100系ハイエースのヘッドライト加工

100系ハイエースのヘッドライトにベンツCクラスのプロジェクターを入れる加工を行いました。
100系ハイエースヘッドライト2

最初に相談があった時にはこんな大きな物が入るかと一抹の不安もありましたが、オーナーさんの熱い熱い熱意に負けてトライする事になりました。
オーナーさん曰く「熱すぎて頭のおかしい奴」と自虐されておりましたが、お若いのに人柄のすばらしいナイスガイです(笑)

そんな人には商売抜きでも期待に応えたくなるものですね。

点灯用コンピュータも無かったので十分な光量が出ない可能性や最悪光軸は出ないかもと言うこともご了解頂きましたが、結果オーライでちゃんと実用性のあるヘッドライトが完成しました。
100系ハイエースヘッドライト4

前から見ると想像以上に似合っています。男前な顔になりました。
100系ハイエースヘッドライト1

プロジェクターは純正のLEDをそのまま残して定電流回路で点灯させています。

LEDの型番が不明なので流す電流値の設定が大変重要になってきます。

このあたりは今まで積み上げてきた経験が役に立ちます。LEDを壊さない範囲で最大の光量を出すと言うのは色々な計測やテストも重要になります。

この様にカットラインも水平で、きちんと前を照らしています。対向車に迷惑をかける事もありません。
100系ハイエースヘッドライト3

先日のお台場のSBMにもエントリーされておりましたが、ヘッドライトはかなり目立っていたと嬉しいお言葉を頂きました。

動画に登場するテールランプ、リフレクターも当店加工品です。もう8年ほど前に製作させて頂いた物ですがまだ現役バリバリです。

アクリル加工がブームになる遙か前にアクリルフィンを入れています。


100系ハイエースのヘッドライト加工





トラックバック
http://lkobo.blog.fc2.com/tb.php/322-36d5e2c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)