FC2ブログ

フォグのバルブ変更加工

30セルシオのトムス仕様フロントバンパーに組み込まれるフォグランプの加工です。

元々H3のハロゲンが入って居ますが、LEDバルブに変えたいが、構造的にLEDバルブが入らないので

なんとか出来無いかと言うご相談です。

取りあえず現物をお送り頂いて確認させて頂きました。

まず正面側にはシェードが被さっているので、このままではハロゲンよりも長いLEDバルブは干渉するので

LEDバルブへの交換は不可能です。

セルシオフォグ加工4

そしてバルブの後ろ側はブリッジの様な物でバルブのおしり全体を被せる形で固定していますので

LEDバルブの様に後部が大きな構造の物は装着出来ません。

セルシオフォグ加工5


従ってシェードを除去する事、バルブの固定方法を変更することがメインの加工となります。

シェードはレンズを外さないと除去作業は不可能ですが、ガラスレンズなので分解時に確実にレンズが

割れる事が予想されますのでレンズはアクリルで複製することにしました。

セルシオフォグ加工1

無事LEDバルブが入る様になりました。

そしてバルブが固定される台座部分は汎用性の高いH8、H9、H11、H16形式のバルブが使える様に

他の車種のフォグから台座だけカットして移植しました。

セルシオフォグ加工2

この作業は精度が要求されます。

バルブの発光点とリフレクターの集光点が一致出来る様にバルブを固定出来無ければ本来の性能が

発揮出来無くなります。

きちんとした位置に固定出来たのでフォグ特有の横に細長い配光パターンが出来ました。

セルシオフォグ加工3

リフレクター式なのでプロジェクター式の様な綺麗なカットラインは出ませんが

対向車に迷惑になるグレアもほぼ出ておりません。

LEDバルブの後端には冷却ファンが装着されていますが、雨等の水分で良く壊れる部分なので

ケースを被せて完全シールド構造にしています。

H様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m


お客様から装着画像も届いて居ります。

インプレッサヘッドライト加工

インプレッサG4のヘッドライトですが、ポジションランプで点灯するコの字をウインカー兼用にして

デイライト機能も持たせています。

バンパーのアクセサリーランプも加工してLEDの色合わせをしております。

インプレッサG4ヘッドライト加工9

この加工では運送事故による破損、弁済に加えてLEDの初期不良で

お客様には多大なご迷惑をお掛けしてしまいましたが、終始ご丁寧なご対応を頂けました。

本当にお客様には感謝の気持ちで一杯です。

S様、今回も誠にありがとうございました。

これに懲りずにまた今後も何かございましたらよろしくお願い致しますm(_ _)m


プロフィール

エルコボ

Author:エルコボ
大阪堺市のヘッドライト加工、テールランプ加工、

シーケンシャルウインカー加工の専門店エルコボのブログです。

過去のブログはこちらからご覧頂けます。

エルコボサイト

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR