FC2ブログ

まさかの逆配光

関東方面からご入庫頂いたレクサスNX後期型車両です。

レクサスNXフェイスリフト2

単眼ヘッドライト装着車に3眼ヘッドライト移植する内容です。

もう何台もやっておりますので何の心配もありません。

完成形です。

レクサスNXフェイスリフト4

レクサスNXフェイスリフト5

ところが最後の仕上げ、光軸調整時に問題が発覚しました。

レクサスNXフェイスリフト3

この様な複眼LEDプロジェクターではカットライン同士が重なってエルボー点がはっきりしませんが、

シャッターに写った配光を見て愕然としました。

もしかしてコレって右上がり配光?

イヤな予感は再度分解して確信に変わりました。

移植加工ではプロジェクターの分解までは行わないので全く気がつきませんでしたが、

プロジェクターの遮光板は右上がりになっていました(-ω-;)

疑う事も無くお客様が持ち込んで頂いたヘッドライトを加工しましたので全くの想定外ですが、

どうやら知らずに海外仕様のヘッドライトを入手された様です。

先日の事故車外しヘッドライトの記事でも少し触れましたが、事故車外しとか海外仕様とか

不利になる事を敢えて明記せずにヤフオクに出品されているケースがちょくちょくあるみたいですね。

ホントに気を付けなければなりませんよね(xωx)

また新たに国内仕様のヘッドライトを入手して頂くには金額的な負担も大きすぎますし

工期の延長も必要になりますので、今回は思い切って配光の改造にトライしてみました。

精密な光学装置の1番デリケートなエリアに手を入れることに少々ためらいはありましたが、

恐らくなんとかなるだろうと言う気持ちもありました。(昔にLS600hのプロジェクターでもやった事があります)

配光の反転改造は旧来のハロゲンやHIDのプロジェクターでは遮光板をひっくりかえすだけで出来るケースも多いですが、

LEDプロジェクターは配光を作る仕組みが異なるので簡単に出来ません。

四苦八苦の末の改造後の配光パターンです。

レクサスNXフェイスリフト1

カットラインの重なりが合ってはっきりわからない部分もありますが、全体的には間違い無く左上がりの配光になりました。

車検を通るかどうかはわかりませんが、実走行で対向車に迷惑をかける事だけはこれで避ける事が出来ます(^^)

S様、この度は遠路当店をご利用頂きまして誠にありがとうございましたm(_ _)m
プロフィール

エルコボ

Author:エルコボ
大阪堺市のヘッドライト加工、テールランプ加工、

シーケンシャルウインカー加工の専門店エルコボのブログです。

過去のブログはこちらからご覧頂けます。

エルコボサイト

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR