FC2ブログ

LS460ヘッドライト移植の結果

先日ご紹介させて頂きましたレクサスLS460のHIDライトから

LEDヘッドライトへの移植作業は無事成功しました。

エラーもばっちり消えて赤外線照射機能、機械式アダプティブハイビームも正常動作の確認が出来たと

オーナー様から嬉しいご報告を頂きました。

実証用のヘッドライトで正常動作が確認出来ましたので、本番用のライトをお送り頂き加工を進めて行きます(^-^)/


話は変わりますが、少し前にご紹介させて頂きましたE52エルグランドテールランプ加工ですが、

取り付けが完了しました。

アクリルの3D切削で立体感抜群の造形です。

E52エルグランドテールランプ2

ロアテールはウインカーを潰してブレーキランプに変更、

ブレーキランプ部分はバックランプ化して2列がバックランプになっています。

E52エルグランドテールランプ1

ハイマウントはオーナー様こだわりのデザインです。

文字部はドロップシャドー風にアクリルで表現しました。

E52エルグランドハイマウント

このアッパーテールの最大の見せ場はシーケンシャルウインカーからのポジション復帰動作です。

動画でご確認下さい。



動画では光が飛んでしまって色の違いがわかりずらいですね。

内側から外に流れるときは黄色でシーケンシャルウインカー

ウインカーオフ後の外から内側への流れる動作は赤でポジション点灯です。

実はこのオーナー様、昨年末に紹介させて頂いたヘッドライトのオーナー様です。



前後で動きが統一されてとても良い感じになりました。

F様、いつも本当にありがとうございます!


最後に30アルファードの後期化のご紹介です。

まずテールランプですが、前期車体にノーマルウインカー(ウインカーが流れないタイプ)の

後期型テールランプを装着して使っておられました。

今回、これを加工してシーケンシャルウインカー化させて頂きました。



当店ではシーケンシャルウインカーのリレーは必ず1つのリレー機で左右を制御します。

左右独立で使えば取り付け時の配線作業が楽なのですが、

ハザード時に左右の同期ズレが起きる場合があります。

全く同じ回路で製作しても電子部品には誤差があるので、その影響で左右の流れる速度が狂うことがあります。

動画を撮影してスロー再生すれば確認出来ます。

純正のシーケンシャルウインカーはライトの中にLEDを流す回路が内蔵されていますので、

左右独立タイプになりますが、純正の回路はクロック回路が大変高精度なので狂いは起きません。

かける製造コストの違いですね。

低コストで左右のズレを無くすにはリレー機の左右の共通化は必須となります。

ちなみにハザードの同期ズレは車検に通りませんのでご注意下さいね。

ヘッドライトも後期化させて頂きました。


ベースの前期車両はコーナリングランプ無しグレードになります。

移植した後期型ヘッドライトは3眼タイプ。

つまり1番落差の大きな移植になります。

元の車両に装備されていなかったコーナリングランプもデイライトも動作します。

H様、いつもありがとうございます!今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m



プロフィール

エルコボ

Author:エルコボ
大阪堺市のヘッドライト加工、テールランプ加工、

シーケンシャルウインカー加工の専門店エルコボのブログです。

過去のブログはこちらからご覧頂けます。

エルコボサイト

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR