fc2ブログ

備えあれば憂い無し

レクサスRXのヘッドライトの移植加工をさせて頂きました。

レクサスRX後期型ヘッドライト

今回は前期車両はノーマルハイビーム車両への後期型ヘッドライト移植になります。

当店では完成後にこの様に破損が無い事を確認する為に写真を撮影しております。

これはお客様向けと言うよりも破損事故が起きた際に運送業者に提出する為の意味合いが強い物になります。

最近のヘッドライトの大型化に伴って破損事故が非常に増えています。

破損しても中々運送業者が非を認めなかったり言い訳をされたりしますので

この写真はドラレコのような保険的なものですね。

勿論裏側など角度を変えて数枚撮影して居ます。


移植ついでにレクサスGSのオーナー様向けのお話がございます。

後期型ヘッドライトに移植する場合は関係無いお話ですが、前期単眼ヘッドライトを前期3眼ヘッドライトに

アップグレードする場合、レベライザー部分に加工が入ります。

しかしこのヘッドライトのレベライザーは大変特殊な物で、光軸調整ネジとは関係の無い動きをします。

光軸調整ネジで動くのはプロジェクターの載るベースプレートになりますが、レベライザーはこのベースプレートの上で

前後にスライドしてプロジェクターを上下に首振りさせる構造になっています。

従ってローダウン車の場合は加工後のヘッドライトは通常の方法では光軸調整が不可となり、

リアハイトセンサーの初期化の位置を変える事でレベライザーのゼロ点を動かして光軸を出します。

つまりゼロ点の移動によって光軸を出すと言う特殊な方法での光軸調整作業が必要になります。

お客様からお送り頂いたお写真です。

レクサスGS

車高

このレベルでローダウンしている場合はレベライザーのゼロ点をかなり移動させる必要があります。

レベライザーの初期化作業に自信の無い場合はご入庫での対応も可能です。

お写真、情報を提供して下さいましたM様には深くお礼申し上げますm(_ _)m

そしてこちらは久しぶりの水圧転写加工です。

水圧転写


完成間近です。また取り付けが完了しましたらご紹介させて頂きますね(^^)



tag : レクサスRXGSヘッドライト移植レベライザーゼロ点ハイトセンサー

プロフィール

エルコボ

Author:エルコボ


お問合せはこちらからどうぞ。

大阪堺市のヘッドライト加工、テールランプ加工、

シーケンシャルウインカー加工の専門店エルコボのブログです。

過去のブログはこちらからご覧頂けます。

エルコボサイト

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR