FC2ブログ

220クラウンのヘッドライト移植

今回の移植プロジェクトは新型の220系クラウンのヘッドライトです。

単眼ヘッドライト装着車両に3眼ヘッドライトを装着出来る様に3眼ヘッドライトを改造させて頂きました。

220クラウンヘッドライト移植

上が3眼ヘッドライト、下が単眼ヘッドライトになります。

3眼ヘッドライトにはシーケンシャルウインカータイプとノーマルウインカータイプが有り、

更に種類が増えてややこしくなりましたね(xωx)

内部回路は全て解析完了して単眼ヘッドライト装着車両の上で動作する様にたくさんの電子部品を使って改造しています。

しかし、最近の車は選択肢が多くて大変ですね。

新車を買ったら思って居たのと違うヘッドライトが付いて居たなんて悲劇が実際に起きて居ます。

ディーラーのセールスマンさんでさえよく分かっていない事もありますもんね。

グレードが多すぎて本当にややこしいです。

ディーラーオプションと違ってヘッドライトはグレードが変わると

通信システムやハーネスが違うので後から変更も出来無い(・ω・;)

でも殆どの場合、同じ方法で移植は出来るケースが多いです。

お困りの方はお気軽にご相談下さいね~(・∀・)


早速色々と

年明け早々、たくさんの作業を進めさせて頂いております。

年末にチラッと紹介させて頂いたヴェルファイアのヘッドライトは完成して発送させて頂きました。

ヴェルファイアのヘッドライト加工

上段のL字はアクリルワンオフで、POWERLED仕様です。

大変明るいシーケンシャルウインカーになっています。





50末期型エスティマのテールランプは久しぶりにイベント用リレー機での

流れるウインカー加工です。

レンズカットの位置にLEDを合わせるのにちょっと苦労しました。

3D曲面は本当に難しいです(xωx)






こちらは新型の220クラウンのヘッドライトです。

220クラウンヘッドライト

もうアダプティブは当たり前になってきましたね(・ω・;)




最後はインスパイアの社外品テールランプです。

シーケンシャルウインカーとバックランプのLED加工です。



この他にも続々と進行中です(^-^)/






E52のヘッドライト完成

入庫中のE52エルグランドのヘッドライトが完成しました。

E52エルグランドヘッドライト2

上の写真はデイライト点灯時です。日亜のLEDをびっしり敷き詰めていますのでとても明るく光ります。

ポジション点灯でイカリングも光ります。

E52エルグランドヘッドライト1

ミラーウインカーは社外品をベースにしてヘッドライトとお揃いのデザインでアクリル加工。

E52エルグランドヘッドライト3

シーケンシャルウインカーはPOWERLEDをびっしり並べて居ますので、アクリル加工でありながら

強烈に光ります。ミラーウインカーもPOWERLEDを使いました。

そしてこの加工最大のギミックはウインカー点灯中は消灯するアイラインが復帰点灯時に流れます。



これ、お客様の発案ですが、めちゃくちゃ格好良いです(・∀・)

ドイツ車あたりが純正採用しそうなギミックです。

きっと無意味にウインカーを出したくなる事でしょうね(笑)

お客様のアイデアと言う物は本当に貴重なものだと改めて感じた加工でした。

コントローラーには簡単にノーマル状態に戻せるスイッチも付けています。

スイッチ1個で簡単に操作できる様に拘って製作しました。

回路設計が大変でしたが良い物が出来た時の達成感は半端ないですねv(o゚∀゚o)v


本日は勝手ながら17時で閉店させて頂きます。

17時以降にお送り頂いたメールは月曜日に返信させて頂きます。

申し訳ありませんがよろしくお願い致します。



レクサスIS30系の前期後期スワップ

先日加工させて頂いたレクサス30系ISの前期車両に後期ヘッドライト移植です。

装着が完了したとのことでお写真をお送り下さいました。

k様、この度は誠にありがとうございましたm(_ _)m

加工前の前期型の状態

レクサスISヘッドライト移植3

これに後期ヘッドライトを搭載してこうなります。

レクサスISヘッドライト移植2

ちょっと写真ではわかりにくいですが3眼プロジェクターになります。

レクサスISヘッドライト移植5

ヘッドライトはすんなり載り、エラーも出ませんが、バンパーの取り付けではかなりご苦労があった様です。

バンパーの交換に伴ってL字のポジションランプも後期型に変更となります。

ポジションランプは前期型と後期型では形状もよく似ていますし、カプラーの形状や配線の色も全く同じです。

レクサスISヘッドライト移植4

上側が前期型、下側が後期型です。

しかし、装着して点灯すると動作がおかしいとご連絡頂きました。

ポジションは全く触って居ないのでノーマルのままです。

カプラーも配線色も全く同じなのでカプラーONで互換がありそうに思えますが、

実は制御が全く異なります。

前期後期両方のポジションランプをお送り頂き、双方解析の上、変換回路をワンオフで製作して無事解決となりました。

レクサスISヘッドライト移植1

上側はデイライトフル発光、下側はポジション減光発光となります。

詳しいことは非公開とさせて頂きますが、ポジションの後期型はGSもそうですが、パルスを上手く使えないと解決出来ません。

この成功を以てレクサスの移植加工は

・10系GS前期←→後期移植
・20系RXの単眼←→3眼移植
30系ISの前期←→後期移植

については問題無く可能となっております。

今後はRCの単眼←→3眼にトライ予定です。

またその時には報告させて頂きますね~(・∀・)






RB3オデッセイのヘッドライト

オデッセイRB3のヘッドライト、いきなりですが完成写真です。

RB3オデッセイヘッドライト加工2

RB3オデッセイヘッドライト加工1

今回は210マジェスタの2連LEDプロジェクターをインストールしました。

LSの3連よりも横幅が狭いので無理なく入ります。

本当に自然に綺麗に収まってくれました。

ハイビームにはV36スカイラインのプロジェクターです。

光軸もきちんと出る様に製作させて頂きました。

M様、ご紹介頂いたS様、この度はどうもありがとうございましたm(_ _)m


装着画像も届いております。

ヴェルファイアデイライト1

社外品のデイライトですが、デイライトとして使うには光量が暗いと言う事で加工させて頂きました。

ツブツブの発光はお好みでは無いと言うことでアクリルを使う事になりましたが、アクリルは光量を減衰させますので

光源にはPOWERLEDをびっしりと並べてこれでもかと言う明るい物を作りました。

使ったLEDの性能的にはこの倍は明るく出来ますが、長時間の発熱テストの結果、

発熱が大きすぎてLEDの寿命が危惧されましたので少し電流値を落としています。

これでも充分明るいので無理は禁物ですね(=∀=)

ヴェルファイアデイライト2

メッキのインナーはオーナー様に送り返し、スモーク塗装された上で再送頂きました。

ヘッドライトインナーともバランスが良くなったと思います。

T様、いつもありがとうございます( ̄^ ̄)ゞ

E52エルグランドのヘッドライト加工

E52後期型ヘッドライトです。

E52エルグランドヘッドライト加工2

インナーはブラックカーボンの水圧転写仕上げ。

E52エルグランドヘッドライト加工3

少し前に完成していましたが、ようやく取り付けが完了しました。

ウインカーはアクリルを使ったシーケンシャルウインカーですが、アクリルによる光量減衰を考慮して

POWERLEDでの製作を提案させて頂きました。

加工料金は高くなってしまいますが、安全性はもちろんの事、明るいウインカーはそれだけで

高級車のイメージがあります。この例でもベンツ並みの爆光ウインカーとなっております。



テールランプとミラーウインカーの加工も同時にさせて頂きましたが、取り付け作業では泣きを見ました(T_T)

ヘッドライトとテールランプは配線の敷設やリレー機の取り付け含めても3時間ほどで終わったのですが、

ドアミラーが片側4時間もかかってしまいましたw

シーケンシャルウインカーなのでリレー機の配線引き込み作業がありますが、ドアミラーASSYの

ドアからの取り外し、ミラーの分解のなんと大変な事。゚(゚´Д`゚)゚。

慣れてしまえばなんてこと無いのですが、ネジの位置探しに始まって、カバーのツメの外し

ハーネスクランプの取り外し等々、今まで触ってきた色々なドアミラーの中でも最強に手強い相手でした。

オーナーのI様、ご紹介頂いたI様、この度はどうもありがとうございましたm(_ _)m


最近何かと話題の日産ですが、車体の構造もあちこちで欧州車の製造手法が増えていますね。

ランプもValeo製の物があったりトルクスネジの多用等を見るともう純日本のメーカーではないのだなと

しみじみ感じますw(゚o゚)w

L型エンジンにぞっこんだった世代にとってはなんとも寂しい限りですね(´・_・`)


フェラーリのヘッドライトの珍事

定番の修理依頼、フェラーリカリフォルニアのヘッドライトです。

ウインカーのレンズ脱落です。

フェラーリカリフォルニアヘッドライト2

取れたレンズがインナーとレンズの間に挟まっています。

構造的な問題があり、この修理依頼、大変多く頂いております。

修理の方はもう慣れた作業なので何も問題無いのですが、お客様からヘッドライトのモーターのエラーが

出ているのでそちらも一緒に見て欲しいと言うご依頼です。

モーターが壊れている様な場合だと修理不可能ですが、配線系の問題ならなんとかなる場合もありますので

分解してよくよく観察してみました。

何か違和感が有ります・・・・・

最初は気がつきませんでしたが、左右見比べてびっくり。なんと右だけモーターがありません(・ω・;)

フェラーリカリフォルニアヘッドライト1

左側はAFSのモーターとオートレベライザーのモーターがプロジェクターの下にあるのですが、

右側はここが空白になっています。

カプラーもモーターが無い分配線が少ないです。

フェラーリカリフォルニアヘッドライト3

国産車だと下位グレードでこの様な廉価版が存在する場合がありますが、これは一体どういう事なでしょうか。

右だけ基準の緩いアメリカ仕様かとも疑いましたがプロジェクターには左右とも左上がりの遮光板が入って居ます。

年式の違い?グレードの違い?

何なのかはわかりませんが、左右でタイプの違うヘッドライトが取り付けられている事は間違い無いです。

モーターが無いのだからエラーが出るのは当然ですよね。

特殊な車なので情報も少なく、まだ判然としていません。

加工作業の方は色々と進行中です。

もう年末が見えてきましたのでこれから納期との戦いです。

こちらは86の社外品テールランプです。

良く見かけるタイプですね。

インナーの水圧転写加工になります。

86のテールランプ

点灯部分はそのままですが、これだけで質感がかなりUPします。

こちらはポルシェカイエン現行型のヘッドライトです。

ポルシェカイエンヘッドライト

こちらも同様にインナーの塗装だけです。

ドイツ車らしいシルバーメタリックで仕上げました。

インナー塗装、水圧転写、どちらも当店では塗料の揮発成分の残留成分をヒーターで完全に飛ばしてから組み上げます。

乾燥させる時間がかかるので少々工期が延びますが、これを怠るとレンズ白濁の原因になります。





ヘッドライトのステー補修

意外と知られていないかも知れないのでちょっと紹介させて頂きます。

取り付けステーの折れたヘッドライトの修理方法です。

ヤフオクに安くて良いのがあってもステーが折れていたり、運送事故で折れたり

何かと悩ましい物ですよね。

ステー補修済みと書かれた物を買っても全く強度の無い補修品もたくさんあります。

実はこのステー、純正で補修パーツが出ているライトもたくさんあるんです。

トヨタ系は殆ど補修出来ると思います。

ヘッドライトの裏側にこの様なねじ穴があれば補修ステーが存在します。

ヘッドライト補修ステー1

こんなパーツです。

ヘッドライト補修ステー3

これを例のねじ穴に付属のネジで固定するだけです。

ヘッドライト補修ステー4

これはC-HRのヘッドライトのセンター側のステーですが、補修前はこんな状態でしたが・・・

ヘッドライト補修ステー2

ステーを付けて

ヘッドライト補修ステー5

完全復活です(・∀・)

エラそうに講釈垂れていますが、恥ずかしながら実は私もわりと最近まで知らなかったんですよね(笑)

ヘッドライトの裏にある謎のねじ穴は一体何なのかと、ず~~~~っと気になっていましたが、

これを知ったときは感動物でしたwww

最近はヘッドライトも大型になっていて運送事故でステーが折れる事が大変増えていますので

こうやって復活出来るのは嬉しいですね♪





C-HRのヘッドライト加工

C-HRのハロゲンタイプのヘッドライト加工です。

C-HRヘッドライト加工

ポジションランプを除去して幅一杯にウインカー&ポジションを作りました。

ウインカーのレンズは3D切削で製作しています。

3Dレンズ製作

勿論ウインカーはシーケンシャルウインカーです(^-^)/




クライスラー200C

300Cは良く知られていますが、200Cなんて今までに見たことがありません。

大変レアな車両ですw( ̄o ̄)w

クライスラー200Cヘッドライト加工2

アメ車並行車に多いパターンでウインカーが常時点灯します。

ハマーなんかだとダブル球でウインカーポジションになっていますが、

この車はウインカーがデイライトになっています。

しかもウインカーはダブル球なのに5Wのほうのフィラメントは使っていません。

なんとも不可解な仕様です(°_°)

これが気に入らない当言う事で、ウインカーはウインカー専用に回路変更、

そしてアイラインのポジションラインをデイライトとして強発光させて欲しいというご依頼です。

ポジションラインは国産でも良くありがちな、樹脂ファイバーの両端からLEDの光を入力する

エッジライト式なので光源のパワーを上げてもあまり効果はありません。

その為,ラインの裏側に日亜さんをびっしりと並べて光らせています。

クライスラー200Cヘッドライト加工1

ベンツ並みに強烈に明るくなりました。

プロジェクターのバーナーも今までHIDやLEDバルブに交換すると点滅すると言う事でした。

確かに点灯させると高速で点滅します。

そしてもう一点、プロジェクターを点灯するとナビが誤作動を起こすと言う事です。

この車、バッテリーが左のヘッドライトの真下にあります。

大変変わったレイアウトになっています。

恐らく社外品HIDバラストから出る電磁波が電源ラインに飛んで悪さをしていると思われましたので

その対策も行いました。

安物のHIDキットは色々と悪影響が出る物もありますので要注意です。


30アルファード

30アルファード前期型ヘッドライト、テールランプの加工です。

30アルファードヘッドライト加工

ヘッドライトはサイドマーカーを作り、アイラインの光量UP加工を行いました。

アイラインはポジションランプになりますのであまり明るすぎると車検NGになります。

コントローラーで光量は任意に設定可能です。



テールランプの方はブレーキランプを増設しました。

30アルファードテールランプ加工1

以前にも紹介させて頂いた加工ですが、3D切削でコーナーテールと同じレンズを複製していますので

まるで純正の様に見えます。

30アルファードテールランプ加工2

レクサスIS30の後期型ヘッドライト移植も無事に完成しました。

レクサスIS後期ヘッドライト移植

後は装着して動作確認ですが、多分問題無さそうです(・Д・)ノ




レクサスIS30系のヘッドライト後期移植

前期後期移植の新しい車種です。

今回はレクサスIS30系になります。

前期型ヘッドライトがこれです。

レクサスISヘッドライト後期移植3

そして移植する後期ヘッドライトがこちらになります。

レクサスISヘッドライト後期移植1

3眼プロジェクターですね。

この手の加工は分解してみるまでわからない部分もありますが、今回も問題無く移植出来る事が判明。

移植ついでにモノアイ加工も.゚+.(・∀・)゚+.

レクサスISヘッドライト後期移植2

多眼プロジェクターはモノアイが大変効果的です。

色んな意味でイカリングよりもモノアイをお勧めしています。

イカリングも昔ほど流行らなくなりましたしね(・ω・;)

何事も時代の流れを感じます。


こちらは現行の50エスティマのバックドアのセンターガーニッシュの加工です。

前期などと同じく点灯しないので点灯させる加工を行いました。

50エスティマセンターガーニッシュ1

テールランプ側と点灯感を揃える為に敢えてLEDのツブツブを見せています。

ツブツブ発光と面発光の間の点灯感を狙っています。

消灯時も見映えを揃える為に赤のカラーアクリルを使っています。

50エスティマセンターガーニッシュ2


3D加工でレンズ製作も進めております。

3D切削レンズ

何のレンズかはまた近いうちにご紹介させて頂きますね~(・∀・)




サンバートラック

ランプ単体は少し前に完成していましたが、車体側の加工も必要になり、

ようやく取り付けが完了しました。

ド迫力の軽トラですW(`0`)W

サンバーテールランプ加工

サンバーヘッドライト加工

ヘッドライトは純正加工ですが、テールランプは純正から型を取り、アクリルだけでゼロから製作しています。

一文字なので流れると圧巻です。



N様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました!

ご紹介頂きましたA様にも心より感謝申し上げますm(_ _)m



そして好評のレクサスGS後期移植です。もう何台作ったか数えきれませんw

中古ライトがお手頃価格で入手出来る様になってきた事も大きいですね。

今回はウインカーのポジション点灯とサイドマーカー点灯の加工を追加です。



勿論後期車体装着の場合でも同じ加工は可能です(*´ω`)┛



C-HR完成

C-HRのヘッドライトが完成しました。

C-HRヘッドライト加工

アクリルのサイドマーカーと導光板の青の発光色が目を引きますね。

インナーは白と黒でツートン塗装。

C-HRヘッドライトインナー塗装

モノアイはHIDプロジェクター同様にプロジェクター点灯時は自動で消灯させていますが、

CAN通信型のライトはプロジェクター点灯のトリガーの取り出しが簡単ではありませんが、

その辺りは完璧に対応させて頂きます。

プロジェクター点灯時にモノアイが同時点灯していても意外と気がつかないかも知れませんが、

私の小さなこだわりです(*´ω`)┛

インナーの塗り分けも良い具合になったなと思います。

C-HRのヘッドライト加工11

入庫しておりましたM3も無事完成してお引き渡しも完了しました。

M3ヘッドライト加工

インナーの塗装でフロントが引き締まりました。

Y様、この度は遠路当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

BMW M3ヘッドライト加工1


30アルファードBEFOR、AFTER

お客様より装着画像が届きましたのでご紹介させて頂きます。

連日たくさんのお問合せを頂いております30アルファードの前期後期移植です。

後期型ヘッドライトは2眼プロジェクター+シーケンシャルウインカーをチョイスされました。

お馴染みの前期型の顔です。

30アルファードヘッドライト移植1

そしてAFTER画像がこちら。

30アルファードヘッドライト移植2

同じお車なのでどれだけ顔が変わるか大変わかりやすいですね。

K様には心より感謝申し上げます(*^_^*)

ところで後期型ヘッドライトはバンパーがエアロタイプかノーマルタイプかによって品番が変わります。

この赤で囲んだメッキのパーツの形状が違います。

30アルファードヘッドライト

メッキパーツだけ入手出来るのでもし間違えてもそこだけ交換すれば良いのですが、

無駄になるのでご注意下さいね(・ω・;)

話変わって入庫車両はM3です。

BMW M3

どうやらヘッドライトはM4と共通ですね。

M4と言えば以前のゾッとする作業を思い出しましたが、

今回はネジの錆びも無くすんなりと外れてくれました。

ラッピングが施工されていますが、オーナー様のDIYだそうです。

プロ顔負けの綺麗な仕上がりにちょっとビックリ!

やっぱりMは格好良いですね~(* ´ ▽ ` *)


ベンツC63AMGのヘッドライト加工

ベンツC63AMGです。

ベンツC63ヘッドライト加工2

インナーの塗装だけですが同型車のオーナー様から見ればその違いは一目瞭然ですね。

ベンツC63ヘッドライト加工1

ベンツのヘッドライトに限りませんが、ヘッドライトインナーはメッキ処理や塗装をしていない物が結構あります。

樹脂の素地がそのまま見えるので安っぽく感じてしまう物も有ります。

今回はインナーを分解してメッキパーツはそのまま残し、グレーの樹脂だけグロスブラックで塗装しています。

ベンツC63ヘッドライト加工3

写真の上の大きな2パーツですね。

赤で囲んだメッキパーツもオーナー様は塗装を希望されていましたが、このパーツ、

プロジェクターから放出される照射光が予想以上に当たるので断念させて頂きました。

光が当たると黒の塗膜は熱を吸収しますので、長期的には塗膜の変質が危惧されます。

良くあるのは塗膜の「浮き」ですね。

このお車はHIDプロジェクターですが、最近のLEDプロジェクターはHIDプロジェクターと比べても

特に黒の塗膜に対して攻撃性が強いので、たかが塗装だけと言っても

色々と考えなければならない部分が増えています。

M様、この度は遠路はるばる当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m


装着画像

お客様より装着画像を頂きましたのでご紹介させて頂きます。

レクサスGSヘッドライト移植1

レクサスGS前期車両への後期ヘッドライト移植加工です。

前期型のHID単眼ヘッドライトから後期型LED単眼ヘッドライトへの移植です。

レクサスGSヘッドライト移植2

BEFOR、AFTERの比較写真も頂きました。

I様、この度はどうもありがとうございました(^^)

今回のケースでは後期ヘッドライトは単眼をチョイスされていますが、

前期HIDから後期3眼への移植も問題無く可能です。

前期後期共に複数の選択肢がありますが、どの様な組み合わせでも可能となっております( ̄^ ̄)ゞ



話変わって、いよいよF1の日本グランプリも始まっていますね。

アップデートされたホンダエンジン、かなり期待が出来そうで楽しみです(・∀・)

来年のレッドブルとのタッグも今から楽しみでたまりませんわ~w



20ヴェルファイア

久しぶりに20ヴェルのヘッドライト加工です。

20ヴェルファイアヘッドライト加工2

ハイビームは間接照明です。なんかこのワザも超久しぶりに使いましたW(`0`)W

アッパーの3本ラインはダイヤカットのアクリルを使っていますが、このアクリルは消灯時、

中身が透けて見えてしまうので裏側にハーフミラーのアクリルを入れてステルス処理をしています。

20ヴェルファイアヘッドライト加工1

ポジション部分は定番のシーケンシャルウインカー化です。



そしてこちらは50プリウスのフロントグリルです。

お馴染みのナイトライダー加工です。



取り付けはまだ少し先になります(・Д・)ノ


RB3完成

入庫中のRB3のヘッドライトが完成しました。

オデッセイRB3ヘッドライト加工1

オデッセイRB3ヘッドライト加工4

3連プロジェクターは光源のLEDを交換して高ケルビン化&光量のUPも行っています。

V36プロジェクターはロービームでも点灯させていますので、ロービーム時は8連点灯になります。

光軸、カットラインもばっちりで明るく地面を照らしてくれます。

↓ロービーム時

オデッセイRB3ヘッドライト加工2

フォグは点灯していません。

カットラインがきちんと水平になっているので対向車に迷惑なグレア光も皆無です。

↓ハイビーム時

オデッセイRB3ヘッドライト加工3

光が水平に飛んでくれているのがおわかり頂けると思います。

見た目の格好良さと実用性UPにもなる加工となりました。

加工料金は決して安くありませんが、本物のレクサスの3連プロジェクターだからこそ出来る内容です。

V36に使うD2SバーナーはLEDバルブに変更しました。

4灯常時点灯の前提がありましたので、ライト点灯時に内部の高温を少しでも下げたい思いがあります。

最近の社外品のLEDバルブの性能は凄いですね。こんなに明るいバルブならHIDにもひけを取っていないです。

LEDチップが高性能な物がたくさんありますので、明るくするだけなら比較的簡単に出来るのでしょうが、

どこのメーカーさんも放熱にご苦労されていることが良く分かります。

色んな工夫があるもんだな~と感心して見ておりました。

今回使ったバルブはバルブ後方に複数のプレートが有り、それを広げて放熱すると言う物。

う~ん、凄く理にかなっていますw(゚o゚)w

ただ、加工ライト故、プロジェクターの後方に充分な空間が有りません。

ここでプレートを展開しても恐らく充分な放熱は期待出来無いと思いましたので、

プレートを冷却する電動ファンも追加で設置しました。

3連プロジェクターもLEDの打ち替えで発熱が増えていますので、これとは別にファンを設置しています。

耐久性も充分安心してお渡し出来る内容で仕上げさせて頂きました。

F様、この度は当店をご利用頂き誠にありがとうございました(^∇^)ノ




18マジェスタのヘッドライト完成

少し前から進めておりました18マジェスタのヘッドライトが完成しました。

18マジェスタヘッドライト1

レクサスNXの3眼を入れました。

勿論きちんと点灯しますし光軸調整も可動します。

取り付けは純正カプラーONで超簡単です。

インナーはパテ整形&水圧転写仕上げです。

移植なので仕方無いですが、形状にかなりの矛盾があるので苦労したポイントです。

ポジション部分はデイライト&シーケンシャルウインカー化しています。



そしてまたまたレクサスGS後期移植です。

今回も追加でシーケンシャルウインカー化も行っています。



スイッチで車検対応もぬかりなく行っています(^∇^)ノ

オデッセイRB3

現在の入庫車両オデッセイRB3です。

ヘッドライト加工テールランプ加工同時進行中です。

ヘッドライトは久しぶりにレクサスLS600の3連プロジェクターを入れました。

何年ぶりでしょうか、このプロジェクターを触るのは(*^_^*)

モノアイ、青眼加工、イカリングとフル装備です。

オデッセイRB3ヘッドライト加工

ハイビームにはV36スカイライン用のバイキセノンという定番の組み合わせです。

バイキセノンもLEDバルブで光らせますのでオールLEDになりますね。

すでにこの段階でカットラインの水平、ハイビームとロービームの光軸の一致作業は済ませてあります。

インナーの加工がまだ時間がかかりますので完成はまだかなり先になります。

レンズを貼り合わせる前に一旦車体に取り付けて光軸の確認、調整も行っておきます。

テールランプも定番の4灯化。

オデッセイRB3テールランプ4灯化

もうこの加工は数え切れないほどさせて頂いております。

ダミー部分もきちんと光らせています( ^ω^ )

レクサスGSのヘッドライト移植

毎度お馴染みレクサスGSのヘッドライト前期後期移植です。

今回は前期型がHID単眼

レクサスGSヘッドライト移植1

から後期型はLED単眼タイプ

レクサスGSヘッドライト移植2

になります。

GSのこのタイプは初めてお目にかかりました。

最近はヘッドライトのバリエーションも多くなっているので

形式、年式、グレードだけの情報では特定出来無いケースもあります(´・_・`)

移植加工はこの組み合わせでも問題無く完了。

加工ついでに追加加工として

青眼加工(プロジェクター内部塗装)

レクサスGSヘッドライト移植3

モノアイ、サイドマーカー加工もさせて頂きました。

レクサスGSヘッドライト移植4

最近の純正ヘッドライトは最初からポジションがライン発光だったり、

シーケンシャルウインカーが標準装備されていたりで

段々と触れる場所が減って来ていますね。

元々が完成された良いデザインの物が多いのでこの様な小技加工がこの先は増えて行きそうな気がします。

10年前には想像していなかった流れになってきましたね。

とは言いつつ、イベント用のハード加工もまだまだたくさんの受注があります。

こちらは約2ヶ月かかりましたがようやく完成しました。

サンバートラックのヘッドライトです。

サンバーヘッドライト加工

少し前にはテールランプの方を紹介させて頂きましたが、センターコンソールボックスに内蔵の

専用コントローラーでヘッドライトもテールランプも一括制御しています。



公道走行からイベント会場入りした時の切り替えが大変簡単です(*^_^*)




サイドマーカー加工

比較的お手軽にイメージを変える事が出来るので人気のサイドマーカー加工です。

レクサスでは特にUS共通で国内向けは殺してあるので光りそうで光らない(゚д゚)

現在加工中のレクサスGS後期型単眼プロジェクタータイプの例です。

レクサスGSサイドマーカー

前期後期移植加工中のライトですが、ついでなので提案させて頂きました。

こちらはレクサスISのヘッドライトです。

レクサスISサイドマーカー2

敢えて点が1個光って居る点灯感をご指定頂きましたのでLED1発で光らせています。

こちらは過去の例ですが、同じライトで面発光させた例です。

レクサスISサイドマーカー1

全く同じライトなので比較してみると面白いですね(^∇^)

ところでこのISのライト、またもや破損事故に遭遇しました(>_<)

オートレベライザーモーターが壊れています。

破損事故

運送会社はお決まりのS急便。

梱包もお決まりのヘッドライト2個を1つの箱に入れたパターンです。

この2パターンの組み合わせは破損事故率がメチャクチャ高いのでご注意下さいね(^^)

装着写真も届いております。

先日加工させて頂いたN-WGNのテールランプです。

N-WGNテールランプ加工

N-WGNテールランプ加工2

Y様、今回もリピートでのご依頼誠にありがとうございましたm(_ _)m




レクサスRXヘッドライト移植完了

先日完成したレクサスRXの3眼ヘッドライトですが、発送後すぐに装着して頂きましたが、

エラーが出るとの報告が(((( ;゚д゚))))アワワワワ

とは言ってもこれは想定内の事で、お客様にも事前に説明させて頂いておりました。

過去に実績の無いものは現車入庫でなければ1発でエラーが消えない事があるんですよね。

たまたまこちらの車庫にも空きが出来たのですぐにでも対応させて頂きますと伝えた所、

なんと東京から速攻で飛んできて頂きました。フットワークのあまり軽さに驚きですW(`0`)W


早速確認させて頂きました。

レクサスRXメーター2

確かにヤツが出てますね。

いつ見ても心臓に悪いメッセージです(笑)

メッセージが出るタイミング、状況によってエラーの原因は変わりますが、今回のエラーの原因は

入庫前から100%特定していました。

今年に入ってから色んな車種で色んなパターンの移植をさせて頂いておりますので

どこがどうなったらどんなエラーや不具合が出ると言う事はほぼ把握出来ています。

ある部分の設定を見直し、エラーは完全に消えました。

レクサスRXメーター1

勿論ライト側は全てのパートが正常に点灯します。

レクサスRXメーターヘッドライト移植

常に説明させて頂いておりますが、移植にエラーはつきものです。

60ハリアーや30アルヴェルの様に単一車種で大量に実績のあるものはエラーの心配はありませんが、

過去に実績が無いものや、有っても1台2台の物では分母が少ないので確実性に欠けます。

装着後にエラーが出た場合は事後の有料での対応とさせて頂いております。

場合によっては当店までご入庫して頂く必要が出る場合もあります。


お客様談ですが、フロント周りをFスポーツ仕様にしたら単眼ライトの違和感が半端なく、

どうしても3眼ヘッドライトを入れたいと言う気持ちになったとの事です。

当店に問い合わせを頂くまであちこちのショップで移植の問い合わせをされたそうですが、

全て断られあきらめ半分で最後に当店にお問合せを頂いたとの事で大変なお喜び様でした。

こうやって喜んで頂けるのはこの仕事をしていて最高に喜びを感じる瞬間でもあります(・∀・)

S様、この度は遠路ありがとうございました。

また何か御座いましたら今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m



即納可!新品30ヴェル後期型ヘッドライト

早い者勝ちの1点限りです!

30ヴェルファイア後期型ヘッドライトです。

30ヴェルファイアヘッドライト移植2


2眼プロジェクター+シーケンシャルウインカータイプのヘッドライトです。

30ヴェルファイアヘッドライト移植3

30ヴェルファイアヘッドライト移植1


前期車両で動作する様に改造済みになりますので後期型車両には取り付け出来ません。

ベースは新品未使用品です。ディーラーでの定価は左右で324000円、それに当店での加工費が91800円。

加工に必要な部品代金も含めると更に4~5万円程度必要になりますので

総計46万円前後の品になりますが、今回込み込みで36万円で販売します。

送料だけ別に下さいね。

即納可能です。

ご希望の方はこちらからお問い合わせ下さい(^-^)/

レクサスRXのヘッドライト移植

今回はレクサスRX移植加工になります。

元々は単眼プロジェクターのライトが装着されています。

レクサスRXヘッドライト移植2

この車体に3眼プロジェクターのヘッドライト移植する内容になります。

レクサスRXヘッドライト移植1

3眼は勿論ですが、単眼タイプもCAN通信制御タイプのヘッドライトです。

点灯コンピュータも形式が違うので通常は移植不可能です。

ヘッドライト内部に手を入れて移植可能な状態に改造させて頂きます。

3眼はウインカーもシーケンシャルウインカーなのでグレードアップ感は半端ないですねo(^▽^)o


こちらは少し前から取り組んでおりましたテールランプです。

HONDAアクティーの純正テールランプから型を取り、アクリルを使ってゼロから製作しています。



リレー機はセンターコンソールの中にビルトイン。

見た目にもすっきりで操作性も最高です(・∀・)



エクストレイルのヘッドライト加工

入庫中のエクストレイルです。

エクストレイル シーケンシャルウインカー

ポジションラインの底辺をシーケンシャルウインカー化しました。

白色のLEDも打ち替えて爆光化を行い、デイライトとしても使える様になりました。



3モードシーケンシャルウインカーリレーを使っていますので、車検時にはノーマルウインカーが復活します( ^ω^ )

30アルファード後期型ヘッドライト移植

続々とさせて頂いております30アルファード後期型ヘッドライト移植

今回のパターンは前期車両はコーナリングランプ無しで後期型ヘッドライトは3眼タイプと言う組み合わせです。

30アルファード後期型ヘッドライト移植1

ライトだけで見ると1番落差の大きい組み合わせパターンですね。

前期型車両がコーナリングランプ無しの場合でもこの様なコントローラーを使う事で

コーナリングランプの動作も可能です。

30アルファード後期型ヘッドライト移植2

取り付けもカプラーONで至って簡単です(・∀・)

勿論他のパートも全て点灯します。

レクサスGSの移植加工も完了しました。

レクサスGSヘッドライト移植

L字ポジションはデイライトモード搭載です。

左がデイライト、右がポジションの光量です。

写真なので正確に反映されませんが、強烈にあかるいと言って良い光量ですね。

ついでにシーケンシャルウインカー加工も行いました。






前期後期移植レクサスGS

30アルヴェル後期移植は連日たくさんのお問合せを頂きありがとうございます(^^)

今回の作業は現行レクサスGS後期型ヘッドライト移植です。

レクサスGSヘッドライト

お馴染みの角形3眼ですが、このヘッドライトはハイビームがアダプティブです。

歴代最高の難易度の高い加工になりますが、全て目処が立ちました。

ポジションのL字ラインはC-HRのLEDヘッドライトと全く同じ制御なので、先日苦労して製作した制御回路が

早速役に立ちます(・∀・)

この手の作業ではエラー表示が出ては成功とは言えないので、全てのパートで電気的な整合性を完全にマッチングさせなければなりません。

その為無駄な電力消費をさせる部分も出てしまいます。

それでも後期顔と言うのは前期中期のオーナーさんから見たら最高に欲しいアイテムですよね(^^)

話変わってこちらはNV350テールランプ加工です。



社外品をベースにスモール/ブレーキとウインカーを流れる様に加工しました。

複雑怪奇な配線も専用ハーネス製作により、簡単にカプラーONで取り付け出来る様にさせて頂きました(^_^)v

C-HRのヘッドライト 上位グレード移植加工

C-HRGグレードヘッドライト加工ですが、この加工はSグレードの車両で動くようにしています。

今までは後からの交換は絶対に無理とされてきましたが、それを可能にしました。

60ハリアーや30アルヴェルと同様の加工内容になります。

以下の写真はライト単体で点灯出来ていますので、アナログ制御のSグレード車両でも

同様に動作する事がご理解頂けると思います。

LEDプロジェクター点灯

C-HRヘッドライト加工2

シーケンシャルウインカー点灯

C-HRヘッドライト加工3

ポジション点灯

C-HRヘッドライト加工1

ポジションラインは勿論デイライト点灯も可能です。

しかもデイライト時はフル発光モードで点灯させますので本来のGグレードよりも明るくなっています。

強烈に明るいデイライトは欧州車並です。

ポジション時には勿論減光させますが、この部分の電子回路製作にかなり苦労しました。

LEDが明るくなると電流値が極端に増えますので、色々と難しい問題が増えて来ますね。

コストも大きくなってきます(・ω・;)

Sグレードのヘッドライトを加工するのも良いですが、上位グレードにアップグレードするのも

大変魅力的だと思いますヾ(・∀・)ノ