ポルシェ、フェラーリなどテールランプ加工作業経過

ポルシェ パナメーラのテールランプです。

US仕様なので赤ウインカーを黄色に変更する作業を進めています。
パナメーラテールランプ
例によって電子回路での定電流ドライブ、球切れ監視が行われています。

LEDを打ち替える前に、LEDに流れる電流特性をしっかりと調べる事が重要になります。

ウインカーなのでフルに近い電流で点灯していますので、使うLEDを間違えるとすぐに切れてしまいますからね。

こちらはフェラーリのテールランプです。
フェラーリテールランプ
これは電球式なので思い切った加工が出来ます(^^)

そしてこれは10系アルファードのテールランプです。

取り付け部が割れてしまったとの事での修理のご依頼です。
アルファードテールランプ補修
新しい箱に換えれば簡単ですが、破損箇所はドアを閉めれば全く見えない部分。

それならばすこしでも安く済む補修で対応させて頂きました。

破断面を溶着してステーで補強していますので強度面でも全く心配なしです(^_^)v


トラックバック
http://lkobo.blog.fc2.com/tb.php/288-33629064
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)