オデッセイ

RB1のヘッドライトの組み上げが完了しました。
オデッセイRB1ヘッドライト5
ロゴはRGBで変色します。大変綺麗です。
オデッセイRB1ヘッドライト3
オデッセイRB1ヘッドライト2
オデッセイRB1ヘッドライト4
オデッセイRB1ヘッドライト1

ウィンカーは3連で流れます。


作業経過

加工中のRKステップワゴンのヘッドライトはほぼ完成しました。
RKステップワゴンヘッドライト
ポジションのLED打ち替えてダブルラインのイカリング装着です(・ω・)ノ

RB1オデッセイのライトも並行して進めております。
RB1オデッセイヘッドライト
インナーのロゴの刻印部分を光らせる加工を行っています。

思った以上に綺麗な仕上がりになりました。

そしてこちらはクライスラー300Cのテールランプ。
クライスラー300Cテールランプ
並行車の赤ウィンカー対策です。

今回はバックランプ部分を2分割して半分をウィンカーに充てました。

赤レンズの中で光らせる方法もありますが、この方が光量も出て綺麗な発色になります(^_^)v

ルームランプのLED加工

入庫中の200系ランクルルームランプのLED加工中です。
ランクル5
フロントとセンターの打ち替え後です。

いつもbeforの写真を撮り忘れて後悔します(-ω-;)

最近の車は電球では無く電球色のLEDが入っています。しかし光量が、ちとしょぼい感じです。

お客様のご要望はとにかく明るくして欲しいと言うことなのでSMDの打ち替えでは発数が同じなので光量UPはあまり望めません。

そこで今回は基板に大手術を行いました。
ランクル6

元々の6発のSMDは光らない様にして基板の回路を解析の上、新たに回路を作りました。

この時注意しなければLEDをドライブするFETが逝ってしまいますので電流値も要注意です。

あまりに大量のLEDを駆動すると壊れてしまいます。

結果は上々で純白化&光量UPが実現出来ました。

ついでに行った作業です。

まずドアカーテシのLED化。
ランクル4
これは元々電球色のLEDが2発入っていますが同様の方法で加工しました。

ステップランプも加工しました。
ランクル3
これは元々が電球だったので特に問題なしです。

そして仕上げはカーゴルームへのランプの新設です。
ランクル1
ここには元から何も無いのでアクリルを使ってケースからのワンオフ製作。
ランクル2

配線もバックドアを開けたときだけ点灯する様に工夫しています(・ω・)ノ

流れるウィンカーリレー

特に変わった物でも無いのですが、流れるウィンカー用のリレー機の紹介です。

流れるウィンカーリレー機

今回は必要があって片側3連で製作しました。普通は8連が多いのですが。

ウィンカーポジション機能も装備しています。

この様な変則的なブロック数の場合も柔軟に対応が出来ます(・ω・)ノ


RKステップワゴンのポジション

加工中のRKステップのポジション部分です。
RKステップワゴンポジション2

アクリルバーの片側にしか光源が存在しないのでグリル側に行くにつれて暗くなっていきます。

しかも下側のラインは途中でカーブしているので減衰もより大きくなります。

点灯色も黄色味がかった色なのでご不満のオーナー様も多いのではないでしょうか(・ω・;)

そこで加工を行いました。

バーの反対側にもLEDを追加して元々のLEDも日亜に交換。

色合いは写真では正確に反映されていませんが、点灯ムラはかなり改善されました。

色合いも純白になりました(^_^)v

RKステップワゴンポジション1


フィンテール加工

ワゴンRのテールランプの作業中です。
ワゴンRテールランプ加工1
アクリルフィンを積層する事で発光面をレンズの際まで持って行けます。

ワゴンRテールランプ加工2
単純なパネル加工と比べると圧倒的な立体感が出せます(^_^)v

コの字型装着

製作中の20アルファードヘッドライト加工です。
20アルファードヘッドライトコの字型イカリング1

コの字イカリングをハイとローに装着、ウィンカー部分は角柱加工です。ウィンカー時はオレンジで流れます。

20アルファードヘッドライトコの字型イカリング2

ポジションレンズ側面にはチャンネル文字で当店ロゴのグラデーション、運転席側は反転文字です。

完成までもう一息です(・ω・)ノ

完成

入庫中のベンツCLSが完成しました(・ω・)ノ

LED全灯モードフロント
ベンツCLS2

LED全灯モードリア
ベンツCLS1

公道モードフロント
ベンツCLS4

公道モードリア
ベンツCLS3

スイッチでワンタッチ切り替え出来る様にしています。

ではリレー全開バリバリ本気モードは動画で(・∀・)





ベンツCLSのライト加工

入庫中のCLSにかかりっきりになっています。

ちょっと前に加工させて頂いた車両ですが、追加&リメイクでの再ご依頼です。

リレー機のバグ取りに時間がかかりましたがようやく完成が見えてきました。

ベンツCLSヘッドライト加工

フロントグリルの中にRGBLEDを仕込みましたが、スワロが反射して幻想的に綺麗です。ベンツCLSテールランプ加工

テールランプの方はアクリルフィンで最新のイメージに加工してリレーで流れます。

ヘッドライトもグリルもリレーで流れます。

リレー機の配線もとんでもないことになりました。
リレー機

スイッチひとつで車検合法モード、LED全灯(流れない)、全LEDが流れると言う切り替えが出来ます。

まだ完成ではありませんが少しだけ動画も(・∀・)


ライン発光2連発

入庫中のベンツCLSテールランプ加工中です。

アクリルでのライン発光です。
ベンツCLSテールランプ

こちらは昨日完成した30セルシオのテールランプです。
30セルシオテールランプ

両者同じくアクリルを使ったライン発光加工ですが、それぞれ光源の設置方法が違っています。

CLSのラインはアクリルの奥から正面向きにLEDを設置しています。

この方法の長所は光量を強く出せる事ですが、LEDのツブツブが若干出てしまう欠点があります。

セルシオの方はアクリルバーの両端からLEDを対向させて光らせています。

この方法の長所はツブツブが一切出ない事ですが、バーの両端と中央部で光量に差が出る欠点があります。

両者ともに一長一短ですが、テールランプの構造によって使い分けます。

大変わかりやすい2つの方法の比較が出来ますので参考になればと思います(・ω・)ノ