが混じり合わないように色々な工夫を凝らしています。

アウトライン発光3

アウトラインは2mm幅。細いラインが光るのは本当に綺麗ですね(・∀・)


C-HRのヘッドライト加工

入庫中のC-HRは引き続きヘッドライトも加工を進めています。
C-HRヘッドライト1
メインの加工目的はやはりシーケンシャルウインカーです。

純正のポジションを取っ払うことで、よりワイドにウインカーが流れます。

ウインカーのレンズは純正でもよく使われている凹レンズ形状で3D製作しました。
3Dデータ
このレンズを使うと斜めからの非視認性が向上しますね。

側面のリフレクターレンズはオレンジに塗装しました。
C-HRヘッドライト2

明日には詳細をご紹介出来ると思います。



ヘッドライト、テールランプの作業経過

ジュークのコンビネーションランプが完成しました。
ジュークコンビネーションランプ
ポジションの場所に3Dミニバルカン、インナー底面にアクリルフィンを入れました。

インナーの構造の問題でバルカンが少しフィンに被ってしまうのが残念ですが、車体に対しては結構前倒しで装着されますのでそれなりにバルカンの存在はわかって頂けると思います。

このバルカンはレンズ1つに対して日亜の爆光が6発入っていますのでもの凄い光量が出ています。

カメラの絞りをバルカンが綺麗に写るように合わせるとフィンとウインカーが暗く見えますが、
こちらが暗いのでは無くてバルカンが明るすぎるのです(笑)

こちらはスペーシアZのバンパーイルミです。暗いのと端までLEDが入っていないので端までLEDを入れてデイライトとしても使える爆光で仕上げました。
スペーシアZデイライト
ポジションがONになると自動で減光します。

こちらは入庫中の極秘作業です。(・∀・)ニヤニヤ
かなり形になってきました。
謎のテールランプ




続60ハリアー

もう訳がわからない程たくさんの作業が同時進行中ですが、本日もとりあえず60ハリアーネタです(^^)

プロジェクターのサイドにあるダミー部分ですが、ここは3D切削でワンオフしたレンズを入れてプロジェクター化しました。
60ハリアーヘッドライト5

若干縦長な形状なので縦に2個並べました。
3Dデータ

強い光量が出ますのでデイライトとしても充分使えるレベルです。

大変完成が楽しみなライトです(・∀・)

C-HRのイメージも入っています。
60ハリアーヘッドライト6



BHレガシイのヘッドライト加工

BHレガシイのヘッドライトが完成しました。
BHレガシイヘッドライト2
3Dレンズを並べて製作したデイライトは端まで延長となりました。

コーナリングランプは潰れてしまいますが、やはり横に長い方が格好良いですね(^^)

V36スカイライン用のバイキセノンプロジェクターも綺麗に収まっています。
BHレガシイヘッドライト1
普通の方法ではこのプロジェクターはスペース的に厳しく、カバーに干渉しますが、マル秘の工夫を行った事で光軸調整もきちんと出来るライトに仕上がっております。


3Dレンズ製作でのデイライト

昨日紹介させて頂いた3DレンズはBHレガシイのデイライトに使いました。
BHレガシイヘッドライト2
V36スカイライン用のプロジェクターを入れた事でハイビームリフレクターが機能的に不要になりますのでその場所をデイライトにしました。

オーナー様のご希望で「大粒でツブツブに光らせたい」と言うことだったのでアクリルを削り出してレンズをゼロから製作しています。
BHレガシイヘッドライト1

このワンオフレンズは色々な場面で使えるので大変重宝しています。

ウインカーのバルカン部分も同じ製法です。

そしてこちらはE52エルグランドの社外品ロアテールです。
E52エルグランドロアテール3
元々ウインカーで光るL字部分をスモール/ブレーキに変更。

ウインカーとバックはインナーの構造を壊して基板を入れました。

スモークレンズタイプだったので元々暗めでしたが、光量UPで安全性ばっちりです。
E52エルグランドロアテール2

特にバックランプはもの凄く明るくなりました。これで夜間のバックも安心ですね。
E52エルグランドロアテール1





3Dミニバルカン

BHレガシイヘッドライト加工中です。

ウインカーに3D成形のミニバルカンを入れます。

出来たパーツはプラモデル感覚で組み上げて行きます。

BHレガシイヘッドライト1

リフレクターにはV36スカイライン用バイキセノンを入れました。
BHレガシイヘッドライト2


このライト、スペースがギリギリなので難しい作業になりますが、レンズへの干渉も無く、光軸もきちんと出る様にセットしました。

この作業ではカットラインの水平は最重要です。あとで調整出来ませんからね(・ω・;)

化粧板はかなりあちこち削らないと入らないのでまだ時間がかかりそうです。

並行して歴代最大サイズの超特大なテールランプも加工を進めています。

こちらはまたご紹介させて頂きます(^^)

アルトのヘッドライト

加工中の36系アルトのヘッドライトです。

プロジェクターの周りに3D削り出しのアクリルブロックを並べて光らせました。
アルトヘッドライト1
ここにはインナーに6箇所模様が入っていますので、その部分を加工しています。

拡大です。
アルトヘッドライト2
アクリルブロック側面の透明部分にはラインを彫って質感を高めています。