FC2ブログ

80スープラのヘッドライト加工

80スープラのヘッドライトです。

イカリング加工のご依頼でしたが、スペースが非常にタイトな為この形になるまでかなりの時間を要しました。

80スープラヘッドライト加工2

プロジェクターの上部とカバーの隙間が殆ど無く、普通にイカリングを入れると完全に干渉してしまいます。

かと言ってプロジェクター側にも余裕が無いのでプロジェクターを後方に8mm移動させる加工を行いました。

これ以上プロジェクターを下げることは不可能ですが、それでも紙一重のクリアランスです。

C型なのでなんとか入りましたが、真円のイカリングは不可能ですね(-ω-;)

当店のイカリングは日亜化学のLEDに拘っていますので厚みが大きくなります。

市販のSMD光源に逃げればもっと簡単に取り付け出来ますがSMD光源は以下の理由があり余程の問題が無い限り使いません。

・中華製チップなので信頼性が担保出来無い
・直径サイズが5mm刻みなのでジャストフィットが難しい場合がある
・取り寄せる時期で発光色の色合いが変わる事があるので修理で1灯だけ交換した場合色が合わなくなる可能性が有る
・デイライトとしては若干光量不足

手間は増えますが、やはり日亜の安心感は格別です(^^)

こちらはサバーバンのテールランプです。

サバーバンテールランプ1


並行仕様の赤ウインカーを黄色に変更しました。

そしてスモールランプで点灯するライン部分をブレーキランプとしてダブル球発光出来る様に加工しました。

サバーバンテールランプ2

往々にして並行車の赤ウインカーはブレーキランプと兼用になっている事が多いので、

ウインカーを黄色にすると同時にどこかにブレーキランプを作る必要も出ます。

このテールランプは過去にエスカレード用として触った事がありますが、サバーバンとエスカレードで互換性があるみたいですね。

ただ、国内仕様と並行仕様でカプラーのピンアサインが異なりますので取り付け時には配線の加工も必要になりますね(。>ω<。)ノ

カローラスポーツのヘッドライト

良くご依頼を頂く加工です。

国産のヘッドライトにUS仕様ヘッドライトのインナーを移植する加工です。

カローラスポーツのUS仕様ヘッドライト1

サイドマーカーの点灯加工も追加しています。

内容自体は特に珍しくないのですが、ちょっと面白い事に気がついたので・・・・

インナーの移植ドナー用にご用意頂いたUSのヘッドライトですが、右側はカバーに製造元の市光の刻印。

カローラスポーツのUS仕様ヘッドライト2

ところが左はvaleoの刻印

カローラスポーツのUS仕様ヘッドライト3

同じヘッドライトを複数のメーカーが製作している事にちょっとビックリしましたが、

いつの間にか市光はvaleo(フランス)の傘下に入って居たと知って更に驚きました(*゚Q゚*)

それがどないしてん?って話なんですが、日本の有名な企業がどんどん海外企業に買収されていくのは

寂しい物がありますね~と言うおっさんの独り言でした(笑)

お客様から装着画像も届いて居ります。

少し前に加工させて頂きましたフォグランプです。

20ヴェルファイアフォグランプ加工2

もう9年ほど前に製作させて頂いたヘッドライトですが、それと光源のLEDを合わせることで

統一感を出しています。

20ヴェルファイアフォグランプ加工1

途中リメイクはありましたが長くお使い頂けていることに喜びを感じます(^^)

M様、F様この度はご利用頂き誠にありがとうございましたm(_ _)m

ハイラックスサーフのヘッドライト加工

既に数日前に完成していましたが、先程取り付けが完了しました。

185ハイラックスサーフのヘッドライトの加工です。

ハイラックスサーフヘッドライト加工1

V36スカイライン用プロジェクターとイカリングを組ませて頂きました。

イカリングは電球色でデイライトとして点灯します。

ハイラックスサーフヘッドライト加工3

コーナーレンズはオレンジに塗装しました。

ハイラックスサーフヘッドライト加工2

助手席側のヘッドライトは背面のプロジェクターの防水カバーがラジエターのリザーブタンクに干渉して取り付けが出来ません。

ヘッドライト背面

移動させようとステーの移動を考えましたが、ステーは車体に溶接されていましたので新たに製作しました。

ステー

このステーをバッテリーのステーに固定して回避させました。

バッテリーと接触する部分は振動でバッテリーが傷まない様にクッション材を挟んでいます。

リザーブタンク

プロジェクターインストール加工ではこう言った事は珍しく有りません。

そして元々のヘッドライトはH4バルブだったので市販の変換ハーネスを使って接続しましたが、

ロービーム、ハイビーム、パッシング、全て問題無く動作しましたので良かったと思いきや、

メーターパネルのハイビームインジケータが点灯しません(-ω-;)

即席でキャンセラーを製作して完了しましたが、先日のジムニーでもそうでしたが

H4はなかなかすんなりと終わらない事が多いですね。

照射状態。完璧な綺麗なラインが出ています。

カットライン

A様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。

また次回もよろしくお願い致しますm(_ _)m




20アルファードのヘッドライト加工

加工中の20アルファードのヘッドライトが完成しました。

20アルファードのヘッドライト加工2

20アルファードのヘッドライト加工3

20アルファードのヘッドライト加工1

加工内容はこちらの動画で(^^)




ウインカーはPOWERLEDで爆光を実現しています。

アイラインのスタートアップ、ウインカー部のアクリルフィンのフェード点灯などシーケンシャルウインカーでなくても

動きの有るヘッドライトになっています(^_^)v

ジムニーシエラのヘッドライト

入庫していたジムニーシエラが完成しました。

ジムニーシエラヘッドライト加工2

リバティーウォークさんのゲレンデ風のボディーキットを装着された凄く格好良いお車です(*゚Q゚*)

今回当店で取り付けた物はゲレンデ風デザインの社外品のヘッドライトパーツですが、ヘッドライトASSYではなく

インナーとレンズだけが販売されているキットを使いました。

ASSYでは無いのでリーズナブルで良いですね♪

接続などもカプラーだけで完了する様に考えられていて、殻割りの必要はあるものの、

点灯も綺麗だしクオリティーも悪くなく、最近の中華製は本当に良くなりましたね・・・・

なんて持ち上げるブログを上げるつもりだったのですが、取り付け翌日に早速期待を裏切られましたW

ジムニーシエラヘッドライト加工3

取り付け直後は問題無く点灯していたのに、翌朝に再度テスト点灯するとこの有様です(-ω-;)

やっぱりまだまだ中華クオリティーですね。(変わり身の早い私)

分解して見るとこんな感じになっていました。

ジムニーシエラヘッドライト加工4

LED切れでは無く制御用のICチップの破損みたいです。

どちらにしても修理は不可と判断して新たに基板をゼロから複製しました。

ジムニーシエラヘッドライト加工5

このヘッドライトのキットはウインカー機能もありますが、ウインカーは純正ウインカーを使うと言う事なので

ウインカー部も白色のLEDにチェンジしています。

日亜のLEDなので耐久性は抜群で、まず切れる事はないでしょう(^^)

この基板は単品販売対応させて頂きますので、同じパーツで不灯が出た場合はご相談頂ければと思います。

デザインが良いだけに勿体ないですからね(^^;)

A様、いつもご愛顧ありがとうございますm(_ _)m





ソリオバンティッドのヘッドライト完成

久しぶりにガッツリとアクリル加工をさせて頂きました。

先日も少しご紹介させて頂きましたソリオバンティッドのヘッドライトです。

ソリオバンティッドのヘッドライト

ノーマルウインカー部分はダミープロジェクターを製作してBMW調のイカリングにリアリティーを出しています。

このプロジェクターはロービーム連動で点灯しますのでロービーム4灯に見えます。(対向車に眩しくない様に工夫しています)

そしてこのプロジェクターは車検モードではウインカーに切り替わります。

アイライン(眉毛)部分はインナーメッキをアクリルに置換してポジション兼シーケンシャルウインカーにしました。

ウインカー動作後のポジション復帰はフェード回路を使っています。

シーケンシャルウインカーはPOWERLEDをふんだんに使っていますので大変明るい光量で点灯します。



このまま安心して車検にも臨める様にスイッチで色々と切り替えが出来ます。

インナーはマットブラックと純正カラーのファーベントレッドのツートンカラーです。

N様、今回はリピートでのご依頼誠にありがとうございましたm(_ _)m

30アルファードのシーケンシャルウインカー加工

30アルファードフェイスリフト加工ですが、今回は移植にご用意頂いた後期型ノーマルウインカーヘッドライトを

シーケンシャルウインカー化してから移植する事になります。

30アルファードシーケンシャルウインカー加工

この加工では発光部の樹脂での光量減衰も起こりますので光源にPOWERLEDを使う事は必須となります。



純正のシーケンシャルウインカーよりもシームレス且つ滑らかに流れるシーケンシャルウインカーとなります(^^)

こちらは製作中のソリオバンディットのヘッドライトです。

ソリオヘッドライト加工


BMW風のイカリング、アクリルブロック削り出しによるアイラインはシーケンシャルウインカーになる予定です。

(※イカリングは仮合わせなので正確な角度、位置ではありません)

まだ完成まで少々時間がかかりそうです。

またご紹介させて頂きます(^_^)v




アクアのヘッドライト加工

アクアのヘッドライトが完成しました。

アクアのヘッドライト加工

BMW調のイカリングはデイライト点灯、プロジェクターレンズにはハニカム柄のサンドブラスト

RGBのモノアイを組みました。

社外品ヘッドライトですが、ポジションラインなど格好良いですね。

純正加工では難しいデザインです(・ω・;)

イカリングとのバランスも良いと思います。

W様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。

お客様から装着動画も届いて居ります。



先日加工させて頂いたハーレーのトランクボックスのテールランプです。

動画後半はスイッチ切り替えによる動作状態がわかりやすい様にご撮影頂きました。

I様、重ね重ねこの度はありがとうございましたm(_ _)m

アクアのヘッドライト加工

アクアの社外品ヘッドライトを加工中です。

アクアのヘッドライト加工

レンズにハニカム模様を入れてモノアイで光らせたいとのご要望です。

レンズがガラス製なのでレーザーエッチングでは喜連に出来無い可能性もありますので(ガラス成分によります)

今回はサンドブラストで模様を入れました。

綺麗に出来たと思います(^^)


こちらは発送済みのハーレー用のテールランプです。



加工に製作させて頂いた物と同じデザインで製作させて頂きました。

リレー機の操作で色々な点灯バリエーションが可能です。

I様、そしてI様をご紹介頂いたK様、この度はありがとうございましたm(_ _)m

車庫の方ではR52型ミニクーパーの内装がバラバラになっています。

R52内装

本業ではございませんが、FOCALのスピーカーの取り付け中です。

focal

国産車の様に専用キットがあるわけでもないので色々と工夫が必要になりますね(^^;)

しかしさすがのFOCAL、重厚感が違いますね。早く鳴らせたいです(^^)

30プリウスにレクサスNX後期型プロジェクター

ようやく組み上げが完了しました。

30プリウスにNX3眼1

30プリウスのヘッドライトにレクサスNX後期型の3眼プロジェクターのインストールを行いました。

きちんと光軸調整が出来る様に仕上げております。

サイズ的にはギリギリでした。

過去に製作したNX前期型プロジェクターよりは若干横幅が狭くなる事もあり

意外と違和感なく綺麗に収まってくれました。

インナー底面にはアクリルでポジション兼シーケンシャルウインカーの発光ラインを製作。

30プリウスにNX3眼2

このアクリルの製作は苦労しました。

ポジション用アクリルライン

レーザー加工と3D加工の合わせ技です。

出来上がってみればたったこれだけの事なのですがゼロからこれを作るのは苦労しますね(・ω・;)

と言うより作る方法を考え出すのが大変と言った方が正しいかもしれませんw

この手法はまた今後役に立ってくれそうです。

シーケンシャルウインカーはPOWERLEDで強烈に光ってくれます。



まだプロジェクター突出部の防水処理を残して居ますが明日には全ての作業が完了予定です( ̄^ ̄)ゞ

レクサスGS前期型ヘッドライト

お客様より装着動画をお送り頂きましたのでご紹介させて頂きます。

少し前に製作させて頂きましたレクサスGS前期型ヘッドライトになります。

レクサスGS前期型ヘッドライト加工

イカリング6灯(デイライト点灯)、ポジションのシームレス化&シーケンシャルウインカー化がメインの加工になります。



簡単にノーマルに戻せる様にスイッチボックスを製作しましたが、その動作が分かるように撮影してお送り下さいました。

特に私の方からお願いしたわけでは無いのですが、お客様のお心遣いに感激しました(。>ω<。)ノ

T様、重ね重ね、この度はありがとうございましたm(_ _)m

30アルファードのヘッドライト加工

30アルファード後期型車両ですが、ノーマルウインカーヘッドライト搭載車両に

3眼ヘッドライトを搭載する加工です。

回路部分の改造は通常通りの定番作業ですが、今回の加工ではお客様のご希望により以下の加工を追加しています。

・ロービーム時3眼点灯

30アルファードヘッドライト移植2

グリル寄りのプロジェクターはハイビーム専用配光プロジェクターなので

そのまま点灯させると対向車に迷惑になります。

その為この加工ではモノアイ加工と同じ様に間接照明の光源を追加しています。

ただ、普通のモノアイと比べて非常に強力に点灯しますので実際にプロジェクターが点灯しているように見えます。

勿論、元々のハイービームの光源はそのまま使えますのでハイビームをオンにすれば

ハイビーム配光で点灯します。

・インナー側面へのアクリル加工

30アルファードヘッドライト移植1

お客様ご指定のデザインでラインとアルファードのロゴを点灯させています。

アクリルラインはインナーから突出させてクオリティーを上げています。

30アルファードヘッドライト移植3


・コーナリングランプのゆっくりとした消灯



通常の移植加工ではコーナリングランプ無しのヘッドライト搭載車両に

コーナリングランプ有りのヘッドライトを移植する場合はコーナリングランプの点灯を制御する

コントローラーを取り付けます。

しかしその場合のコーナリングランプの点灯消灯はゼロか100です。

今回は追加回路によって消灯時に純正の様にフワッと消える仕様にしました。

目視ではもっとフワッと感がありますが、動画では目視よりもわかりにくいですね(-ω-;)

N様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

移植加工3つ

お問合せの多いカローラスポーツのヘッドライト移植加工です。

カローラスポーツヘッドライト

US仕様のヘッドライトを搭載したいと言うお問合せを多く頂きますが、

USのヘッドライトは

・プロジェクターの配光が右上がり

・オートレベライザーが無い

・光軸調整が上下方向しか出来無い

等の具合の悪い点がありますのでこの場合はヘッドライト丸ごとの移植では無く

国産ヘッドライトの中にUSヘッドライトのインナーを移植する方法がお勧めです。

こうすれば見た目はUS仕様と全く同じなのに性能的には国内仕様となります。

取り付けもカプラーONで簡単に済みます。


次の移植加工はレクサスRXのヘッドライトです。

昨年マイナーチェンジで後期型になりましたが、ヘッドライトもかなり印象が変わりました。

レクサスRXフェイスリフト

手前が前期、奥が後期型です。

構造が薄くなり、デイライトがシームレスになっています。

オプションでブレードスキャンハイビームなんて言う超ハイテクなアダプティブハイビームのヘッドライトもありますが、

見た目にはこちらのノーマルハイビームの方がすっきりしていて格好良いですね。

最後はベンツAクラスW176型のテールランプです。

ベンツAクラステールランプ


ノーマルでは赤レンズですが、社外品テールランプのスモークレンズだけを移植しました。

レンズの大きさ、形状が若干違いますのでフィッティングの心配がありますが、たいていなんとかなりそうです。

T樣、F樣、F樣、この度は当店をご利用頂き誠にありがとうございましたm(_ _)m

日野プロフィアのヘッドライト

日野プロフィアのヘッドライト加工が完成しました。

日野プロファイアのヘッドライト

デイライト&ポジションで点灯するラインに黄色のPOWERLEDを追加して

シーケンシャルウインカー化しました。



リレー機のスイッチでノーマルウインカーに簡単に復帰出来ますので車検時も安心です。

このライトに限りませんが、バックライト式のデイライトは白色LEDを数十個直列に接続しているケースが多いので

点灯ドライバのLED側は非常な高電圧になります。

このライトでは60Vを超えていました。

DIYで触られる方は感電にくれぐれもご注意下さいね(^^)

S様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

30アルファードのヘッドライト加工

30後期型アルファードのヘッドライトです。

デイライトの光量UPの加工をさせて頂きました。

30アルファードデイライト光量UP

ノーマルだとそれほど明るくありませんが、この加工でかなり明るくなります。

しかし明るくなりすぎるとウインカーが見えにくくなる事も予想されますので

ウインカー時にはデイライトを自動消灯する回路も組みました。

この機能はスイッチでノーマル復帰可能です。

インナー側面にはチャンネル文字でもロゴ加工。

チャンネル文字加工

勿論、こちらもスイッチでオフ可能です。



動画でご確認下さい。

S様、いつもありがとうございます!

インナー塗装

先日ご紹介させて頂きましたが、左右でインナーの色が違っていた30アルファード後期型のヘッドライトです。

30アルファードヘッドライト

左右ともツヤ有りの黒で塗装しました。

意外にも30後期ヘッドライトでインナーを塗装した物は今回が初めてなので今後の参考になればと思います。

最近移植用のヘッドライトで左右で色違いのヘッドライトを揃えてしまうケースが増えていますので

中古を購入の際はくれぐれもご注意下さいね。


こちらは50プリウス前期型のモデリスタエアロに組まれるデイライトの補修基板です。

50プリウスモデリスタデイライト修理基板

この部分の光源です。

プリウスデイライト

何が起こったのか?と言うくらい、先月からご注文が急増しています。

年数も経つのでLEDが切れている車両も増えているみたいですね。

実際すれ違う同型車では大半の物がデイライトが切れて居ます(・ω・;)

やはりCOBは色々と問題が多いみたいですね・・・・


34GT-R

34GT-Rのヘッドライトを加工させて頂きました。

34GT-Rヘッドライト加工1

BMWをモチーフにと言うご希望に沿った製作です。

34GT-Rヘッドライト加工2

もっと奥行きが短ければ3D切削で製作したいところですが、このサイズは当店の加工機では不可になりますので

アクリルを熱で曲げる方法で製作しました。

しかし精度良くこの様な形を作ることはかなり難しい物です(・ω・;)

今回は専用の治具を作ってアクリルを曲げる型にしました。

治具

狙った通りの物が出来ました。

S様、この度は誠にありがとうございましたm(_ _)m

こちらはお馴染みの30アルファードフェイスリフト加工中です。

しかし左右でインナーの色が違うので塗装が必要になります。

30アルファードヘッドライトインナー2

緑で囲んだパーツだけ同じ色でした。

プロジェクターの化粧板も色違いです。

30アルファードヘッドライトインナー1

30アルヴェル後期型のヘッドライトは2眼2タイプ、3眼1タイプの3種類有りますが、

グレードによって更にカラーバリエーションもあります。

MC後の年数が経つと限定版や特別仕様など色々なバリエーションが追加されます。

当店ではそれら全てを把握する事は出来ませんのでヘッドライト購入の際は充分

気を付け下さいね(^^)

50プリウスのヘッドライト加工

50プリウスヘッドライト加工のご紹介です。


50プリウスのヘッドライト加工

サイドマーカー部分はELシートを使った面発光加工になります。

LEDと違って完全に均一なシームレス発光になりますが、光量はLEDに及びません。

この様なポジションで光る部分には問題ありませんが、ウインカーやブレーキランプには使えませんね。

プロジェクターの内側アルミの遮光板はアルマイト加工でゴールドにしました。

良いワンポイントになりますね(^^)

BMW E82のヘッドライト

BMW1シリーズ E82イカリング加工です。

ヘッドライトはすでに完成していましたが、先程取り付けが完了しました。

BMW E82 イカリング加工3


元々のヘッドライトはこのタイプのHIDヘッドライトです。

BMW E82 イカリング加工1

今回はハロゲンヘッドライトをベースにして加工して取り付けさせて頂きました。

BMW E82 イカリング加工4

人気の立体成型です。

インナーは水圧転写仕上げになります。

BMW E82 イカリング加工5

左右で色を変えています。

BMW E82 イカリング加工6

左はキャンディーレッドカーボン+アイラインはブラックカーボン。

BMW E82 イカリング加工2

右はキャンディーブルーカーボン+アイラインはブラックカーボンでと言う左右非対称な仕上げです。

HIDタイプとハロゲンタイプではカプラーのピンアサインが違って居たりハイビームの動作で想定外の問題が発生して

一瞬焦りましたが、なんとか全て上手く解決出来ました(・ω・;)

エラーも出ていません。

I様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m



20アルファード取り付け完了

既に完成しておりました20アルファードのヘッドライトは本日取り付けが完了しました。

20アルファードヘッドライト2

20はイカリング4灯がとても似合いますね。

加工内容はハイビームにV36スカイライン用のプロジェクター、面発光イカリング4灯、

ウインカーのシーケンシャルウインカー化とサイドに当店ロゴ入れです。

20アルファードヘッドライト1

プロジェクターはバイキセノンなのでロービーム点灯時に4灯点灯と2灯点灯を

簡単にスイッチで切り替え出来る様にしています。

RGBのモノアイも組み込んでいます。



W様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

アクアのヘッドライト取り付け完了

先程取り付けが完了しました。

着手から丸2ヶ月かかってしまいました(・ω・;)

アクアヘッドライト加工3

アクアヘッドライト加工4


バイナルラッピングで全身を包んだもの凄いお車です。

オーナー様は謙遜されていましたが、その世界ではかなりの有名車だと思われます(^^)

ヘッドライトの加工内容ですが、まずレクサスNXの3眼プロジェクターを入れていますが、オーナー様のこだわりで

プロジェクターの化粧板はレクサスUXの物を使っています。

それならUXのプロジェクターを入れれば良いような物ですが、UXのプロジェクターは構造的に加工には不向きなので

こんなコストのかかる方法になりました。

プロジェクターの化粧板は左右色違いのカラーメッキを施工しています。

アクアヘッドライト加工8
アクアヘッドライト加工5

インナーはオーロラカーボン柄の水圧転写仕上げですが、インナー底面にはキャラクターのサインを

チャンネル文字で施工しました。

アクアヘッドライト加工2
アクアヘッドライト加工1

ラインが細いのでレーザーカット時の熱でアクリルが消失するかと思いましたが、

細かなパワーの調整によってなんとか綺麗なラインを作る事が出来ました。

サイドマーカー部分はキャラクターをエッチング加工で光らせています。
アクアヘッドライト加工6
アクアヘッドライト加工7

RGBで色は自在に設定出来ます。

モノアイもRGBを使っていますが、ここはコントローラーを別にしてプロジェクター化粧板のカラーメッキと色を合わせています。

アイラインはRGBからのシーケンシャルウインカー



NXのプロジェクターは電磁ソレノイドを組み込んでバイビーム加工を行っております。



H様、この度は遠いところから当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

完成間近

長期にわたって加工作業を進めておりましたアクアのヘッドライトもあと一息で完成です。

アクアのヘッドライト

この後は殻閉じで完成ですが、最終チェックでインナーとプロジェクターが干渉する事がわかり、

プロジェクターの位置の再調整が必要になりました。

サイドマーカーの光源の飛び出しが想定以上に大きくなった事が原因です。

この段階になってからの干渉発覚は心が折れそうになりますが、ある程度形にならないと

正確なクリアランスの検証が出来無いので仕方有りませんね(-ω-;)

ベンツSLKの方はヘッドライトも完成しました。



外車特有のエラー解除も完璧です。


そしてこちらはJB23Wジムニーのヘッドライトです。

ウインカーをLED化してウインカーポジション化しました。



この後殻閉じして完成です。

お客様から装着画像も届いて居ります。

トールのハイマウント

ダイハツトールハイマウントを加工させて頂きました。

トヨタタンクと共通ですが、中途半端な光り方を改善して端から端まで均一に光る様に加工させて頂きました。

O様、この度もリピートでのご依頼誠にありがとうございましたm(_ _)m

30プリウスのヘッドライト加工

30プリウスのヘッドライトが完成しました。

30プリウスのヘッドライト加工2

上部の透明レンズにアクリルパネルを埋め込んでシーケンシャルウインカーにしました。

光源にはPOWERLEDを使っていますのでアクリルでも強烈に明るく光ってくれます。

そしてインナー下段にはアクリルでL字の発光ラインを製作しました。

デイライトでフル発光、ポジションで減光となります。

イカリングは面発光対応です。

L字発光ライン、イカリングどちらも光源には日亜化学の国産品を使っています。

そしてインナーはブラックカーボンの水圧転写仕上げです。

30プリウスのヘッドライト加工1



I様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

NV350のヘッドライト加工

NV350の社外品ヘッドライトの加工です。

NV350ヘッドライト加工1

NV350ヘッドライト加工2

V36スカイライン用のプロジェクターと面発光イカリング、そしてシリコンチューブを使ったアイラインです。

最近のLEDテープは昔みたいにあまり切れなくなってきましたね。

とは言っても白色はまだまだ安心してお勧め出来ませんが、アクリルよりも格段に安く製作出来るのは魅力的です(^^)

こちらは30プリウスのヘッドライトインナーです。

プリウスのヘッドライト加工


完成までもう少しです。

そしてこちらは8月の末から進めておりますアクアのヘッドライトです。

アクアのヘッドライト加工


3眼プロジェクターの位置も決まり、ようやくインナーのパテ整形とサフ吹きが終わったところです。

こちらも月内の完成を目指して頑張っております(^^)

エクストレイルのヘッドライト加工

昨晩は梅田に向かって走っていましたが阪神高速もいつも混まない様な所で

ババ混みになっていました。あ、そうか、世の中は今日から4連休ですね(・ω・;)

皆さん、コロナに気を付けて経済を回して下さいね(笑)

さて、本日ご紹介させて頂くものはエクストレイルのヘッドライトです。

エクストレイルのヘッドライト3

ポジションは9個の小窓を2個の電球で照らす構造になっていますが、全ての窓にLEDを設置しました。

またノーマルではこの小窓に薄青色のインナーレンズが装着されています。

インナーレンズ

このままだと発光色が青味を帯びてしまいますのでダイヤカットアクリルでインナーレンズも作り直しております。

エクストレイルのヘッドライト2

インナーはツヤ有りの黒で塗装しました。

この加工とは直接関係ありませんが、ちょっと気になった事がありました。

エクストレイルのヘッドライト1

赤で囲んだ5箇所は呼吸口で、本来ならここにキャップが付きます。

しかしキャップがあるのは水色の1箇所だけで、他の5箇所は穴が貫通していません。

つまりダミー的な物です。

このライトに限りませんが実はちょくちょくこの様な物を見かけます。

本当に呼吸口が1個で絶対に結露しないのであれば別に良いのですが、

今までの経験上、この大きさのライトに1個の呼吸口ではかなり結露を起こす確率が高く感じます。

そうかと思えば、30後期型アルファードの様に8個も呼吸口がある物も有ります。

こんなに要る?って思いますが、多い方が絶対結露は起こりにくくなりますので安心です。

今回は転ばぬ先の杖で、片側2個のダミーを貫通させてキャップを被せておきました。

廃ライトから外して保管していた物がこんな時には役に立ちます(^^)

でも何故5つもダミーを作っているのか本当に謎です。

呼吸口が多い事のデメリットなんてあるのでしょうか?

誰か教えて下さい(笑)

入庫車両はベンツAMGのSLです。

ベンツSL

4輪ウマで上げて作業中です。

またご紹介させて頂きます(^^)

BMW F10のヘッドライト

製作中のBMW F10のヘッドライトが完成しました。

切削加工にとにかく時間がかかってしまいました(・ω・;)

BMW F10のヘッドライト加工1

このヘッドライトに合わせた専用設計になります。

BMW F10のヘッドライト加工2

側面のヘアラインが綺麗です。

コーナリングランプもプロジェクターレンズを装着してモノアイ4灯にしました。

モノアイはRGBです。



円形のイカリングよりも今風な感じになりますね。


入庫車両はレクサスHSです。

社外品のLEDチューブの取り付けのご依頼でした。



私は中華製のこの様な商品は積極的には使っておりませんし、お勧めもしておりません。

光量も弱い上に信頼性も担保出来無い事が理由です。

しかしリスクをご理解頂いた上でどうしてもと言う場合はお受けする事もあります。

実際この様な製品は国産品を使うと言う選択肢がありませんからね(>ω<)

しかもコスパはなかなかの物です。

メインスイッチON後のオープニングアクションもありますし、シーケンシャルウインカー機能もあります。

RGBで流れたり多彩なプログラムが内蔵されています。

ドレスアップと割り切ればこれはこれで有効な選択肢になってきますね(^^)

そしてお客様から装着画像も頂いております。

30アルファードのヘッドライト加工2

30アルファードのヘッドライト加工1

5年ほど前に製作させて頂いたヘッドライトですが、転売品を購入されたお客様から手直しのご依頼が有り対応させて頂きました。

当店製作品は転売後も勿論修理対応はさせて頂きますのでヤフオク等で転売されている

中古加工ライトでも安心して購入して頂ければと思います。

O様、いつもありがとうございます!

BMW M3のヘッドライト加工

誠に勝手ながら明日の9月12日(土)と9月13日(日)は連休となります。

メールの対応は9月14日(月)になりますのでご理解頂ければ幸いです。


製作しておりましたBMW M3のヘッドライトが完成しました。

BMW M3 ヘッドライト2

社外品のイカリングキットの取り付け、社外品インナーアイラインの取り付け、及び塗装作業です。

BMW M3 ヘッドライト1

このヘッドライト用のキットなので簡単に取り付け出来ると思っていましたが大きな間違いでした(・ω・;)

普通にプロジェクター化粧板の上にイカリングを取り付けて組み上げると

外側の大きな方のイカリングがカバーに干渉する事がわかりましたのでプロジェクターの化粧板をカットして

化粧板にイカリングが食い込む様に取り付けましたが、あまり裏側に出してしまうとイカリングの背面に

プロジェクターのレンズがレベリングやAFS動作で動くときに干渉してしまいます。

カバーにもプロジェクターにも干渉しない位置にセットしなければなりませんが、この許容値が3mmあるかないかと言うレベルです(xωx)

この様な場合は何度も組み合わせて確認して調整を繰り返す必要があります。

まあ社外品キットなのである程度は仕方の無い部分ですが、今回は本当に骨の折れる作業になりました。


並行してBMW F10のヘッドライト加工も進行中です。

こちらはキットでは無く当店で専用サイズでのイカリング製作になります。

BMWイカリング

現在発光フェイス部分の切削作業中ですが、この作業だけで機械の稼働時間は60時間を越えます。

失敗して作り直しになるともう目も当てられませんので無事完了を祈るのみです(笑)

アクアのヘッドライト加工

大きな加工の作業にかかりっきりになっておりましたので久しぶりのブログになりました(xωx)

アクアヘッドライトにNXの3眼プロジェクターのインストール加工です。

アクアのヘッドライト加工

プロジェクター本体はNX用ですか゛、化粧板はUX用を使うと言うコストも手間もかかった加工になっています。

勿論NXのプロジェクターはバイビーム加工済みでハイビーム機能も備えます。

やっとプロジェクターの位置決めが終わりこれからインナーなどの加工になります。

完成は余裕で来月に入ってしまう予定です。

並行してBMWのヘッドライトも2台分加工中です。

こちらもまたご紹介させて頂きます。

そしてメルセデスE53 AMGです。

E53 AMG

ダイヤモンドグリルをなんとかしてやろうと言う何年越しの計画も進めていこうと思います。

いつになるやらまだかなり先の話になりそうですが、こちらもまたご紹介させて頂きます(^^)

ヘッドライトの車両入れ替え

4年ほど前に製作させて頂いたRCオデッセイのヘッドライトですが、

新しいオーナー様の車両に取り付けさせて頂きました。

RCオデッセイヘッドライト加工

旧オーナー様が事前に当店にお持ち込み頂き、本日新オーナー様がご来店、取り付けとなりました。

簡単な物なら良いのですが、このレベルの作り込み(流れるLEDやシーケンシャルウインカー系)になると

誤配線でコントローラーを壊してしまうことがちょくちょくあります。

転売されたヘッドライトを購入された際は出来れば今回の様に当店で取り付けさせて頂くか、

あるいは有償にはなりますが配線図や取り付け説明書をお求め頂くのが安心です。

ただあまりに古い物につきましては当店にデータが残っていない場合もございます。

その場合は現物をお送り頂き、現物を確認した上で配線図を製作させて頂くことになります。

何卒ご理解頂ければ幸いです(^^)

レクサスLS600hのヘッドライト加工

レクサスLS600h前期型ヘッドライトの加工です。

凄く久しぶりの加工ですが、プロジェクター化粧板の裏側にイカリングを組みました。

レクサスLS600hのヘッドライト

ウインカーもシーケンシャルウインカー化。



ノーマル復帰も簡単なので車検も安心です。

K様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m
プロフィール

エルコボ

Author:エルコボ
大阪堺市のヘッドライト加工、テールランプ加工、

シーケンシャルウインカー加工の専門店エルコボのブログです。

過去のブログはこちらからご覧頂けます。

エルコボサイト

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR