エクストレイルの社外品テールランプ

エクストレイルの社外品テールランプです。

ウインカーが暗いのでなんとかならないかとのご相談を頂きました。

ノーマルの状態を観察するとLEDを上から下に向けて光らせ、それをリフレクターで反射して後方に向けて光りを照射しています。

LEDの打ち替えによるハイパワー化でもかなり改善すると思いましたが、レンズ側も薄い赤色に着色されており、

LED本来の光量が減衰する事も考えて、今回はリフレクターの中央に穴を開けて、そこから3WのPOWERLEDを光らせる事にしました。

左がノーマル、右が加工後です。

エクストレイルテールランプ2

劇的に明るくなりました。

ノーマルのLEDもそのまま温存して光らせていますのでリフレクター全体も面発光の様に光っています。

エクストレイルテールランプ1


元々の点灯感を損なうこと無く、光量もUP実現しました。

POWERLEDを使う加工なので、LED原価が高いこと、放熱の構造を作る必要がありますので

通常のLED加工よりも加工料金はかかってしまいますが、圧倒的な光量が出せますのでお勧めの方法となります。


トラックバック
http://lkobo.blog.fc2.com/tb.php/443-9d74e8ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)