10系アルファードヘッドライト加工装着画像

また新しい装着画像を頂きましたので紹介させて頂きます(・ω・)ノ
10系アルファードヘッドライト加工

先日3D加工機でスクエアプロジェクターを製作させて頂いたライトです。

やはり装着されるとより一層良い感じです(・∀・)

詳細はこちらからどうぞ!

10系アルファードのヘッドライト加工

本日の追加ページ

昨日はたくさんの装着写真が届きましたので一挙UPさせて頂きました。

今後できる限りブログの方で更新情報をお知らせ出来ればと思います(・ω・)ノ

10系アルファードテールランプ加工アウトライン発光

10系アルファードのテールランプ加工


10系アルファードのヘッドライト加工


20系アルファードのテールランプ加工



いや~アルファードばっかりですね(・ω・;)

お送り頂いた皆様、ホントにありがとうございました~!!


スローウィンカーリレー

以前にも紹介させて頂いたと思いますが、歳相応に何回も同じ話をさせて頂こうと思います(笑)

スローウィンカーリレー

意外に人気商品となっております。

ウィンカーがゆっくり点滅するのってこれが結構良い感じなんですよね~(・∀・)

点滅速度はお好みに調整出来ます。勿論ハイフラにもなります。


市販されていない回路の製作はお任せ下さい(・ω・)ノ

フィン流し

エブリーのライトが完成しました。

オールフィン仕様です。
エブリーヘッドライト加工

さすがにこれだけフィンを入れるとめっさ重たい(・ω・;)

下のフィンはウィンカーに切り替わって流れます。

フィンの中で光りが流れるので滑らかに見えます。


今日はこれから高槻の方のショップさんで出張作業となりますので、メールの返信はしばらくお待ち下さいね(・ω・)ノ

レクサスHSヘッドライト加工完成

入庫中のHSは完成しました。
レクサスHSヘッドライト加工

面発光で綺麗に明るく光っております!

やはりここは光らせたくなるところですよね~

そして、ご予約作業の合間を縫って、これで遊んでいます。

プリウスLEDプロジェクター


ありふれたプリウスのLEDプロジェクターですが、これでちょっと面白い事を企んで居ます(・∀・)

披露出来るのはまだまだ先になりそうですが~(・ω・)ノ

消灯時の工夫

入庫中のHSです。
レクサスHS

これの
HSのヘッドライト
ここを光らせますねん(・ω・)ノ

この手の加工では面発光させる為にレンズの裏にアクリルの導光板を入れます。

ですが、レンズによってはアクリルが透けて、消灯時に白っぽくなってしまいます(・ω・;)

そこで今回はちょっと一手間加えてみました。

導光板処理無しだとこんな感じです。
リフレクター処理前

そして処理後がこちら。
リフレクター処理後

ほぼ純正と変わらなくなりました。

諸条件で出来ない場合もありますが、このライトの場合は問題無く上手く行きました。

点灯写真はまた後日~

エブリーのヘッドライト加工

先日から少しずつ作業を進めておりましたが、アクリルフィンの組み込みが終わり

1部点灯出来る様になりました(・ω・)ノ
エブリーヘッドライト加工2

フィンのツラも綺麗に揃っています(・∀・)エブリーヘッドライト加工1

最近は3D加工もお問い合わせが多くなってきました。

現在また新しいアイデア実現に向けてフル稼働中です♪

ラクティスのテールランプ加工完成

先ほど取り付けが完了しました(・ω・)ノ

お車はラクティスです。
ラクティステールランプ加工1

アクリル部分を横から見るとこれだけ飛び出しています。
ラクティステールランプ加工3
立体感満載ですね(・∀・)

ウィンカーも角柱で流れます。
ラクティステールランプ加工2

消灯時もインパクト抜群です♪

こちらも先日紹介させて頂いた光るフロントグリルですが、早速お写真を頂きました。
ハイエース光るフロントグリル

詳しくは200系ハイエースフロントグリルの発光加工をご覧下さい。

他の車種でも可能な場合もありますのでお気軽にお問い合わせ下さいね♪

アウトライン発光テール第二弾

3D加工で製作中のテールですが、メインの発光部分が出来ました。

スモールでフチが光ります。発光ラインは2mm幅です。
アウトライン発光テールスモール時

そしてブレーキで全灯
アウトライン発光テールブレーキ時

C型に欠けた部分をそのまま欠けた形で作ればもっと簡単なのですが、

ここはこだわってやらないといけない部分(・ω・)ノ

かなり時間がかかりましたが納得の点灯感です(・∀・)

ハイエース光るフロントグリル

ようやく光りました(・ω・)ノ
ハイエース光るフロントグリル1

200系ハイエースの社外品フロントグリルです。

アクリルのフィン加工で光らせています。

グラデーションがとても綺麗です。
ハイエース光るフロントグリル3

社外品FRP製品にありがちな事ですが、製品側の精度が純正の様なわけには行きませんので

ちょっと時間がかかりました。スリットの幅なんかも厳密にはあちこちで寸法が違います。

従ってアクリルフィンも場所によって若干削ったりしないと入らない・・・(・ω・;)

と言ってもわずかなので見た目には全くわかりませんが。

消灯時も違和感が内容に仕上げました(・∀・)
ハイエース光るフロントグリル2


汎用プロジェクター

かなりハードな内容でご依頼頂いておりますエブリーのヘッドライトです。

エブリーに限りませんが、ハイエース含めたキャブオーバータイプはライトの裏の空間が狭く、

プロジェクターインストールが出来ないケースがあります。

エブリーの場合、現車確認させて頂くと汎用プロジェクターならギリギリ入りそうだったので

加工に踏み切りました。もう後戻り出来ません(笑)

ところが普通の固定方法だとプロジェクターのレンズとライトカバーがギリギリで干渉します。

そこでリフレクターの穴を大きく削って、プロジェクターが若干後ろにセット出来る様にしました。
リフレクターに穴開け

これで行けるはずとプロジェクターを差し込んで見ると・・・
座面が届かん

うわ!なんちゅう事や!プロジェクター固定の座面がリフレクターよりも後方に出てしまいました(-ω-;)

これではネジを締めきってもプロジェクターがガタガタになります。

どうしたものかとしばし考えてワッシャーを作る事にしました。

3mmのアルミ板をカットしてこんなん作りました。
ワンオフワッシャー

で、はめてみると
プロジェクター合体の図

見事上手く行きました。しっかりと固定されています。めでたしめでたし(・∀・)

ラクティスのテールランプに角柱ウィンカー

3D製作中のテールですが、ウィンカーの角柱部分が完成しました(・ω・)ノ
角柱ウィンカー

8連で流すので横8本で良い感じです。

スモール/ブレーキ部分の3D加工は大変時間がかかる手の込みようになっています。

こちらはまた後日紹介させて頂きますね(・∀・)

ワンオフのピアス

年頃の私の娘ですが、どうも私の血が濃い様で、小さな時から物作りが好きです。

最近では毎日のようにデザイン画を描いてはミシンに向かっています。

そんな娘からの依頼です。アクリルピアスを作ってくれと(・∀・)
アクリルピアス

アクリルピアス

デザインは娘の考案です。

LEDこそ入っておりませんが、なかなかの完成度です。

市販品には無い唯一の物を求めるのは車のカスタムでも一緒ですよね~(・ω・)ノ

身内ネタで失礼しました~m(_ _)m

光源完成

最近追突事故でのテールランプの修理が連発で続いております(・ω・;)

基板が無事な場合は基板移植で修理させて頂いております。

加工後年数の経った物だと片側だけ新しいLEDにすると光量や色合いが違ってしまう事もありますので。

話変わりまして~

写真は事故とは全く関係ありませんが、3D加工中のテールの光源だけ完成しました。
LED光源

I氏が老眼鏡までかけて本気モードで頑張ってくれました(´゚艸゚)∴ブッ

光りがばらついていますが、組み込み前には色々処理があり最後には綺麗に光る様になります。

これは仮の姿です(笑)

さて、こちらは200系ハイエースフロントグリル
ハイエースのフロントグリル


アクリルを使って光らせます。

どないして作ろうか色々思案中です(・ω・)ノ

究極のリレー機

先日紹介させて頂きましたアルファードのライトで少し触れましたが、

専用で製作したリレー機のご紹介です(・ω・)ノ

標準仕様もたくさん作っておりますが、最近は専用製作も多くご依頼頂きます。

今回のアルファードで作ったリレー機はウィンカー用のリレーにブレーキランプ用のリレー

そしてストロボ回路に、ワンタッチデモスイッチを組み込んでいます。
専用製作リレー

ストロボのパターンも前面パネルで切り替え出来ますし、全ての点灯状態がわかるインジケーターも

装備しています。まさに「究極のリレー機」です(・∀・)

話はかわりますが、また3D加工機を使ったテールランプ加工が進行中です。
アクリル3D加工

今回はまた斬新な光り方を実現したいと思います。うまく行けばの話ですが(笑)

グラデーションからの~♪

着手から1ヶ月近くかかる大手術でしたがようやく点灯テストまでこぎ着けました。
アルファードアクリルフィン

全ての部分に惜しみなく手間暇をかけております。
アルファードアクリルフィン

ハイビームのスクエアプロジェクターも斬新ですが、ウィンカーはフィンの中で流れるので

ブロックの境界がぼやけた滑らかな流れ方をします。

ハイビーム側面のグラデーションはウィンカーオンでウィンカーにチェンジ!

リレー機にはデモモードスイッチを装着しましたので、これ1個でデモモードになって

フロントもリアも流れ、ストロボも作動します。


ライトもリレーもスイッチボックスも全てカプラー接続にしていますので

点灯テストやエージングが凄く簡単です。車載の接続状態を再現出来ます。

あとは組み上げるだけです(・ω・)ノ

激!アクリルフィン加工

製作中の10系後期型アルファードのヘッドライトです。

アルファードヘッドライト加工アクリルフィン加工


ウィンカーのレンズを取っ払ってセンターに白色、上下に青で計5枚のフィンです。

ウィンカー時はオレンジにチェンジして流れます。

3年前に縦フィンの加工はすでに行っております。これもゴージャスで良いですね。
アルファードヘッドライト加工アクリルフィン加工
アルファードヘッドライト加工アクリルフィン加工

横方向のフィンは縦フィンよりも何倍も手間がかかります。しかも重たい!

補強も重要になってきますね(・ω・;)

点灯パターンも凝りに凝っています。

完成が楽しみです(・ω・)ノ

20アル・ヴェルのバックランプ加工

ちょくちょくご依頼のあるこのランプ、HIDバルブに交換にして不具合になる例を良く聞きます。

具体的には
・バーナーからの不純物がレンズに蒸着して曇る
・バーナーの爆発
・熱でレンズが溶けた
・インバーターからのノイズ(キィーンと言う音がする)
・高圧リークによって周辺のLEDを破壊する(特にライセンス球は位置が近いので要注意です)

これらが多いですね。今回もHIDの不具合がきっかけでのLED加工のご依頼です。
アルファード・ヴェルファイアーバックランプ消灯時

日亜化学の雷神をびっしり入れていますので爆光です。
アルファード・ヴェルファイアーバックランプ点灯時

HIDと違って点灯の瞬間からMAXの光量が出ますのでバックランプの様な場所は特にお勧めです。

以前明るすぎて車検NGになった例がありますが、その様な場合は減光対策可能です。

進行中(・∀・)

アヴェンタドールデザインのテールも完成が近づいて来ました。
アルファードテールランプ加工
なかなかええ感じになってきましたわ~♪

アルマイト加工

先日チラッと紹介させて頂きました3D加工機で作ったスクエアプロジェクターですが、

ようやく形になりました。

プロジェクターのフチにつけるベゼルはアルマイト加工を施しました。
アルマイト加工リング

金属加工ならではの質感が出ています。色も綺麗で消灯時のアクセントになりますね。

フチのスクエアイカリングは2mmの発光ラインで光ります。

昨日紹介させて頂きましたアウトライン発光と同じ原理ですね。
イカリング点灯

メインのデイライトには3WのPOWERLEDを使いました。放熱が必要なのでアルミの厚板を

削って専用に作りました。
アルミヒートシンク

さすが3W、めちゃくちゃ明るいですよ~
デイライト点灯

壁に当てると・・・・
照射状態

リフレクターの集光効果で光りがきちんと正面に飛んでいます。

晩だとある程度の照明にもなりそうな明るさです。

ところでこの形状、何のライトのどこの部分かおわかりの方も多いと思います。

また紹介させて頂きます(・∀・)


ランボ風アウトライン発光

人気のアヴェンタドールデザインでのテールランプ製作中です。
アヴェンタドールテール

今回は新しい試みとして外郭を光らせています。ラインの幅は約3mm。

勿論立体的に突出しています。

光源も全てLEDを並べて作っています。LEDテープは使いません。

この様な細いラインがシャープに光る格好良さにはまっています。

内側はブレーキランプのLEDが入っています。

こちらから提案させて頂いた内容なので上手く行って良かったです(・∀・)

トレーラーのテール

ちょっと変わり種の加工です。

キャンピングトレーラーのテール加工ですが、ランプが車体から外れない構造なので

レンズだけ外して送って頂きました。
トレーラーテールレンズ


レンズの内側に基板をはまり込ませる形で製作しようと思います。

トラックなど、レンズがネジ止めのタイプは基板の取り付けも楽で良いですね(・ω・)ノ

いや~しかしトレーラーでキャンプとはうらやましい限りです(・∀・)