FC2ブログ

RGBのLEDテープ貼り付け作業

入庫中のSLが完成しました。

ベンツSL

主な作業内容はRGBのLEDテープの貼り付け作業です。

普段はあまりこの様な海外製市販汎用品の取り付け作業はお受けしておりませんが、お得意様と言う事もあり

修理作業のついでと言う形で対応させて頂きました。



そもそものお話が他業者で取り付けたストロボの撤廃作業と、リアトランクから焦げ臭い匂いがしたと言うお話でした。

早速各部を調べて見るとトランクにある後付の配線が燃えていました。

配線火災

よく火災にならなかった事です(・ω・;)

この火災の原因を調べるとストロボコントローラーの電源線がバッテリーに直接続になっていましたが、

なんとヒューズが入っていませんでした(((( ;゚д゚))))アワワワワ

ストロボコントローラー内部か出力側でショートが起こったのだと思いますが、ヒューズが入っていないと

こんな恐ろしい事が起こります。

取りあえず旧配線類は全て外し、あらたにポジション電源の配線を新設してRGBのLEDテープを取り付けました。

RGBのLEDテープは思った以上に電力を食いますのでリレー機の接点容量、配線のスケア、ヒューズの容量も入念な検討が必要になります。

普段はあまりこの様な作業は行わないとは言え、お受けしたからには重要な事は完璧に作業させて頂きます。

まずRGBのコントローラー。

RGBコントローラ

よく見かけるタイプですが、防水性は全くありませんので、車体外部に取り付ける場合は簡単に内部浸水が起こります。

これはエンジンルームの中でも避けられません。

浸水が起こると基板や電子部品が腐食してショートを起こすことがあります。大変危険です。

何もこのコントローラーに限らず、市販汎用のウインカーポジションコントローラーやデイライトコントローラー、

CCFLイカリングのインバーターなどでも防水処理が全く行われて居ないものがたくさん存在します。

当店で取り付ける場合はこの様に完全防水のケースを製作します。

防水ケース

中央の円形の窓はリモコンの受光部です。

そしてLEDテープ同士を連結するこのカプラーも使いません。

カプラ

お手軽で便利なので室内など、防水を考えなくても良い場所では使っても良いと思いますが、

接触不良が起こりやすい部分なので全て半田で直つなぎで取り付けを行います。

市販品の点灯不良などは大半が浸水による故障です。

この様に取り付け前にしっかりとした防水対策を取ることで故障のリスクは低減出来ます(^^)
プロフィール

エルコボ

Author:エルコボ
大阪堺市のヘッドライト加工、テールランプ加工、

シーケンシャルウインカー加工の専門店エルコボのブログです。

過去のブログはこちらからご覧頂けます。

エルコボサイト

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR