FC2ブログ

臨時休業のお知らせ

度々の臨時休業で申し訳ありませんm(_ _)m

明日11月1日は臨時休業とさせて頂きます。

メールの対応も出来ませんので何卒ご理解頂ければ幸いです。

作業の紹介です。

20アルファードのヘッドライトは無事ヴェゼルのプロジェクターが入りました。

20アルファードヘッドライト


まだモノアイとイカリングだけですが、プロジェクターの位置を確定出来たのでインナーの加工を進めて行きます。

こちらはメーカー名は伏せますが、30ヴェルファイア用のヘッドライトガーニッシュです。

取り付け前に防水加工のご依頼です。

早速水槽に沈めて内部加圧を行いましたがあちこちから気泡が出るわ出るわ(;゜0゜)

まず配線のグロメットに空き穴があります。赤く囲んだ部分です。

社外品ランプ


そしてグロメットと配線の径が合っていなくてゴソゴソなので配線の隙間からも漏水。

本体には謎の空き穴もありますし、本体にインナーを固定しているネジの隙間からも気泡がブクブクと・・・・

幸いレンズのシーリングからの漏水は皆無でした。

全てシールして完璧な防水加工をさせて頂きました。

こちらは少し前に製作させて頂きましたムーブのヘッドライトです。

昨日取り付けが完了しました。

ムーブヘッドライト加工

C-HRの方はもう少しで完成です( ̄^ ̄)ゞ


C-HRのヘッドライトVer3続報です

このブログを見て頂いているお客様数名からも進行具合をご期待頂いておりますが、この加工での1番のキモとなるアクリルラインが点灯できる様になりました。

C-HRヘッドライトVer3-2

この形状のアクリル加工は大変難易度が高くなりますが、数度の作り直しを経てようやく綺麗に出来ました。

点灯色は純正オプションライトよりも純白になり、端には青のグラデーションも入れました。

光量も純正よりも遙かに明るいです。

インナーはメッキ部分をブラックカーボン、アクリルラインの天面をキャンディーブルーカーボンの水圧転写で仕上げています。

C-HRヘッドライトVer3-3

インナーとアクリルの食い込みの部分もばっちり一体感を出しています。

C-HRヘッドライトVer3-1

完成まであと少しです(^-^)/



130マークXのヘッドライト加工

130マークX中期型車両です。

後期型ヘッドライトへの換装を兼ねてのヘッドライト加工です。

マークXヘッドライト4

イグニッションオンでアクリルフィンが強発光、元々のポジションランプはPOWERLEDに入れ替えて強発光させています。

マークXヘッドライト3

ポジションONでアクリルフィンは減光モードになり、POWERLEDは消灯します。

この制御で対向車に迷惑にならないようにしています。勿論オートライト点灯でも動作します。

ウインカー部分はアクリルパネルを投入してポジションでは白色に点灯します。

マークXヘッドライト2

ウインカーを出すと白色は消灯してシーケンシャルウインカーになります。

マークXヘッドライト1


動画です。



リレー機にはスイッチを設置して車検モードに切り替え可能です(・ω・)ノ


ベンツGL完成

入庫中のベンツGLヘッドライト加工も完了して無事納車となりました。



ウインカーの横幅がありますのでシーケンシャルウインカー加工は効果的ですね。

現在進行中の作業です。

ゴルフのヘッドライトは分解が完了しております。

ゴルフヘッドライト

20アルファードのヘッドライトも分解が完了しました。

20アルファードヘッドライト


ハイビームにこの子を入れます( ^ω^ )

ヴェゼルのプロジェクター

86のテールランプは基板の取り付けが終わりましたのでこの後配線作業です。

86テールランプ

デコトラテールランプ加工も進行中です。

デコトラテールランプ

明日の入庫車両への取り付け準備も着々と進めております(・ω・)ノ


ムーブのヘッドライト加工完成

製作中のムーブのヘッドライトは完成しました。

ムーブヘッドライト

アイラインのアクリル加工に加えてダブルラインイカリングやブラックカーボンの水圧転写も。

マークXのヘッドライトもかなり形になってきました。

マークXヘッドライト

そしてE51エルグランドのテールランプも完成。

エルグランドテールランプ

センターガーニッシュ内側のラインの揃えを斜めにしているのはオーナー様のこだわりです。

入庫中のベンツGLはテールランプだけ先に完成しました。



国産車では遭遇しないような問題も多々ありますが、全て完璧に解決しています( ^ω^ )

ベンツGLシーケンシャルウインカー加工

入庫車両のベンツGLです。

ベンツGL

前後共シーケンシャルウインカー加工のご依頼です。

ヘッドライト側のウインカーは電球式なので全く問題無く加工可能です。

しかしテールランプは元々LEDウインカーになっています。

この様な車両では一筋縄で加工出来ません。

必ずLED切れのチェックが入りますので何も知らずに加工するとエラーが出ますし、エラーと同時にウインカーへの給電がストップされます。

またシーケンシャルウインカーの場合はLEDへの電流値が時間と共に変化します。

それによっても電流過小、電流過多のエラーが出ます。

加工以前にそのエラー回避対策が取れるかどうかが非常に重要な問題となります。

輸入車のシーケンシャルウインカー加工のお問合せは日々増える一方ですが、こちらで加工歴のある物以外はこの部分の診断が必要になります。

最近の加工のお問合せに対して「やってみなければわからない」と言う大変曖昧な回答をさせて頂くケースが多いですが、この様な事情がありますのでご理解頂ければ幸いです。

並行作業でロータスエリーゼヘッドライトの修理のご依頼です。

以前同型車でポジション切れの修理を紹介させて頂いた事がありますが、今回はウインカーのLEDが点滅すると言う症状です。

診断するとLEDが1発不良になっていました。

このヘッドライトでもベンツ同様に電子回路でLEDを駆動しています。

そしてLEDに流れる電流値が既定値から外れると給電を停止します。

LEDは完全に切れる前に点滅を起こすことは良くあります。

恐らくLEDチップ内部のボンディングワイヤがバイメタルの様に働き、温度があがると断線、温度が下がると再び接続されて点滅を起こす物と思われます。

不良のLEDを交換して不具合は解消しました。

ただ、全く同じLEDの型番が特定出来無いので流れる電流値から最適な物を使いましたが、この様に若干点灯感が違ってしまいます。

ロータスエリーゼヘッドライトウインカー

以前ポジションの修理ではLED基板の裏にシリコンが塗布されていましたが、今回はシリコンがありませんでした。

ロータスエリーゼヘッドライト修理

まさかの塗り忘れ??(;゜0゜)

その為裏側のアルミ放熱板と密着していません。

つまりLEDが満足に放熱出来ていなかったと思われます。

このライトに関しては以前の配線の挟み込みもそうですが、ちょっと普通では考えられない事が多いですね(・ω・;)


営業再開です

昨日、一昨日は臨時休業で大変ご迷惑お掛けしましたm(_ _)m

本日より通常営業に戻らせて頂きます(=゚ω゚)ノ

たくさんのメール、FAXが溜まっておりますので、これから順次回答させて頂きますね( ̄^ ̄)ゞ

臨時休業のお知らせ

誠に勝手ながら明日10月18日(水)と19日の2日間は臨時休業とさせて頂きます。

この2日はメールの対応が出来ませんので、20日以降に回答させて頂きます。

本日発送分はRCオデッセイのフォグ加工。

RCオデッセイフォグランプ

当店では基本的にはイカリングにSMD光源は使いません。(スペース的な制約がある場合は別ですが)

その為イカリングの大きさは0.5mm単位でジャストフィットで製作出来ます。

何なら0.1mm単位でも製作出来ますが、そこまでの精度は普通は必要ないですね。

こちらはちょっと懐かしいプレリュードのヘッドライトです。

プレリュードヘッドライト

光軸調整ネジをなめてしまったとの事での修理のご依頼です。

光軸調整のメスネジはナイロン製です。

無理矢理締め付けるとこの様にネジ溝が無くなってしまいます。

光軸調整ネジ破損

意外と多いトラブルなので皆様お気をつけ下さいね。

ショップさんで取り付けしてこの様になってしまった例もありますので。

上下方向の調整をしているつもりなのに、実際には左右のネジを回して居ることに気がつかず、

いくらネジを回しても光軸に変化が無いのでリミットを超えて回してしまい、気がついた時には

ネジが壊れていたなんて言うのは典型的な例です。

光軸調整のコツは壁にヘッドライトを照らしてカットラインの動きを見ながらネジを回すとわかりやすいです。

4灯式の場合は調整しない方のビームはガムテープなどでマスクして下さい。

めくらめっぽうにネジを回すのは大変危険です(・ω・)ノ




50プリウスナイトライダー加工

50プリウスフロントグリルのフィンをアクリルに加工してLEDで光らせました。

50プリウスフロントグリル

基本はデイライトとして点灯しますが、リレー機を使ってウェルカムランプとしても流れる様にしています。



つまりキーを持ったオーナーが近づくとグリルの光が左右に往復してくれます。

ちょっとした遊び心ですね(・∀・)

お車への取り付けはまだ先なのでとりあえず保管しておきます。

こちらはE51エルグランドのアッパーテールです。

アクリル3本ラインで光る様に加工中です。

E51エルグランドテールランプ

明後日の18日と19日は誠に勝手ながら臨時休業となります。

長いこと、ろくに休みも取れていない状態が続いていましたので遅めの夏休み?を取らせて頂きますねm(_ _)m


作業経過のご報告

C-HRのヘッドライトはようやくここまで進みました。

C-HRヘッドライト

Ver3はこの上にアクリルラインでのデイライトが装着されますので、ウインカーのデザインがVer2から変更になっています。

Ver3も光源にはPOWERLEDを使って居ます。

現在デイライト以外点灯できる様になりました。

デイライトはまだ少し先の完成となります。

こちらは久しぶりな感じの20アルファードのテールランプです。

バックドア側のダミーには純正と同じLEDを使っています。

20アルファードテールランプ

130系マークXのヘッドライトはポジションラインの強発光加工が完了しました。

左が純正、右が加工後です。

一目瞭然ですね。

マークXポジション

そして以外とお問合せの多いJADEのテールランプです。

JADEテールランプ

光らないバックドアテールをアクリル導光で光らせています。

社外品ライトの販売が無い車種は結構お問合せを頂きますね♪



スバル車2連発

お客様から装着画像を頂きましたので、サイトの方に掲載させて頂きました。

奇しくも2台ともスバル車。加工内容にも3D加工が入っています。

まずはBHレガシイ

BHレガシイヘッドライト

ヘッドライトにV36スカイライン用のバイキセノンプロジェクター、ウインカーは3D加工で製作したミニバルカン、下半分は3Dレンズを製作してデイライトにしています。
イカリングは敢えて除外。

素晴らしいセンスでまとめられたお車です。

BHレガシイヘッドライト加工12

サイトサンプルページ

そしてこちらは先日リメイクさせて頂いたWRXのテールランプです。

WRXテールランプ

3D加工で削り出して製作したLEDのリングをメッキ塗装に変更しました。

メッキにした事で更に質感がUPして喜んで頂けました。

WRXテールランプ加工2

サイトサンプルページ

O様、S様、この度はどうもありがとうございましたm(_ _)m

C-HRのヘッドライト開始

この数日実家の引っ越しの手伝いで筋肉痛がやばいです(汗)

両親はもう高齢ですが、団地老朽化の建て替えでの強制転居なので最初は2人とも

「この先長くないんやし、もうええやん」って感じで渋々でしたが、

やはり新築の部屋は良い物で、最終的には2人ともテンションMAXになっていました(笑)

新築の部屋で穏やかな老後を過ごしてもらいたいものです。

さてC-HRのヘッドライトVer3の作業が進んでおります。

C-HRヘッドライト加工Ver3

まだ光らないので写真ではわかりにくいですが、今回のメインとなるのはオプションのヘッドライトと同様に

デイライトのラインを設置する作業になります。

一見簡単そうに思えますが、ラインの曲がる角度がやらしい角度なので非常に難易度の高い加工になります。

まだまだ点灯状態を撮影出来るのは先になりますが、完成が楽しみな加工です(・ω・)ノ

並行して進行中のムーブのヘッドライトはイカリングの取り付けが完了しました。

ムーブのヘッドライト

ダブルラインのイカリングです。

1mmのラインが2本、綺麗に並んで光って居ます。

アクリルの削り出しで発光部を作っていますので精度抜群です。



工場のライン用照明製作

約2ヶ月に渡ってかかりっきりだった大きな仕事もようやく終わり鬼のように忙しかった毎日もやっと通常のペースに戻りました。

このパーツは某企業様より受注頂いた工場の昇降機に取り付ける照明です。

ライン設備

全部で80枚あります。場所を取るので重ねていますが、保護フィルムを剥がす前なので問題ありません。

使ったLEDは7680発。全て手半田です。半田担当も今回は本気で嫌気がさしていました(笑)

元々大量生産はうちの仕事では想定していませんのでかなり無理しました(汗)

パネルはこの5台のコントローラーを使って光を流します。

LEDコントローラー

流れるウインカーの応用ですね。

ただ、ちょっと違うのはコントローラーから出る5本の信号線を使い分けて流し方を変える方法になっています。

信号はLOW信号の入力なのでスイッチなどで簡単にできます。

これを車に応用すればドアオープンやエンジンON、バック中等々、動作に応じて流れ方を変えることも出来ますので今回の仕事は本業に取っても色々と収穫になりました。

本業の方は色々と進めております。

こちらは130系マークXのヘッドライトです。

マークXヘッドライト

もう最近はメーカー純正ライトもPET樹脂では無くカスタムライトの様にアクリルを取り入れる例が増えてきましたね。

こちらはムーブのヘッドライトです。

アイラインをアクリルにして光らせる加工を進めています。

ムーブヘッドライト

そしてまたまたC-HRのヘッドライトです。

C-HRヘッドライト

今までより更に凝ったVer3となります。

C-HRは本当にお問合せが多いです。今1番熱い車でしょうね。

また経過をご紹介させて頂きます。