FC2ブログ

30アルファード3連発

続々と装着画像が届いております。皆様ありがとうございますm(_ _)m

まずは30アルファード前期車両に後期ヘッドライト移植の装着画像です。

30後期型ヘッドライト移植

後期ヘッドライトには3タイプありますが、このサンプルでは2眼プロジェクター+シーケンシャルウインカータイプになります。

全てのパートで後期型純正と同じ機能を再現出来ています。



I様、この度は開発モニターでのご協力、誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m


続きましては前期型のヘッドライト加工になります。

30アルファードヘッドライト加工

ダミープロジェクター製作での3眼風加工とシーケンシャルウインカーがメインの加工になります。

インナーメッキ部分はオーナー様こだわりのカラーで塗装しております。

O様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

そしてご紹介下さったA様、いつも色々と本当にありがとうございます(^^)

最後はまた30アルファード後期型ヘッドライト移植プロジェクトになります。

30後期型アルファードヘッドライト

この加工では2眼プロジェクター+ノーマルウインカーのパターンになります。

このパターンも移植加工は全く問題御座いません。

これにより、30はアルヴェル併せてヘッドライトが3パターン、テールランプが2パターン、全ての移植加工をコンプリートしました。

前期型車両のグレードがどれであっても、上記の5パターンの移植は完璧に対応可能となりました。

後期型移植に伴う良く頂く質問で車検の可否があります。

車検についてはどの様な加工であっても当店での明言は出来ませんが、内容的には問題無いと考えて居ます。

陸運局持ち込みであれば多分そのまま通ってしまうと思います。

しかしディーラーさんの場合は保安基準よりもより厳しいディーラーの内規で判断されますのでNGの場合もあると思います。

実際、元々の車両がシーケンシャルウインカーでない物にシーケンシャルウインカーのヘッドライトを装着すると

車検は通らないと言う例も聞いております。

もしディーラーさんで車検をお考えの場合は事前にディーラーさんで確認して頂くか、車検用に前期型ライトは保管される事をお勧めします(・ω・)ノ








トラックバック
http://lkobo.blog.fc2.com/tb.php/590-9ea25bcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)