fc2ブログ

RP1ステップワゴンのヘッドライト加工

RP1ステップワゴンのヘッドライトです。

RP1ステップワゴンヘッドライト加工1

RP1ステップワゴンヘッドライト加工3

ダミーとなって居る白濁レンズ部分をサイドマーカーに加工させて頂きました。

RP1ステップワゴンヘッドライト加工2

元々は磨りガラスの様な乳白色のレンズが入っていますが、透明化の上、クリアオレンジで塗装しました。

また、単発のLEDでは発光点が小さく見えますのでUSヘッドライトの様にT10バルブっぽく見せるために

アクリルでレンズを製作して取り付けて居ます。

RP1ステップワゴンヘッドライト加工4

M様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : RP1ステップワゴンヘッドライト加工サイドマーカー

アクアのヘッドライト加工

アクアのヘッドライトです。

アクアのヘッドライト加工1

サイドリフレクターにLEDを1発入れて点灯する様に加工しました。

アクアのヘッドライト加工2

元々白のレンズですがクリアオレンジで塗装して消灯時もオレンジになりました。

M様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : アクアUSヘッドライトサイドマーカーAQUA

アコードCR7のヘッドライト加工

アコードCR7のUSヘッドライトを加工させて頂きました。

アコードCR7のヘッドライト加工

ポジションのRGB化です。

元々のご依頼の内容ですが、このヘッドライトをCR6車体に装着すると何故かポジションのLEDが切れると言う事で

その修理を兼ねた加工となります。

分解して見るとポジション用の光源のLEDと導光ファイバーの入光部が焦げていました。

左右とも全く同じです。

焦げたLED

焦げたファイバー

最初はLEDの電圧の不適合(例えばCR6では12V供給、CR7では6V供給)の様な事が原因かと考えて居ましたが

LEDの電源は12V入力を定電流ドライバーでドライブする形なのでこの可能性は消えました。

ファイバーとLEDが干渉して加熱しているのかとも思いましたが、

ファイバー終端が溶けているので長さがこれで良いのかどうかもわかりませんが。

デイライトとしての強発光機能もありますのでLEDの駆動電流はかなり大きめですが、このレベルであれば

普通に他のヘッドライトでもあり得る内容で、LEDの放熱器もしっかりした物が装着されています。

そもそも、もしLEDとファイバーが干渉しているとか、LEDが異常な高温になると言う事なら

不具合多発で製品不良のリコールになって居る様なお話ですよね。

CR6に搭載した時限定で発症すると言う事なので非常に不可解な現象なのですが

原因究明もそこそこに、ここはRGBにしたいと言うオーナー様のご希望がありましたので

どちみち光源は新しく製作する事になるのでこの現象の原因を解明しても意味の無い事になってしまいました。

焦げたファイバーの終端部は5mm程度カットしてから磨くことで透明に復活しました。

導光ファイバー

RGB化のついでにウインカーの発光ラインにもRGB光源を追加してコの字型で点灯する様に加工させて頂きました。



T様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : アコードCR7ヘッドライト加工RGB

C-HRのヘッドライト加工

入庫作業のC-HRが完成しました。

LEDヘッドライトタイプになりますが、サイドマーカー、イカリング、モノアイ、導光板のカラーチェンジの内容になります。

C-HRのヘッドライト加工3

C-HRのヘッドライト加工2

サイドマーカーはウインカー非連動でポジション時に青に点灯します。

イカリングはC型のツリ目にしました。

シグネチャーが青っぽく見えるのはお客様施工のカラーフィルムによる物です。

C-HRのヘッドライト加工1

M様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : C-HRヘッドライト加工イカリングモノアイサイドマーカー

RAV4の社外品ヘッドライト

RAV4の社外品ヘッドライトの移植加工をさせて頂きました。

お馴染みのこのタイプです。

RAV4のヘッドライト

海外用なのでプロジェクターの配光は右上がりです。

海外の右上がり配光

国内仕様のLEDヘッドライト搭載車の上で動作する様に改造させて頂きました。

配光は左上がりに変更しましたが、今回はオープニングアクションとシーケンシャルウインカーはそのまま温存しています。



K様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : RAV4オープニングアクションヘッドライト移植

MAZDA3のヘッドライト

先週より私事でバタバタしておりまして久しぶりのブログになってしまいました(>ω<)

MAZDA3のヘッドライトが完成しました。

MAZDA3のUSヘッドライト加工3

MAZDA3のUSヘッドライト加工2

MAZDA3のUSヘッドライト加工4

出来る限りUS純正も見た目に近づけて欲しいというご要望です。

お送り頂いた写真資料を元にして出来る限りの事をさせて頂きました。

MAZDA3のUSヘッドライト加工1

↑US純正ヘッドライト

発光部は反射機能はありません。カラーアクリルとダイヤカットアクリルを使ってそれっぽく仕上げています。

Y様、今回もリピートでのご依頼誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : MAZDA3USヘッドライトサイドマーカー

30セルシオのヘッドライト

※誠に勝手ながら明日1月18日(木)は臨時休業となります。

30セルシオ後期型のヘッドライトです。

30セルシオヘッドライト加工1

サイドマーカーを製作させて頂きました。

30セルシオヘッドライト加工2

オレンジのカラーアクリルを使いましたので消灯時もオレンジに見えます。

さりげないワンポイントで良いですね。

そしてこちらは本日テールランプを取り付けさせて頂いたアコードCV3です。

アコードCV3社外品テールランプ

予め社外品テールランプをお送り頂き,オープニングアクションとシーケンシャルウインカーの停止処理を行った上で

本日ご入庫頂きました。

そして最後はふそうファイターのフロントウインカーの加工です。



アクリルでのL字デイライトに加えてディミングターンシグナル風のウインカーを製作させて頂きました。

M様、O様、S様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : セルシオサイドマーカーアコードCV3オープニングアクションファイターディミングターンシグナル

タンドラのヘッドライトの車検適合加工

※誠に勝手ながら1月18日(木)は臨時休業となります。

先日もお話しさせて頂きました様に今年の8月からはロービームが右上がり配光のヘッドライトは車検に通らなくなります。

今回ご依頼のヘッドライトはタンドラのヘッドライトですが、元々はこの様なリフレクタータイプです。

タンドラのヘッドライト車検適合加工3

このタイプのヘッドライトはリフレクターとシェードの成形で配光パターンを作っていますので簡単に配光の反転が出来ません。

そこで今回は国内配光のプロジェクターを組み込んで左上がり配光に加工しました。

タンドラのヘッドライト車検適合加工2

使うプロジェクターは安定のv36スカイライン用です。

旧態依然な感もありますが、やはり見た目と性能を考えるとこのプロジェクターが私は1番好きです。

タンドラのヘッドライト車検適合加工1

そしてアメ車のヘッドライトは左右の光軸の調整が出来無い物が多数あります。

このヘッドライトも正にそれで、上下の光軸しか調整出来ません。

ロービームで光軸検査を行う場合はエルボー点の位置を見ますのでハイビームの検査よりもシビアな精度が求められます。

今まではハイビームでの検査だったので問題無く合格していた場合でも

ロービームで検査すると通らない事も充分考えられます。

その為今回の加工では左右方向の光軸も調整出来る様に加工しています。

こちらは本日ご入庫での作業をさせて頂きましたZC33Sスイフトスポーツです。

スイフトのヘッドライト強制オフシステム1

ヘッドライトの強制オフシステムを取り付けさせて頂きました。

スイフトのヘッドライト強制オフシステム2

最近お問合せ急増中の加工になります。

ヘッドライトを消したい理由は人それぞれ面白いですね。

T様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : タンドラ車検適合光軸スイフトヘッドライト強制オフ

シグネチャーランプのシームレス&純白化

30アルファード後期型3眼ヘッドライトです。

シグネチャーランプの黄味を消したい、ツブツブを消したい、光量を上げたいと言う事でご依頼頂きました。

30アルファードのシームレスなーシグネチャーランプ

導光板の加工とLEDの打ち替えにより作業させて頂きました。

今まではドアミラー、シグネチャーランプ、フォグランプの3つの点灯色がバラバラな感じでしたが

かなり近いところに落ち着きました。

ミラーウインカーは社外品製品の白色LEDにありがちな青味が入っていますが、フォグとの点灯感は

違和感の無いレベルになりました。

イベント車なので夜間デモ中にシグネチャーを減光させたくないと言う事で減光機能を強制的にオフにするスイッチも取り付けました。

スイッチ

詳しくは動画をどうぞ。



F様、この度は遠いところからありがとうございましたm(_ _)m

tag : 30アルファードデイライトシグネチャーランプシームレス純白

ランエボⅩのヘッドライト加工

ランエボⅩのヘッドライトが完成しました。

ランエボⅩのヘッドライト加工3

ランエボⅩのヘッドライト加工2

コーナリングランプ部分をプロジェクター化した上で、BMW調のヘキサゴンイカリング4灯加工。

イカリングはデイライト/ポジションで点灯します。

プロジェクターはバイビームプロジェクターなのでロー4灯点灯が可能。

光軸もノーマルプロジェクターに同期させています。

ランエボⅩのヘッドライト加工1

インナーはキャンディーレッドカーボンの水圧転写仕上げです。

N様、この度は当店をご利用頂き誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : ランエボⅩヘッドライト加工水圧転写ヘキサゴンイカリング

C-HRのサイドマーカー加工

入庫作業中のC-HRが完成しました。

CHRのサイドマーカー加工

カラーアクリルを使って居ますので消灯時も存在感があります。

CHRのサイドマーカー消灯時

ポジションで減光点灯、ウインカーONでシーケンシャルウインカーになります。



K様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : C-HRサイドマーカーヘッドライト加工

34スカイラインのヘッドライト加工

34スカイラインにBMW調のイカリング?を施工させて頂きました。

34スカイラインのヘッドライトにBMW調のイカリング加工4

アクリル天面にはヘアラインを入れています。

34スカイラインのヘッドライトにBMW調のイカリング加工2

34スカイラインのヘッドライトにBMW調のイカリング加工3

基本はデイライトとして点灯するために光量は強めになっていますが、夜間はポジション連動で自動減光します。

ヘアラインのおかげで消灯時も存在感があります。

34スカイラインのヘッドライトにBMW調のイカリング加工1

左右4枚のアクリルの曲げ具合を完全に揃える為に専用の治具も製作しました。

アクリルを曲げる治具

Y様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : 34スカイラインイカリングヘッドライト加工

LMのヘッドライト

社外品のLMのヘッドライトです。

側面にロゴが無いタイプなのでアクリルでロゴを製作してインナーに埋め込む加工をさせて頂きました。


レクサスLM社外品ヘッドライト加工2

レクサスLM社外品ヘッドライト加工1


ロゴの他にデイライトが点灯しないと言う事だったので点灯する様に加工させて頂き、漏水の修理もさせて頂きました。

実はもう1セットLMの社外品ヘッドライトのプロジェクター不灯での修理を他のお客様より依頼されておりましたが、

そちらは写真を完全に忘れていましたW

修理は完了しましたが、社外品ヘッドライトでのプロジェクターのLED切れ、LEDドライバの故障が最近多くなっております。

見た目のクオリティーは良くなったとは言え、やはり純正と比べると耐久性はまだ純正ほどの信頼性は無いですね(-ω-;)

F様、C社様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : レクサスLM社外品ヘッドライト

Y51フーガのヘッドライト加工

Y51フーガ後期型ヘッドライトです。

Y51フーガのヘッドライト加工2

前期車両に装着するのでウインカーが無くなります。(前期はヘッドライト内部、後期車両はバンパーにウインカーがあります)

その為ヘッドライト内部にウインカーを設置する必要がありますのでプロジェクター外周部をウインカーにしました。

上部眉毛はバックライト製作によるデイライト機能の追加、プロジェクター外周部もウインカーだけでは無く

通常はデイライト/ポジションとして機能する様に製作しました。

そしてサイドマーカーも光らせています。

Y51フーガのヘッドライト加工1

車検に備えて各部、配線の抜き差しで動作を選択出来る様にしています。



尚、後期型ヘッドライトを前期車両に搭載するとエラーが出ますので、その対策も併せてさせて頂きました。

A様、何度もリピートでのご依頼、誠にありがとうございますm(_ _)m

tag : Y51フーガFUGA後期ヘッドライト移植

ベントレーコンチネンタル

※本日は17時で閉店となります。

先日製作させて頂いたヘッドライトですが、お客様より装着画像を頂きました。

ベントレーコンチネンタルのヘッドライト加工1

ベントレーコンチネンタルのヘッドライト加工2

ベントレーコンチネンタルのヘッドライト加工3

光軸調整ネジの修理も問題無く正常に動いていると御連絡頂きました。

やはり車載するとヘッドライト単体よりも説得力がありますね。

カーボンのグリルとボンネットもやばいですね。

とんでもないお金がかかっていそうです(・ω・;)

そしてこちらは今月3台目のダッジチャレンジャーです。

ダッジチャレンジャーの赤ウインカー対策2

ダッジチャレンジャーの赤ウインカー対策1

定番となっております赤ウインカー対策です。

H様、T様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : ベントレーコンチネンタルダッジチャレンジャー

ベントレーのヘッドライト完成

月初めより進めておりましたベントレーのヘッドライトがようやく完成しました。

ベントレーのヘッドライト加工1

インナーはシルバーカーボンの水圧転写仕上げになります。

ベントレーのヘッドライト加工2

ハイビームとロービームは内部塗装による青眼加工。ハイ側は基板が目立って茶色に見えるのでこれでかなり雰囲気が変わりました。

ベントレーのヘッドライト加工3

モノアイも施工させて頂きました。

加工以上に難しかったのが光軸調整ネジの修理です。

以前ここの修理が出来たとブログで紹介させて頂いておりました。

しかし接着で固定したギアはやはり強度が足りず、度重なる動作テスト中に接着材が割れて空回りし始めました。

光軸調整ネジの修理1

こんな状態なのでこのギアを使う事は諦めて何か代用になるギアを探してみました。

良いサイズの物があったので早速取り寄せて加工してみました。

光軸調整ネジの修理2

新しいギアは金属製なので強度的には充分です。

シャフト系、外径、奇跡的にジャストサイズな物が見つかりました。

長さ(厚み)だけ少し大きいのでケース側の加工が必要になりましたが、そこはどうにでもなります。

問題はギアをどうやってシャフトに固定するか・・・・

色々と悩みましたが、最終的にはギアとシャフトに貫通する穴を開けてネジで固定。

光軸調整ネジの修理3

ネジの頭を飛ばしてサンダーを当ててばっちり固定出来ました。

仕上がりは全くギア飛びの無い完璧な状態になりました。

他のギア全てに同じ問題がありますが、取りあえず今の所は破損など無くスムースに動いて居ますので

今回はこの部分だけの修理となりました。

超高額な輸入車のヘッドライトだけにこの様に修理で解決出来ればありがたいですね。

H様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。

tag : ベントレー光軸調整水圧転写モノアイ青眼加工

220クラウンのデイライト加工

220クラウンの単眼ヘッドライトです。

このヘッドライトにはデイライト機能がありません。

社外キットでポジションランプをデイライトとして点灯させるキットもありますが、

単にポジションの光量で昼間に光るだけの物なのでデイライトとしては少々役不足感があります。

そこでポジションの光源のLEDをパワーアップすることで光量を増やしてデイライトを製作しました。

220クラウンデイライト加工2

写真では光量が分かりにくいので比較写真も撮影しました。

220クラウンデイライト加工1

向かって左側(右ヘッドライト)がノーマルのポジションです。

光量が強くなると写真では発光ラインが太く見えます。

光量だけでは無く点灯色も純白になりました。

ノーマルでは発光色に若干黄味があります。

動画も撮影しております。



ポジション減光時の光量は純正ノーマルと同程度に調整しています。

I様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

そしてこちらは連休前に撮影したLMのテールランプ移植です。



これが正常なウインカーの流れ方になります。

配線図の販売もしておりますので必要があればご連絡頂ければと思います(^^)

tag : 220クラウンデイライトレクサスLMテールランプ移植

インナー塗装

良くインナー塗装のご依頼のある200系ハイエースのヘッドライトです。

当店に頂くご依頼ではハイエースのヘッドライトが1番インナー塗装率が高いです。

200系ハイエースのヘッドライトインナー塗装

今回は209で塗装させて頂きました。

今更のお話しですが、ヘッドライトインナーの塗装で気を付けなければならないのがアウトガスの問題です。

塗装したばかりの塗膜は表面は乾燥していても内部に溶剤が残って居る場合があります。

特にメタリックなどのようにクリアを重ね塗りするようなケースだと中々溶剤の揮発成分が抜けきってくれません。

そのまま殻閉じしてしまうと揮発成分がカバー内面に蒸着して曇ってしまいます。

その様な加工品もたくさん見て来ました。

当店ではヒータールームがありますので温めてガス抜きを行います。

溶剤が抜ける時間は一概には言えませんが、ヒータールームのドアを開けた時に溶剤の匂いがしない事を目安としています。

大抵は24時間で抜けますが冬期や、塗膜が厚めの時は3日程度寝かせることもあります。

これによって塗装後にカバー内面が曇ると言う事は全く起こっていません。(昔には失敗もありますがW)

そしてこちらは30ヴェルファイアのテールランプです。



ノーマルウインカーテールランプをシーケンシャルウインカー化させて頂きました。

どちらも業者様からのご依頼となります。

いつもありがとうございます!

tag : 200系ハイエースインナー塗装30ヴェルファイアシーケンシャルウインカー

i8完成

入庫中のBMW i8が完成しました。

BMWi8流れるウインカー加工

ヘッドライトとリアのウインカーをイベント用の流れるウインカーに加工させて頂きました。

ヘッドライトはレーザーヘッドライトですが、ウインカーの電気的な部分は特に特殊な物では無くこの手の輸入車での

通常の方法でエラー対策出来ています。

それよりも前後共に灯体の脱着作業がかなり大変でした。つくずくリフトが欲しいと感じますね(・ω・;)

やはりデザイン優先で設計されている車なので整備性は二の次と言う所でしょうか。

前後共にPOWERLEDで大変明るいウインカーになっています。



H様、いつもご愛顧ありがとうございますm(_ _)m

tag : BMWi8流れるウインカー

ベントレーフライングスパーのヘッドライト加工

ベントレーフライングスパーのヘッドライトが完成しました。

ベントレーフライングスパーのヘッドライト加工

前期型ヘッドライトですが、後期型の様に外周部をDRL/ポジション、ウインカーにしました。



POWERLEDを使っていますのでデイライトとウインカーは強烈に明るく点灯します。

こちらは人気のエルフのヘッドライト移植加工です。

エルフのヘッドライト加工

ハロゲン車用にLEDヘッドライトを改造しています。

T様、M様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : ベントレーbentleyフライングスパーヘッドライト加工エルフ

社外品ヘッドライト

※8月26日(土)と8月27日(日)は連休とさせて頂きます。

200系ランクル用の社外品ヘッドライトです。

ランクル200系ヘッドライト

お客様からのご要望の内容は以下になります。

・オープニングアクションの停止

・シーケンシャルウインカーの停止

・プロジェクターの配光の反転

・レベライザーの可動化

オープニングアクションとシーケンシャルウインカーは停止出来ました。



プロジェクターのカットラインも最初はこの様に右上がり配光です。
右上がりカットライン


左右6灯のプロジェクター全てがバイビームになっていますので6灯とも遮光板を加工して配光の反転を行いました。

左上がりカットライン

レベライザーは中期車両では動くが前期車両に取り付けると動かないという事ですが、

レベライザーモーターの不適合が原因とわかりました。

当店のジャンクストックにあった前期用のレベライザーを取り付けて完了です。

レベライザー

レベライザーの交換はロッド部分の加工が必要になります。

そしてこちらはレクサスGS前期車両用の社外品ヘッドライトです。

レクサスGS社外品ヘッドライト

以前にも行った加工ですが、車載するとエラーが出ると言う事なのでその対策を行いました。

今回の個体はプロジェクターの配光は左配光になっており、プロジェクター化粧板の干渉も無く光軸も調整可能でした。

社外品もアップグレードするみたいですね。

U様、K様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : ランクル200レクサスGS社外品ヘッドライト

装着画像

※本日は17時で閉店とさせて頂きます。

お客様から装着画像をお送り頂きました。

少し前に加工させて頂きましたCR-Zのヘッドライトです。

CR-Zのヘッドライト加工2

CR-Zのヘッドライト加工1

アクリルとPOWERLEDでデイライト/ポジション、ウインカーをシームレス化させて頂きました。

デイライト/ポジションはスイッチで上下単独点灯可能。

ウインカーは上段は車検用のウインカー、下段はシーケンシャルウインカーになっています。

そしてこちらは52プリウスPHVのバックフォグです。

プリウスPHVバックフォグ加工2

プリウスPHVバックフォグ加工1

リフレクターを使って大粒に見える様に製作させて頂きました。

光量も調整出来る様にコントローラーも製作しています。

O様、N様、この度はご利用誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : CR-Zシームレスヘッドライト加工シーケンシャルウインカーデイライトプリウスPHVバックフォグ

BMW6シリーズのヘッドライト加工

BMW6シリーズE63/E64用のヘッドライトを加工させて頂きました。

BMWE63 E64のヘッドライト加工2

アクリル面発光のヘキサゴンリング加工になります。

BMWE63 E64のヘッドライト加工3

BMWE63 E64のヘッドライト加工1

ノーマルのヘッドライトのイカリングは発光色が暗くて黄色く、しかもシーケンシャルウインカーと側のリングと内側のリングで

明るさが違う、光源をLEDバルブに変更してもなかなか良い結果になりにくく悩みの種と聞きます。

光源のバルブから2つのイカリングに導光する部分の仕組みの問題ですが、この様な加工をしてやれば一気に解決します。

I様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : BMWE63E64ヘッドライト加工イカリング

簡易的なオープニングアクション

BMWのヘッドライトですが、簡易的なオープニングアクション加工をさせて頂きました。

BMWのイカリング

とは言ってもこれは最初から意図して行った物では無く加工の副産物的な物です。

少し前にサイドマーカー加工をさせて頂いたBMWの440iですが、施工してから助手席側のヘッドライトの

外側のイカリングが点灯開始時に少し遅延すると言う連絡がありました。

通常であればこれは不具合の解消と言う方向で対応させて頂くのですが、オーナー様がこの現象を気に入ってしまわれて

運転席側も同じ様に遅延させたいと言う何とも珍しいケースです。

入庫での加工時には気がつかなかったので見落としてしまったかなと思って居ましたが、

今回ご入庫頂いて試して見ても一向に現象が出ません。

イカリングは全て同時に点灯します。

もしやと思ってドアロックしてからアンロック時の状態を見てみるとこの時だけ現象が確認出来ました。

つまりイグニッションがONの時には発症しないのですが、ヘッドライトスイッチがAUTOの位置にある時の

夜間のアンサーバック時にだけ発症することがわかりました。

輸入車ではイグニッションオンとオフで灯火類の振る舞いが変わる事は珍しい事ではありませんが

アンロック時の動作までは確認が出来ていませんでした(-ω-;)

原因は分かっておりますので運転席側にも同じ事を行って無事左右対称になりました。



ただ、一瞬の事なのでよく見なければわかりません。

オーナー様でも無い限りなかなか気がつかない様な加工です。

でもカスタムってこう言う小さな事が面白かったりするんですよね・・・

同じシステムを使っている車種であれば多分同じ加工が出来ると思います。

そしてこちらはレクサスGSの後期型ヘッドライト移植加工。

レクサスGSヘッドライト移植

今回は前期車両に搭載するのではなく後期単眼ヘッドライト搭載車両への移植です。

あまりご依頼の無い加工ですが、前期車両への移植同様に問題無く対応可能です(^_^)v

tag : BMWイカリング遅延レクサスGSヘッドライト移植

R32スカイラインGTRのヘッドライト

R32スカイラインのヘッドライトです。

R32のヘッドライト1

インナーはブラックに塗装しましたが、メインのご依頼はプロジェクターの光量UPです。

元々このプロジェクターはH1バルブなのでLEDバルブで明るい物がありません。

バルブの差し込み口が狭いので仕方の無い部分だと思います。

プロジェクターの移植含め、色々な方法を模索しましたが、取りあえずは現状確認でプロジェクターを分解して見ました。

R32のヘッドライト4

案の定、リフレクター部のメッキが劣化して反射効率が落ちています。

何か他の車種のプロジェクターでD2Sタイプの物が移植出来れば使えるLEDバルブの選択肢も増えますので

評判の良い爆光のLEDバルブを使う事も出来ます。

しかし、どう工夫しても光軸調整機構との兼ね合いで上手く出来そうにありません。

そこでプロジェクターの前半分は純正を残し、後ろ半分(リフレクター部)だけ何か移植出来無いかと考えました。

取りあえずはジャンクのストックを探してみると丁度同じサイズの物が見つかりました。

リフレクター開口部の口径とバルブ発光点からレンズまでの距離が同じと言うミラクルです。

このプロジェクターは海外配光なので前半分は使えないので丁度良い具合です。

R32のヘッドライト3

バルブの台座もD2S対応のプロジェクターなので良いことずくめの結果となりました。

勿論カットラインも綺麗に出て光量も良好に出ています。

カットライン

ヘッドライト本体はガラスレンズなので分解は神経を使いますが上手く行って良かったです。

A様、いつもご愛顧頂きありがとうございますm(_ _)m

tag : R32スカイラインGTRD2Sプロジェクター

30セルシオのヘッドライト加工

30セルシオ後期型ヘッドライトです。

30セルシオヘッドライト加工2

ハイビームには専用サイズで製作したバルカンを入れました。

スモール時減光発光、ハイビーム時にフル発光します。

イカリングは面発光タイプです。

30セルシオヘッドライト加工3

ウインカーの横にはUS風サイドマーカー。面発光です。

30セルシオヘッドライト加工1

インナーはマットブラックで塗装させて頂きました。

M様、いつもご愛顧ありがとうございますm(_ _)m

tag : 30セルシオバルカンイカリングサイドマーカー

オーラVer2加工

入庫中のオーラが完成しました。

オーラのヘッドライト加工

※今回のブログ内容はマニアックな長文となります。

一見、過去の加工と変わりない仕上がりですが、今回の加工はVer2と命名させて頂いております。

過去の加工例との大きな違いはウインカーオフ後のシグネチャーの復帰速度です。

このオーラの様にシグネチャーランプがウインカーを兼用する場合、ウインカー動作中は白色を消灯する回路が必要になります。

しかしこれを後付加工で行う場合、ウインカーの信号の途絶がウインカースイッチをオフにした事による途絶なのか、

或いはウインカー点滅サイクルの中での途絶なのか、ウインカー信号だけでは判断が出来ません。

その為1秒程度の遅延が発生します。1秒程度様子を見てもウインカー信号が入らない場合はウインカーのスイッチをOFFにしたと判断出来ます。

今回のオーラのオーナー様からどうにかこの遅延を短く出来無いか、出来れば純正と同じ程度の早さでの復帰を

実現出来無いかと言うご要望がありました。

そこで今回はノーマルのシグネチャーの白色LEDの信号を使ってウインカー中に加工シグネチャーを消灯出来無いか

工夫を重ねてみました。

簡単に出来そうなのですが実はとてもハードルの高い内容になります。

ます純正の白色LEDの回路から信号を拝借する時にそれが車両側ECUに感知されるとエラーや誤作動が起きます。

日産車はルノーの影響か、電装系が欧州車の香りがします。

ウインカーの回路にもコールドチェックとウォームチェックがダブルで入ります。エラー監視が非常に厳格です。

その為バレないようにこっそりと信号を取らないといけません。

そこが成功しても今度はこの信号がくせ者で、デイライトフル発光中はDC電流なのですが、プロジェクターが点灯すると同時に

パルスに変化します。

それはそれで本当ならデイライトを減光するには好都合なのですが、ノーマルの場合は元々デイライトがそんなに明るくないので

減光量が少ないのです。

前回のブログでこの部分のオシロ波形を紹介させて頂きましたが、減光中の波形デューティー比では

50%程度で、しかも矩形波では無いので実効電力としてはフル発光時の70%程度の電力があります。

つまりこのパルス波形を使うだけではプロジェクターオン時のデイライトの減光量は3割程度なので夜間には眩しすぎる光量になります。

参考までにベンツなどではこの部分がコーディングで書き換え出来るのですがポジション時は10%と言うのが標準となって居る様です。

その為、プロジェクターオンでデイライトが減光する回路は別に製作しなければなりませんし、

実際に動作テストを行うと他にも問題が発生して様々な追加回路が必要になりました。

結果としては全て解決出来て理想の復帰速度が実現しました。



純正ノーマルと同じ速度で復帰しています。

テールランプの方も同時に加工させて頂きました。



今回のテールランプの加工仕様はスモールの一文字化とウインカーのシーケンシャルウインカー化です。

ブレーキランプとバックフォグは無加工なのでこの部分でご予算を大きく抑える事が出来ます。

関東よりご入庫頂きました。H様、この度は遠路よりご利用誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : オーラAURAシームレスシグネチャー

シールドビームのプロジェクター化

旧車等で良く使われているシールドビーム式ヘッドライトをプロジェクター化させて頂きました。

シールドビームヘッドライトのプロジェクター化

70ランクルに搭載すると言う事で24V仕様になっています。

プロジェクターの化粧板を兼ねたインナーは3Dで製作しました。

3D製作インナー


3DCADデータ

シールドビームにプロジェクターを固定する際、センター出しが非常に難しいので専用の治具も製作しました。

治具

そして接続に関しては車両側のカプラーはH4式ですが、極性が色々あってややこしいので

プラスコントロールでもマイナスコントロールでもどちらでも動作する変換コントローラーも製作させて頂きました。

詳しくは動画をどうぞ。


F様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : シールドビームプロジェクターH43D

CR-Zのヘッドライト加工

CR-Zのヘッドライトを加工させて頂きました。

CR-Zのヘッドライト加工

元々このヘッドライトでは下部がポジション、上部がウインカーになっています。

どちらもツブツブの発光です。

今回の加工では上下共にDRL/ポジション兼ウインカーと言う仕様になっています。

それに加えてシームレス発光のご希望になりますので大量のPOWERLEDを使っています。

恐らく当店で今までで1番たくさんのLEDW使った加工になりました。

LEDが多いと言うことは放熱の仕組みにもスペースが必要になり、ヘッドライト内部は隙間も無い程にぎっしりと部品が詰まっております。

発光ラインは上下共にスイッチの切り替えによって多彩なバリエーションでの発光が可能です。




そしてこちらはカムリのテールランプです。

カムリのテールランプ加工

上側が海外仕様の社外品、下側が国産純正品です。

海外仕様の黒いインナーだけを国産テールランプに9移植したいというご希望です。

外観は同じ様な形状に見えるのですが、この手の加工は必ず何かしら問題が起こります。

今回もその例に漏れず、黒いインナー部分の形状が微妙に違っていたので殻閉じが出来ず加工が必要になりました。

仕上がりはほぼ純正状態になりました。

O様、H様、今回もリピートでのご依頼誠にありがとうございましたm(_ _)m

tag : CR-Zカムリシームレスデイライトシーケンシャルウインカー

デイライトの流れる復帰

※明日6月3日(土)は16時閉店となります。

少し前に加工させて頂きましたBMWのE64です。

流れて復帰するデイライト

その後たまに球切れ警告灯が点灯すると言う事で対策を行わせて頂きました。

この年代のBMWはかなり神経質なので1発で解決しないことがあります。

そのついでに仕様変更も行わせて頂きました。

ウインカーオフ後のデイライトは流れて復帰する様になりました。



ウインカーはシーケンシャルウインカーではないのでこの対比は面白いですね(・∀・)

tag : 流れるデイライトBMWE64

プロフィール

エルコボ

Author:エルコボ


お問合せはこちらからどうぞ。

大阪堺市のヘッドライト加工、テールランプ加工、

シーケンシャルウインカー加工の専門店エルコボのブログです。

過去のブログはこちらからご覧頂けます。

エルコボサイト

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR