ヘッドライトカバーのリペア

ヘッドライトカバーの黄ばみのリペア作業の紹介です。

よくお問い合わせのある作業ですが、簡単に言えば劣化した表層を研磨して

その後に上からコーティングして表層を作ります。

表層は紫外線からライトを守る為に不可欠で安物のコート層だと

半年ほどで効果がなくなってしまいます。

レンズリペアでは、このコーティングのクオリティーが1番キモなんですね。

研磨にしてもコーティングにしても熟練の技術が要る作業だけに当店では

その筋のプロの業者さんに来て頂いて作業して頂きます。
レンズリペア作業

写真はコート層を紫外線で焼き付けしているところです。

純正並みの強度を確保出来、5年は持つと言う事です。(条件により異なります)

安い業者さんもたくさんあり、それと比べると当店でのこの作業は少々高くなりますが、

持続性が全く違います。

朝ご入庫頂いて夕方にはお渡し出来ますので是非ご利用下さい!



トラックバック
http://lkobo.blog.fc2.com/tb.php/11-4d69b943
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)