本日の作業経過

昨日掲載させて頂いた60後期型ハリアーのヘッドライトの記事については早速反響を頂いております。

今後前期型車両に後期型ヘッドライトスワップのお話も出てくると思います。

正直加工ではここまで格好良い物は作れない(実用面も考慮した場合)のでスワップが流行る予感がします。

移植作業は恐らくなんとかなると思いますが、出来たとしてもアダプティブハイビームは固定配光になるでしょうね。

これは車載カメラや画像解析ユニットがなければ動かせる物ではありませんので。

さて、作業の方ですが850ボルボテールランプ加工が終盤に入りました。

850ボルボテールランプ

ユニットはおフランス製ですが、ヨーロッパ製のテールランプは加工しにくい物が多いざます。

このテールランプは反射鏡の両脇と上辺に溶着ラインがあり、普通の方法では殻割りが出来ません。

どう考えてもカッターの刃が入りませんよね(-ω-;)

なので普通ではない方法で加工しましたが、防水処理も大変になってきますね。

こちらは36アルトのテールランプです。

36アルトテールランプ

この車はなんとなく旧車の雰囲気があるので円形も入れてみました。

リングの中央の反射板はジャンク品からカットしました。

まさかのウインカーレス仕様です(笑)

20ウィッシュの加工もお待たせしておりますが、本日から着手させて頂きます。

20ウィッシュテールランプ


60後期型ハリアーヘッドライト編

加工ネタではありませんが、新型のハリアーのヘッドライト、凄く格好良いですね。

ウインカーはシーケンシャルだし、プロジェクターは3眼でまるでレクサス。

今回は何も加工はしていませんが、この機会に色々動作確認させてもらいました。

まずポジション点灯では下のラインが光ります。

従来のこの手のラインと比べると発光色は純白に近い色合いです。

今までは黄色味の強い白が多かったのでこれは嬉しい事ですね。

加工屋の立場で言わせてもらうとアレですが(笑)

60後期型ハリアーヘッドライト1

ロービームを点灯すると外側の1灯が点灯します。

60後期型ハリアーヘッドライト2

ハイビームで3眼全灯になります。

60後期型ハリアーヘッドライト3

ハイビームにはアダプティブ機能が搭載されているとの事です。

実際に点灯しての走行はしていないので詳細はわかりませんが、恐らくドイツ製が先行している

配光パターンを自在に変えるLEDプロジェクターとテクノロジーに似た物でしょうね。

カットラインはロービームは至って普通です。

カットライン2

しかしハイビームの配光はちょっと変わっています。

カットライン1

狭い範囲で必要な方向にピンポイントで照射が出来るのだと思います。

ウインカーはシーケンシャルです。



多分、他の車同様、日亜の3Wが使われているのかなと言う点灯感です。知らんけどW



60後期型ハリアーバックドアガーニッシュ編

新型のハリアーですが、テールランプ上部のラインから中央のエンブレムに繋がるラインがあります。

60ハリアーバックドアガーニッシュ2

赤いラインなので一見光りそうですが、残念ながら光りません(・ω・;)

この形、この位置、絶対光らせたくなりますよね(笑)

と言うことで光らせてあげました。

60ハリアーバックドアガーニッシュ3

消灯時も赤なので違和感ありません。ノーマルの赤とはちょっと感じがかわりますが、アクリルの質感も良い物です。

60ハリアーバックドアガーニッシュ1



60後期型ハリアーシーケンシャルウインカー編

納車後間もない新型60のハリアーです。

60ハリアー後期型テールランプ加工2


ヘッドライトには純正のシーケンシャルウインカーが装備されていますが、テールランプもシーケンシャル化されたいとのご依頼です。

もう10年以上のおつきあいのあるお客様です(^^)

早速ですが完成動画です。



リレー機は好評の3モード切り替え式のシーケンシャルウインカーリレーです。



車検時に安心です。

コーナーテールのウインカーのLEDは3列入っていますが、シーケンシャル時はバックドア側のLEDと

ラインを揃えるために上の1列は光りません。

60ハリアー後期型テールランプ加工1


しかしリレー機を車検モードにすると3列が全灯に切り替わります。


ヘッドライト加工、テールランプ加工作業の経過

RCオデッセイはもう一息です。

RCオデ

インナーはキャンディーブルーカーボンの水圧転写仕上げです。

深みがあって綺麗な色です。

今週中には完成予定です。

C-HRのテールランプは完成しました。

C-HRテールランプ

サイトに掲載しているサンプルと全く同じ仕様なので点灯写真は省略(笑)

このテールランプについては海外からも問い合わせが大変多いです。

世界中でよく売れている車なんですね。

さて、こちらの方もそろそろ着手する予定です。

36アルト

土曜日の天気予報が心配ですね。雷雨とか言ってるし・・・・(((( ;゚д゚))))アワワワワ

天気になる事を祈ります!

ナイトオフ

ナイトオフ

facebookで先行周知させて頂いておりましたが、今週末の7月1日、久しぶりのナイトオフを行います。

詳細はこちらをご覧下さい。

関西ナイトミーティング

急な雨天での中止や場所変更などの情報は当日このブログでお知らせさせて頂きます。

ノーマル車でも大歓迎です。

ライト加工の相談も受け付けておりますので、お気軽にご参加下さい(・∀・)


20アル/ヴェルのミラーウインカー

点灯出来る様になりました。

ミラーウインカー左

ミラーウインカー右

アクリルフィンの天面にはBMW風に極細ラインをびっしり並べました。

ウインカーポジション回路もワンオフしましたのですでに装着済みのリレー機との間にカプラーONで割り込ませて簡単に接続出来ます。

任意のオンオフ、ポジション時の光量調整も可能です。



こちらは現在製作中のミラジーノのヘッドライトです。

ミラジーノヘッドライト


リフレクターが非常に浅く、奥行きが取れないので汎用のプロジェクターしか入らないかなと思っていましたが、

なんとかギリギリでV36スカイライン用のバイキセノンが収まりました。

このヘッドライト、レンズがガラス製です。

リフレクターが浅いとH4バルブの熱で溶ける恐れがあるのでポリカーのレンズは使えない為でしょうね。

幸いなことにレンズカットがなかったのでプロジェクターインストールが可能となりましたが、

ガラス製レンズにレンズカットが入った物は研磨出来ないのでプロジェクターインストールは不可とさせて頂いております(・ω・;)

L字型イカリング

引き続きRCネタです。

今日はイカリングが付きました。

L字型イカリング

L字型ですが縦ラインはくの字になっています。

以前はコの字で製作しましたがL字も良いですね。

こちらは慢性的に人気の20アル/ヴェル用のミラーウインカーです。

ミラーウインカー

今までに色んなバージョンを作ってきましたが、また新しいデザインです。

光源はまだ入っていませんが、光ると綺麗だと思います。

お客様から装着画像も届いております。

インプレッサテールランプ加工

インプレッサG4のテールランプ加工

S様、運送事故破損でご迷惑をお掛けしましたにも関わらずご丁寧にありがとうございました!

またヘッドライト加工の方もよろしくお願い致しますm(_ _)m




続RCオデッセイヘッドライト

ウインカー部分が点灯出来る様になりました。

アクリルウインカー

6連リレーでシーケンシャル点灯になります。

ポジション時は白色で光りますが、そこはまだです(・ω・;)

現在イカリングも3D切削中です。

3Dイカリング

ここのところ連日の様にC-HRのお問合せが続いております。

この車、めちゃめちゃ売れているみたいですね。

先ほど入荷したヘッドライトです。

C-HRヘッドライト

梱包のサイズが180cmありますので、クロネコ宅急便や郵パックでの輸送は不可能なサイズとなります。

ヤマト便か佐川さんのラージサイズを使わなければ無理ですね。

破損事故の保険が30万円が上限になるので、このヘッドライトに限っては出来るだけご入庫頂いた方が良さそうです。


テールランプも加工待ちです。

C-HRテールランプ

まだ着手はちょっと先になりますが、またご紹介させて頂きますね(^^)


RCオデッセイのヘッドライト加工

作業進行中のRCオデッセイのヘッドライトです。

RCオデッセイヘッドライト2

この赤で囲んだ部分、いつも思うのですが勿体ないですね。

リフレクターまであるのに光らないダミーです。

DRLが義務化されている欧州仕様だと、デイライトが組まれているのだと思います。

手軽にここをデイライトにするとかシーケンシャルウインカーにする加工もありですね。

今回の加工ではもっと凝った加工になりますが。

このダミーの場所とウインカーの場所をつなげて端から端までアクリルで光らせます。

ここに入れるアクリルの塊はすでに出来上がりました。

RCオデッセイヘッドライト3

平行四辺形のパネルを6分割です。

インナー側の仕切りは邪魔になるのでカットして切り口はパテで埋めました。

RCオデッセイヘッドライト1

また進行があればご紹介させて頂きます♪

光量改善中の他社製作品RCオデッセイのテールランプは完成しました。

RCオデッセイテールランプ加工

コーナーテールのウインカーのLEDの中央にもブレーキランプ用のLEDを追加しました。

これで安全性は確保出来ました。

花びらのデザイン部分は普通のLEDの打ち込みだともの凄い発数が必要になり、高額になりますので今回はLEDテープで廉価で対応させて頂きました。

LEDテープを使うと圧倒的に作業が楽になるので安く済ませる事が出来ますが、LEDテープは海外製なので信頼性に欠けます。

通常は当店ではテープLEDを光源に使う事は行いませんが、保証対応外となる事をご理解頂けた場合はこの様な方法での対応も可能です。

最近はLEDテープの信頼性も数年前と比べるとかなり良くなっていますが、やはり国産のLEDと比べると安心は出来無いですね(・ω・;)