FC2ブログ

60ハリアー前期型車両に後期型ヘッドライト移植プロジェクトvol2

60ハリアー後期ヘッドライト移植ですが、単なる移植だけで無くグレードアップも同時に進めています。

不満なオーナー様も多いと思いますが、このヘッドライト、3眼プロジェクターなのにロービームは外側の1灯しか点灯しません。

そこで中央のプロジェクターをロービーム配光に加工する事になりました。

中央のプロジェクターは元々アダプティブハイビームで補いきれない部分を補助する役目のサブプロジェクターと言う位置づけのプロジェクターだと思われますが、ハイビームはあまり使わないと言う事と、アダプティブプロジェクターだけでもそこそこハイビームとしては使えそうな事もあり、この計画となりました。

ロービーム配光のプロジェクターをハイビーム配光に加工する事は比較的簡単で特にHIDプロジェクターでは良く今までも行ってきました。

しかしその逆は光学部分を触らないと出来無い禁断の領域となります。

最重要なのはきちんとしたカットラインを作る事で、これが出来無ければ対向車に多大な迷惑のかかる光害車となってしまいます。

しかしいざ現物に向き合って見ると困難の連続です(´・_・`)

まず、このプロジェクターのレンズです。

60ハリアープロジェクターレンズ1

なんとレンズの内側がえぐれています。虫眼鏡の凸レンズの様な形状です。

とりあえずこのままで色々やってみましたが内側のえぐれが原因でどうやってもカットラインが作れません。

そこで裏側がフラットな普通のレンズを作る事にしました。

先日の3Dスキャンのブログはこの件です。

スキャンデータを編集してルーターでの切削完了後はこの様な感じです。

60ハリアープロジェクターレンズ2

これにペーパーとコンパウンドを使って磨きをかけます。そうするとこんなに透明な状態になります。

60ハリアープロジェクターレンズ3

スキャン精度も高精度なので寸分違わない物が出来ました。左が純正品、右が複製品です。

60ハリアープロジェクターレンズ4

そしてこのレンズを取り付け、カットラインを作っていざ点灯。

カットライン

見事なカットラインが出現しましたv(o゚∀゚o)v

光量も充分出ています。

 60ハリアープロジェクター2灯点灯

あとは3眼同士の光軸の相対関係の調整が必要ですが、大きな問題は無さそうです。

夜間の光量の検証含め、まだ時間はかかりますが、ここまで来ればもう大丈夫です。

またご紹介させて頂きます( ̄^ ̄)ゞ



トラックバック
http://lkobo.blog.fc2.com/tb.php/520-62b56233
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)