レクサスISのヘッドライト加工、テールランプ加工の作業経過

レクサスISのヘッドライト、テールランプの進行状況です。

ヘッドライト側はアルミで基板を作り、POWERLEDの実装が完了しました。

レクサスISデイライト

上が新規製作の基板、下が純正の基板です。

劇的に光量が違いますね。

点灯色も6000k程度の純白になりました。

この基板LEDが片側12発です。個人的に12とか24と言う数字は大好きです。

2でも3でも4でも綺麗に割り切れる個数です。DIYされる方なら、この意味おわかり頂けますよね(笑)

半端な数でも加工はどうにでもなるのですが、精神衛生的にも気持ちが良いです(・∀・)

点灯テストをしていますが、思っていたよりも基板が熱くなるので念のために放熱フィンも付ける事にしました。

多分このままでも問題無いと思いますが、念のためです。

信頼性を確保するためにはやり過ぎと言う物は無いですからね。

トラブルが起こらないように考えられるあらゆる対策をこの時点で行っておけば安心してお使い頂けます。

テールランプの方は基板の組み込みが完了しました。

レクサスISテールランプ

純正感を残すためにウインカーのインナーレンズは残しました。

除去してしまう方法もありますが、ツブツブのLEDむき出しだといかにも加工しました感が出ます。

それが良いと言う場合もあるのですが、オーナー様はできる限り純正感を壊したくないとご希望されていましたので

その方向で製作しています。

インナーレンズにはレンズカットがありますし、ラインも直線では無いのでレンズカットの山の位置にLEDのチップが揃うように

オリジナルで基板を製作しました。

フロントのウインカーが点灯出来る様になりましたらまたご紹介させて頂きますね♪



トラックバック
http://lkobo.blog.fc2.com/tb.php/413-3830398d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)