befor after

ライト加工では最近はアクリルを使う事が当たり前の様になっていますが、そうなってくるといかに差別化するかと言う事が大事になってきますよね(・ω・)ノ

そのお手伝いを出来るのが当店の3D加工です。

何を今更と思われる方もおられると思いますが、いまいち3D加工と言う物がよくわからんと言う方もおられると思います。

今日は非常にわかりやすい例を紹介させて頂きます。

仕様変更中のライトですが、今まではこの様に普通のアクリルパネル加工でした。
3D加工1

まあ、これだけでもアクリルの面が飛び出しているので立体感はあります。

しかしこのL字部分を3Dで作るとこうなります。
3D加工2

陰影が上手く映らないのでちょっとわかりにくいかも知れません。

では点灯写真。
3D加工3
どうでしょうか?真正面から見るとわかりませんが、横や上から見たときにははっきりと違いがわかると思います。

些細な事かも知れませんが、こんな小さなパーツでも3D加工を行う事で質感は大幅にUPしてくれます(・∀・)



トラックバック
http://lkobo.blog.fc2.com/tb.php/195-8ec532d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)