ミニミニのバルカン

製作中のエクシーガのヘッドライトに組むパーツです。
ミニミニバルカン

直径50mmで外周リング幅は4mm、複眼は直径12mmです。

複眼は3D加工で球面にしています。
ミニミニバルカン
リアリティーが出ています(・∀・)

勿論照射能力は皆無ですが、ワンポイントにお勧めです(・ω・)ノ

HIDバーナーからの漏水

少し前に加工させて頂いたフォグランプが結露すると言う報告がお客様からありました。

防水には自信を持っていますが、加工に絶対は無いので妄信的になってはいけないですよね(・ω・;)

バーナーのパッキンから漏水している可能性も考えてバーナーも一緒に送って頂きました。

水槽に沈めて圧をかけると勢いよく気泡が・・・(-ω-;)

なんと、バーナー本体の高圧ケーブルの付け根からぼこぼこ泡が出ます。

こんなケースは初めて確認したのでちょっと驚きでしたが、点灯には問題無いのでバーナーの不良は普通疑わないですよね。

隙間にシーラーを充填して修理完了となりました。
HIDバーナー

社外品のHID製品は粗悪な品質の物も1部ですがあります。一般の方には判断が難しいところですが、

当店で今まで確認している事例をこちらで説明させて頂いております(・ω・)ノ

廉価なHID製品で起きる問題

10系三昧

まだまだ10系ネタが続いています。先日のヘッドライトとはまた違うお客様のテールランプ加工です。
アルファードのテールランプ加工
ELシートを使った加工になっております。

永らくお待ち頂いておりました、エクシーガのライトもようやく本着手となりました。
エクシーガのヘッドライト加工

またアクリルをふんだんに使った手の込んだ 加工になります(・ω・)ノ

ハイエースドアミラーウィンカー加工はお写真を頂きましたのでサンプルページにUPしました(・∀・)

ありがとうございましたm(_ _)m
ハイエースのミラーウィンカー

やはり後方向けのLED、あった方が断然良いですよね♪


200系ハイエースドアミラーウィンカーの加工

ミラーウィンカー2連発

ドアミラーウィンカーの加工が2つ同時進行中です。

こちらは200系ハイエース用
ミラーウィンカー1

レンズをくり抜いてアクリルをはめ込んでいます。デイライト連動で青点灯。

遅延回路を組み込みましたのでウィンカー中は青は消灯します。

そしてこちらは10系アルファード用
ミラーウィンカー3

こちらもアクリル埋め込みですが、余白部分は水圧転写加工をしています。

同じく白はウィンカー中消灯ですが、ウィンカーは流れる仕様になっています。

そしてどちらも後続車からの非視認性確保の為に後方向きLEDを埋め込みました。
ミラーウィンカー2

ミラーウィンカー4

当店の安全へのこだわりの部分です(・ω・)ノ

完了!

先ほどようやくオーナー様に引き取られていきました。
アルファードヘッドライトスクエアプロジェクター2

どうでしょうか、このインパクト!全く顔つきが変わりました(・∀・)

ロー側も加工したという部分で大きな効果が出ています。
アルファードヘッドライトスクエアプロジェクター1
オーナー様も目を丸くして喜んでおられました。

私も1番幸せを感じる瞬間です(・∀・)

ヘッドライト加工ついでにバンパーのデイライトを流せる様にして、ドアミラーにはLEDを埋め込んで

ヘッドライトの角柱と交互でストロボ発光出来る様にもしました。


今回もスイッチ1個で公道モード、イベントモードの切り替え式です。

これは使った方はおわかりと思いますが、チョー便利です。

LEDプロジェクターを4個も入れる加工は光軸、カットラインには大変気を使う部分です。

光軸は調整出来ますが、カットラインの水平は後から調整出来ませんので

製作時にしっかりと確認しながら作業を進めます。

今回も4個とも完全に水平が出て居ます。
カットライン

カットラインがV字型になってしまうと対向車にも迷惑がかかりますので非常に大切な部分です。

どれだけ激しく加工しても実用性と安全性は絶対におろそかにしないように心がけています(・ω・)ノ

取り付け開始~♪

コの字イカリングのヘッドライト装着の為に車体が入庫してきました。
アルファード


早く取り付けたくてウズウズしていますが、その前にドアミラーを外してバラバラに
ドアミラーウィンカー

デイライトも外してバラバラに
デイライト

まだまだ色々とやる事があります(・∀・)

イベントで激!目立って頂ける様にさせて頂きます(・ω・)ノ

組み上げ完了

製作中の10系アルファードのヘッドライトですが、組み上げが完了しました(・ω・)ノ
アルファードヘッドライト加工

ちょっと前に製作したスクエアプロジェクターの物を基本にして細部を変更しています。

ライト単体ではイメージがわかりにくいですが、取り付けてから車体正面から見たときに

3D加工で作ったコの字イカリングが相当やばいイメージになると思います。

来週中に取り付けが完了する予定なので今から楽しみです(・∀・)

取り付け完了

RGステップワゴン、取り付けが完了しました。
RGステップワゴンヘッドライト加工

アンダーのアクリルラインはデイライトです。いつもと同じくめちゃくちゃ明るいです(・∀・)

ラインはウィンカーに切り替わります。

2色なので今回は11mmのライン。長いのでちょうど良いバランスです。♪

流れるリレーも組みましたので流れますが、流れない普通の点滅でも充分かっこいいですね。


インナーの形状によっては施工不可能な物もありますが、ホントお勧めの加工です(・ω・)ノ

ツートンカラー

水圧転写加工のツートンカラーのご紹介です。
水圧転写加工

本体はブラックカーボン、アイライン部だけシルバーカーボンになっています。

色のコントラストも派手になり過ぎず良い感じに仕上がりました(・ω・)ノ

こちらはこれからパーツの組み付けを進めて行きます。

お客様から装着画像も頂いております。
10系アルファードのテールランプ加工

10系前期型アルファードのテールランプです。10系前期型アルファードのテールランプ

寒冷地仕様の加工サンプル写真が無かったので助かりました!

ありがとうございました~!

まだまだ10系も元気ですね(・∀・)

表層クラック

完成が近づいておりましたRGステップですが、問題が発覚!
ステップワゴンヘッドライト2

ライトをお預かりしていた時から気になっていましたが、カバーの表層に劣化による細かなクラックがありました。

軽微な物なら問題にならない場合もありますが、実際にインナーを取り付けて見ると結構目立ってしまいました(・ω・;)

この様にクラックで光りが乱反射してしまいます。面発光させるのと同じ原理です。
ステップワゴンヘッドライト1

RGのカバーは上の方は完全に太陽光を垂直に近い角度で受けてしまうので劣化しやすいと思います。

早速お客様に連絡を入れ、現物を見て頂いた上で研磨、コーティングを行う事にしました。

ちょっと納期が延びてしまってガッカリさせてしまったとは思いますが、せっかくお金をかけて加工するので万全を期させて頂きました(・ω・)ノ