FC2ブログ

事故破損ライトについて

前期後期移植、特にそのなかでも30アルヴェルの移植に関しては

お客様から送って来られる後期型ヘッドライトはかなりの割合で事故破損品のヘッドライトが届いております。

事故破損である事を認識の上お送り頂いた場合は問題ありませんが、中にはだまされた!と言われるお客様も

おられますので、ヤフオク等で中古を手配される場合は充分ご注意下さいね。

事故破損品でも軽微な物は問題ありませんが、中には全てのステーが無くなっている場合もあり、

その様なケースでは殆どの場合、ステーの付け根にあたる本体側に亀裂が入っています。

この亀裂は目視でも判らない事が多いのでやっかいです。

取り付けて見て浸水が起きて初めて気がつくこともあります。

下の写真は全てヘッドライト内部側から折損ステーの根元を撮影した物です。

ヘッドライトステー折れ3

ヘッドライトステー折れ2

ヘッドライトステー折れ1

ステー折れは接着材で補修している場合が多いですが、かなりの確率でこの亀裂から浸水を起こしています。

この様なダメージを受けているヘッドライトはほぼ間違い無く事故車から外した物です。

この様なライトを使って加工させて頂く場合は漏水検査も念入りに行わなくてはなりませんし、内側からパッチ当て

した上、亀裂を完全に塞ぐ作業を行いますので追加料金が発生します。

何卒、ご理解頂ければ幸いです。


加工作業の方ですが、マスタングのテールランプの取り付けが完了してサイトにサンプルページをUPしております。

マスタングテールランプ加工

マスタングのテールランプ加工

2012年式の車体に2013年式のテールランプを移植した加工になりますので

テールランプの形状が若干違います。

バンパーとテールランプの間に出来る隙間を埋める3角のパーツが必要になります。

T様、この度は誠にありがとうございました!

また何か御座いましたら今後ともよろしくお願い致します(^^)


プロフィール

エルコボ

Author:エルコボ
大阪堺市のヘッドライト加工、テールランプ加工、

シーケンシャルウインカー加工の専門店エルコボのブログです。

過去のブログはこちらからご覧頂けます。

エルコボサイト

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR