輸入車のヘッドライト加工、テールランプ加工

クライスラー300C後期型のテールランプ加工が完了しました。

並行車の赤ウインカー対策です。
300Cテールランプ3

赤ウインカーなので中央のLEDがブレーキ/ウインカー兼用となっていますが、ここはブレーキ専用で点灯する様に加工。

300Cテールランプ2

下にバックランプがありますが、ここを分割して外側をウインカーにしました。

300Cテールランプ1

そして内側をバックランプにしています。

300Cテールランプ4

レンズの切開痕含め、外からは加工している事すらわからない綺麗な仕上がりです。

同じく300Cのヘッドライトはインナーの塗装のみですが、このライトは大変結露が起こりやすいライトなので、ついでにその対策もさせて頂きました。
300Cヘッドライト加工

そしてこちらはロータスエリーゼのヘッドライトの修理依頼です。

少し前にも紹介させて頂きましたが、同型車の違う個体のライトですが全く同じ症状でポジションの外側3発が不灯です。
ロータスエリーゼヘッドライト2

まさかとは思いましたが、前回同様に配線が基板と放熱器に挟まれて被服が剥けて、基板のプリント部分とショートをしています。
ロータスエリーゼヘッドライト4

ロータスエリーゼヘッドライト1


明らかにこれは製造時の問題ですね。この調子だと同じ故障が他にも出ているのではないかと思います。

ただ、前回はショートの過電流によるドライバの破損でしたが、今回は過電流でLEDが3発とも盛大に切れています。

爆発したのかレンズ部分が吹き飛んでいます。
ロータスエリーゼヘッドライト3

純正で使われているLEDの型番が特定出来ないので特性の近い物を使って修理を進めていきます。









臨時休業のはずですが

結局午前中だけ仕事しています。午後からは完全にオフになりますので、お問い合わせの際はご理解頂ければ幸いです。

入庫車両の作業と並行で進めておりますヴィッツのテールランプです。

ヴィッツテールランプ

アクリルフィンを2段でスモール点灯させる内容になります。

側面部分のレンズとインナーの隙間は狭いところで3mmあるかどうかと言う非常に難しいランプでしたが、なんとか納得のいく形になりました。

何度も何度も合わせては削り、合わせては削りの繰り返しでようやくここまで来ました。

良くアクリルフィン加工のお問い合わせを頂きますが、ノーマル開口部だけに納める場合と側面まで延ばす場合では作業難易度が全く別次元となりますので金額も大きく変わってきます。

お問い合わせの際はその点も踏まえてご希望をお聞かせ頂けるお見積もりもスムースに出来ます。

こちらは某有名輸入車ショップ様から定期的にご注文頂くワンオフランプです。

オリジナルエアロのデザインに合わせて全くのオリジナルでの製作品です。

まずベンツSLのバックフォグ。
ベンツバックフォグ
スモール/ブレーキでダブル球点灯します。

そしてランボルギーニアヴェンタドール用のF1ランプ。
アヴェンタドールF1ランプ
点滅回路も付属して、ブレーキ時に点滅します。

ご覧の通り高いクオリティーで製作しています。

当店はこの様なアクリルワンオフ+電子回路製作を得意としておりますのでオリジナルランプをお考えの際はお気軽にお問い合わせ下さい(・ω・)ノ

こちらも現在進行中のクライスラー300Cのテールランプです。
300Cテールランプ
比較的単純なLEDテールランプですが、最近の物は内部構成パーツが多いです。

並行車の赤ウインカー対策ですが、エラー対策含めて作業を進めて行きます。


ミラーウインカーの加工

20アルヴェル用のミラーウインカーの加工です。
ミラーウインカー

階段状のアクリルフィンを突出させて、リレー機で流れる使用です。

ウインカーポジション点灯させる為にリレー機とミラーウインカーの途中に割り込ませるユニットも製作しました。

このユニットは当店製のリレー機であればヘッドライトやテールランプにも使えます。

カプラー式なのでリレー機とランプの間に割り込ませるだけの簡単設計です。

勿論ポジション時の光量も調整可能になっています。


先日のJADEのテールランプも完成しました。
JADEテールランプ加工1

スペース制約の関係上片光源で導光板を側面から照らしています。

本当はこの青線部分にもLEDを入れた方が光ムラは少なくなるのですが、LED光源のスペースの面積が取られるのでラインの面積がかなり小さくなってしまいます。
JADEテールランプ加工2

総合的にはこの方が格好良いと判断させて頂きました。

その代わり導光板のエッチング処理はいつもと違う方法で行っています。

強く光量を出すエッチングでは無く、導光板内部の遠くまで光が走るエッチングをしていますのでこの長さでの片光源でもかなりムラは少なくなっています。
写真だと実際の目視よりもムラが強調されて写りますが、実際の状態はかなり自然な感じです。

オーナー様にも大変喜んで頂けました。

JADEのテールランプ加工

そして本日からの入庫作業は20ヴェルです。
ヴェルファイア

遠路埼玉よりお越し頂きました。おみやげも頂きありがとうございましたm(_ _)m

作業の方はしっかり頑張らせて頂きます(^^)






BPレガシイ、C-HRヘッドライト加工、テールランプ加工の作業経過

いきなりですが、BPのヘッドライトの完成写真です。
BPレガシイのヘッドライト

他社製作品の再加工でのご依頼です。L字型アクリルラインとダブルラインイカリング、モノアイの加工でした。

こちらは現在製作中の20系アルヴェルのミラーウインカーです。

アクリルフィンを2段入れました。光源の製作はこれからです。
ミラーウインカー

こちらは極厚20mmのアクリルフィンです。
アクリルフィン
時間を掛けて綺麗に仕上げました。

お客様より装着画像も頂いております。
スペーシアカスタムZのデイライト
サイトにもUPさせて頂きました。

スペーシアカスタムZデイライト加工


そしてC-HRは昨晩オーナー様に無事引き取られて行きました。

こちらも詳細をサイトにUPしました。
C-HRのテールランプ
C-HRテールランプ加工

C-HRヘッドライト
C-HRのヘッドライト加工





エスカレードテールランプ加工の作業経過

エスカレードのテールランプもいよいよ完成間近となりました。
エスカレードテールランプ加工

この手の加工は大変時間がかかりますね(・ω・;)

時間をかけた甲斐あって綺麗に光って居ます。


間髪入れずにジュークのコンビネーションランプの加工を進めています。
ジューク
奥にあるポジション部分には3D製作のミニバルカンを入れてポジションにします。
3Dバルカン

入庫車両も並行して作業進行中です。

アクリルのベースが出来ましたので、この後LEDや導光板部分を組んでいきます。
アクリルベース

何の車種かはまだ内緒と言うことで(笑)





キャデラックエスカレードテールランプ加工作業経過

3Dミニバルカンが完成しました。

ウインカーに使いますが、1つのレンズにLEDが4発入っていますので視認性も抜群です。
バルカン

今日からキャデラックエスカレードのテールランプも本格的に着手しました。

レンズにアクリルを埋め込む加工になりますが、巨大なのでとっても体力を使います(笑)
エスカレードテールランプ

ミニバルカンに続いてまたまた3Dでレンズを作っています。
3Dレンズ

この形なのでおもわずふざけてしまいました(・∀・)ニヤニヤ
おふざけ

目の保養になりましたでしょうか?(爆)

こちらのリレー機は念入りなテストを行い、発送準備を進めております。




バタバタな一日

今日は仕事の量が半端なく多くて早起きしました。

まずは入庫中のソアラを9時までに仕上げて車庫を空けないと本日入庫予定のレクサスが入れないと言う状況・・・(>_<)

レクサスも今日中に仕上げなければ明日の入庫予定が狂うので必死でした(汗)

ソアラの方は先日紹介させて頂いたCCFLとインバータの交換でした。
ソアラヘッドライト
なんとか9時までに完了出来ました。

車庫を空けてまもなくレクサスが到着。なんと遠路はるばる群馬県からお越し下さいました。

ヘッドライトはすでに出来上がっていましたので取り付けと配線加工、デイライトのウェルカムランプ連動に伴って、増幅回路の組み込みも行いました。
ウェルカムランプから直で電源を取るとボディーコンピューターが逝ってしまう危険があるので増幅回路を製作して光らせています。
LS600ヘッドライト

車体はLS460ですがLs600hのヘッドライトに換装ついでのL字ポジションの光量UPと純白化の加工です。
LS600ヘッドライト2


日亜の純白LEDを片側36発も入れていますのでデイライトとして昼間でも充分目立つ光量になりました。


K様、この度は遠路ありがとうございました。おみやげもたくさん頂き本当にありがとうございます(^^)

そしてY51後期型フーガのヘッドライトも無事発送が完了しました。
フーガヘッドライト

アイラインの純白化&爆光化でデイライトとして使える様になりました。

そしてウインカーを出すとシーケンシャルパターンで流れます。


さて、明日お渡しのレクサスGSのテールランプも急いで仕上げていきます。I様、もうしばらくお待ち下さいね(^^)



車両火災寸前

お得意様の知人のお車のイカリングが点灯しないと言うことでご入庫頂きました。

早速お車を確認するとCCFL管のイカリングの電極部分が焦げています。
CCFL火災1
リング裏側もこの様な酷い有様(-ω-;)
CCFL火災2
ライトインナーが燃えなかったのは不幸中の幸いでした。

本当に多いこの手のトラブル、例によって非防水型のインバータを防水加工せずにライトの下に垂らすだけと言う安易な取り付けを行った為、インバータに水が入って内部でリークが起こり異常電圧が発生したものと思われます。
CCFL火災4

インバータ本体も溶けています。
CCFL火災3
CCFLは高圧を使いますのでELやHID同様に水分は厳禁です。

正しい知識を持っていない人間が取り付けて起こる電気トラブルは本当に多いです。

電気トラブルは火災に直結しますので本当に注意しなければなりませんね。

今回の件では異常が出ているインバータは1個ですが、他のインバータも同じ事になる確率が高いので全てのインバータを防水型に交換させて頂く事になりました。

こちらは話変わって製作中のフーガのヘッドライトです。

アイラインをデイライトとして使う為の爆光化とシーケンシャルウインカー化を進めています。
フーガヘッドライト
完成までもう少しお待ち下さいね。





KAWASAKIZ1のテールランプ加工装着画像

製作中のゴルフのヘッドライトです。
ゴルフヘッドライト1
綺麗に光っていますが、実はこのヘッドライト、元々この部分はメッキになっていて光りません。
ゴルフヘッドライト2
グレード違いで光る物と光らない物の2タイプあると言うのは他の車種でも良くある事ですね。

上位グレードで光るのなら同じように光らせたいのは人の常。

しかし同じで済ませるよりも上位グレードを超える事が出来ればもっと快感ですよね。

この写真はかなりカメラを絞って撮影していますが、とんでもなく明るいんです。

ノーマルよりも明るいので同じライトの車と並ぶ様な機会があれば優越感に浸れます(・∀・)

まだ作業は半分残っていますので頑張って進めます。



そして先日製作させて頂いたテールランプの装着画像をお送り頂きましたのでサイトに掲載させて頂きました。
Z1テールランプ

愛知県K様、いつもありがとうございます!

KAWASAKI Z1のテールランプ加工



50プリウスのデイライトにシーケンシャルウインカー

大変好評頂いております50プリウスモデリスタエアロへのシーケンシャルウインカー加工です。


よくランプだけ送って加工してほしいとのご依頼を頂きますが、このランプ、発光ユニットとしての実体がありません。

裏側から見るとこの様に光源の基板はエアロに貼り付けられています。
50プリウスデイライト1

そして光源を外すとレンズもエアロに貼り付けられています。
50プリウスデイライト2
つまりランプだけ外すと言うこと自体無理なんです。

そこでこの加工に関してはお車を入庫して頂くか、もしくはハーフエアロ丸ごとを送って頂く必要があります。

でも梱包するとこんなに大きな箱になります。
50プリウスデイライト3
送料も馬鹿にならない金額になりますので、できる限りご入庫頂く方向でお願いしております。

予約して頂いた場合は基板とリレーだけ先に作っておきますので朝ご入庫頂ければ夕方にはお渡し可能です。


ポルシェ、フェラーリなどテールランプ加工作業経過

ポルシェ パナメーラのテールランプです。

US仕様なので赤ウインカーを黄色に変更する作業を進めています。
パナメーラテールランプ
例によって電子回路での定電流ドライブ、球切れ監視が行われています。

LEDを打ち替える前に、LEDに流れる電流特性をしっかりと調べる事が重要になります。

ウインカーなのでフルに近い電流で点灯していますので、使うLEDを間違えるとすぐに切れてしまいますからね。

こちらはフェラーリのテールランプです。
フェラーリテールランプ
これは電球式なので思い切った加工が出来ます(^^)

そしてこれは10系アルファードのテールランプです。

取り付け部が割れてしまったとの事での修理のご依頼です。
アルファードテールランプ補修
新しい箱に換えれば簡単ですが、破損箇所はドアを閉めれば全く見えない部分。

それならばすこしでも安く済む補修で対応させて頂きました。

破断面を溶着してステーで補強していますので強度面でも全く心配なしです(^_^)v


50フーガのヘッドライト加工開始

他社加工品の再加工です。Y50フーガです。
フーガヘッドライト
例のミニバルカンを入れます。

イカリングはこのタイプを3連装で装着します。
イカリング

ミニバルカン、イカリングともにリレー機で回転させます。

コーキングを使った殻閉じをされていましたので後処理が大変です(>ω<)

いまだに結構あるんですよね~ここにコーキング材を使った加工品が・・・・再分解出来ないケースも中にはあります(xωx)

こちらは30ヴェル。
30ヴェルファイアヘッドライト

いろいろと相談しながら進めて参ります(^^)




アテンザのヘッドライト加工など作業経過

アテンザのヘッドライトが続いております。

前回はアクリルラインをシーケンシャルウインカーにしましたが、今回はデイライトに!
アテンザヘッドライト1
上の写真はフル発光時ですが、ポジションONで減光します。
アテンザヘッドライト2
カメラの絞りが自動で変わってしまうのでちょっと比較がわかりにくいですね(・ω・;)

写真以上に光量差は出ています。

どういう訳かRB3のテールランプも続いております。大変ご依頼の多いRB3後期型のバックドアダミーの点灯加工です。
RB3テールランプ2

RB3テールランプ1

今回は赤レンズとクリアレンズ2セット加工させて頂きました。

写真は掲載出来ないのですが、S660のテールランプも2セット同時進行中。

で、これは謎のアクリル3Dドームです。
アクリルドーム
まだ公開出来ないので今回はこの辺で(・∀・)ニヤニヤ

作業経過、ベンツ、フェラーリのヘッドライト加工

イベントの絡みがありますので詳細はまだ公開出来ませんが、ベンツCクラスのプロジェクター移植を進めています。

プロジェクターもそのまま使うのでは無く、下まぶたの部分にアクリルを入れて光らせました。
ベンツCクラスヘッドライト
もうかなり形にはなってきていますが、プロジェクター用のLEDドライバーの回路を思案中です。

このプロジェクター、ロービームとハイビームでLEDの点灯個数が変わるのでいかにしてスマートに動作させるかが課題です。

ローとハイで別々にドライバーを使えば簡単なのですが、それだと回路も大きくなる上に発熱も増えます。

せっかく定電流回路を使うのでLEDの負荷が変わっても自動で電圧が変わる特性をなんとか使いたいと考えています。

完全に自己満足の世界ですが(^^;)

こちらはなかなか進められていなかったフェラーリのヘッドライトですが、デイライトのLED打ち替えは無事完了しました。
フェラーリヘッドライト

オーナー様ご希望の純白に光っています。

これもコンピュータ制御が入りますので解析に時間がかかりました。

まだこれで終わりではありません。次の段階に進むために実車にテスト装着してエラーチェックを行います。

最近はありがたい事に輸入車のライトを触らせて頂ける機会が大変多くなり、敷居の高かったエラー対策もかなりの対応が出来る様になってきました。

輸入車の場合はbosch、HELLA、valeo等の電装メーカーのライトが多いですが、クセと言うか、国産との思想の違いがかなりわかる様になってきました。
国産よりもかなり進んでいますし凝っています。日本人としてはちょっと残念な気持ちもありますが(・ω・;)

そして入庫中の車両はアテンザです。
アテンザ

こちらも順調に進めております(^_^)v

ノンアクリル加工

アクリルを使うライト加工が当たり前の様になっている昨今ですが、

昔ながらのオーソドックスなLED加工もそれなりに需要がありますね。

全ての方がヘビーな物を求めているわけでは無いので当たり前ですよね(・ω・)ノ

今日はそんな作業のご紹介です。

スターレットテールランプ加工
こちらは82スターレットのテールランプです。派手さは無くてもカスタムライトである事はしっかり主張しています。光量的にも安全な明るさです。

マークXヘッドライト加工
こちらはマークXのヘッドライト。市販のSMDリングのインストール加工です。アクリルは一切使っていませんが、充分格好良いですね。

BPレガシイヘッドライト
そしてBPレガシイ。厳密には面発光イカリングなのでここにアクリルは使っていますが、4灯化の効果もあってかなりハードな加工に見えます。

こんな感じで従来の加工もまだまだ人気がありますので、ご遠慮なくお問い合わせ下さいね(・∀・)

とか言いつつ、車庫には未だかつてない程の超絶なインパクトがあるテールランプの取りつけ作業が進んでいます。

工房の方ではこれも超ハードなプロジェクター移植作業が進行中です。どちらもイベントの関係でまだまだ先のご紹介となりますm(_ _)m

プロジェクターが溶けた!?

修理のご依頼ですが、なんとプロジェクターが溶けたとの事。

海外製の100WのHIDを使って為に起こった悲劇です。

早速分解して見るとこんな事になっています。
プロジェクター1
おわかりになりますか?バーナーを固定する台座部分が丸ごと消失しています。

新しいプロジェクターと比較するとわかりやすいですね。
プロジェクター2

溶けたプロジェクターを分解して見るとリフレクターの内部はこんな状態です。
溶けたリフレクター
恐ろしいですね。ひとつ間違えると車両火災です(-ω-;)

社外品のHIDキットを使う時は本当に注意が必要です。

国産有名メーカーの物では今まで私は不具合に遭遇した事はありませんが、安物の海外製のHIDキットでは色々とトラブルを見ています。
特にハイワッテージを謳った商品程リスクは高くなります。異常な高温になるんです。

また中には高圧を周りにまき散らしてLEDを壊す物もあります。バーナーとバラストを繋ぐケーブルや接続ジョイントから放電を起こすんです。

皆様、HID製品を購入するときには本当に注意して下さいね。





アクアのヘッドライト加工など作業経過

連休を取らせて頂いておりましたので、昨日からまたフル稼働で頑張っております(・ω・)ノ

完成しましたアクア前期型のヘッドライトです。
アクアヘッドライト1

正面から見たときの縦横のアクリルラインの繋がりを意識して製作させて頂きました。
アクアヘッドライト2

ここはアクリルで1本につなげる様な加工は出来ませんので(あくまで光量にこだわった場合)分割になります。

市販のチューブを使えば簡単に安く出来ますが、まあ色々問題もありますので当店では使わないようにしています。

こちらは先日遮光板反転のご紹介をさせて頂きましたインプレッサのヘッドライトです。
インプレッサヘッドライト

US仕様なのでウインカーもダブル球になっています。シングル球対応にソケットを改造しました。

コルベットのヘッドライトはカバーの交換作業です。
コルベットヘッドライト
非分解式なので分解が大変ですが、綺麗に割れました。今後またメンテする事もあるかも知れないので分解可能なパッキン式に変更して組み上げました。

そして入庫車両はCLS63AMGベンツCLS
まずは加工が可能なのかの解析作業から始めていきます(・ω・)ノ



シーケンシャルブラザーズ

関東よりご来店頂きました。
50プリウス
モデリスタのエアロのデイライト打ち替え&シーケンシャルウインカー加工です。

色違いで同じ仕様が2台(・∀・)


この加工は日帰り対応可能です。朝ご入庫頂ければ夕方にはお渡し出来ます。

この度は遠路ありがとうございました!

スワロフスキー全貼りベンツCLS

またご入庫頂いておりますお馴染みのスワロ全貼りCLSです。

今回は当店のステッカーを貼って欲しいとのことで特大サイズを製作して貼らせて頂きました。
ベンツCLS
ありがとうございます!

LEDの方は前回ご紹介させて頂いた動画以降、腹下にもLEDを追加しましたので新たに動画も撮影しました。

当店でLED加工を行ってからと言うもの、今までとは比較にならない程注目度が上がったとありがたいお言葉も頂きました(^^)

小ネタですが

久しぶりの更新です。

公開出来ない加工もありちょっとUP出来ませんでした。

決して倒産したわけではありませんので(笑)

営業している証に小ネタを少々(・ω・*)

レクサスエンブレム
光るエンブレムですが、お客様のご要望でミラーホール加工を行いました。

青って光りは撮影が難しいですね(xωx)

こちらは200系ハイエースのダッシュボードの両サイドに付くパネルです。

フットランプの埋め込み加工です。
ハイエース内装1

LED剥き出しだとチープな印象になるのでアクリルを使って純正風にインストールしました。

勿論LEDは日亜の純白LEDで爆光です。
ハイエース内装2
信頼性、光量、純白度、どれをとっても日亜のLEDは最高ですね(・∀・)

50プリウスのモデリスタエアロにシーケンシャルウインカー

50プリウス、最近よく見かける様になってきましたね。

その中でもモデリスタ製のエアロを装着された車をよく見る気がします。

このエアロ、元々デイライトが内蔵されていますし、デザインも格好良いですね。

ですが、このデイライト、LEDの発光色がちょっと青味がかっていてフォグやLEDプロジェクターとの色の統一感がありませんし、レンズの端まで光らないので気になる部分です(・ω・`)

そこで日亜の純白のLEDを使って端から端まで光る様に加工しました。
50プリウスデイライト3

50プリウスデイライト1
色合いもフォグやLEDプロジェクターに近い色になりました。

加工ついでにアンバーのLEDも埋め込み、シーケンシャルウインカーとしても使える様にしました。
50プリウスデイライト2



20ウィッシュのヘッドライト加工など作業経過

今週は作業が激務の為、久しぶりのブログ更新となりました(^^;)

乾燥待ちで一気に進められない作業も多く、常に何台分かの同時進行になりますので今週の様に6台分も重なると作業場はゴミ屋敷の様な状態になってしまいますね(笑)

取りあえずほぼ完成したのはこちらの20ウィッシュWISHヘッドライト
側面のアクリルパネルがカラフルですね。

こちらは20アルファードの社外品テールランプ。大人気の流れるウインカーの加工です。
20アルファードテール

完成までもう一息なNV350のヘッドライト。
NV350ヘッドライト
結構激変しそうです。

そしてE51エルグランドのヘッドライト。
エルグランドヘッドライト
プロジェクター移植とダブルラインのイカリングの取り付けが終わりました。インナー側の加工はアクリルをふんだんに使った激しい加工になります。

そして現在入庫中のフォレスター
フォレスターヘッドライト
リレーも使って色々動きのあるヘッドライトになります。

パーツだけですがこちらは20アルファードのヘッドライトのポジションレンズです。
20アルファードポジションレンズ
詳細はまだまだ先になりそうです(・ω・)ノ

マークXヘッドライト加工作業経過

80VOXYフロントグリルの加工中です。
マークX1
メッキ部分をアクリルに入れ替えてライン発光させています。

まだ仮組みでの点灯状態の確認状態です。

入庫中のマークXも完成しました。
VOXYグリル

発光イカリング4灯、モノアイ、インナーブラック、ウィンカーのLED化と言う内容です。
マークX2
何故か最近マークXのご依頼が増えております(^^)

SAIのウインカー加工

SAIウインカーは純正では上半分しか光りませんが、デイライト兼用ウインカーに加工させて頂きました。
SAI1
デイライトは白色で強烈に光ります。

ウインカーを出すと白色が消灯してオレンジの点滅に切り替わります。
SAI2
SAIオーナー様にはお勧めの加工です(・ω・)ノ

お客様には大変喜んで頂けました!

マークXのヘッドライト加工LED打ち替え

マークXのヘッドライトが組み上がりました。ポジションラインの光源を青に打ち替え、モノアイの加工です。マークXヘッドライト加工1

インナーはマットブラックに塗装しました。
マークXヘッドライト加工2

こちらはハーレーの並行車のテールランプです。

赤ウィンカーなので黄色に打ち替えました。
ハーレーテールランプ加工

これで車検も通ります。

最近のアメ車はバイクまでランプの制御が複雑になってきていますね~(・ω・`)

流れるRGBを使って・・・

入庫中のCLSです。

今回はホイールの中にもLEDを投入!
CLS

エアロのアクリルの光源も流れるRGBに変更してより一層ど派手になりました(・∀・)

ここまでやるともう殆ど手を入れる余地が残っていません(汗)


さて・・・

毎度おなじみのスワロギラギラのCLSです。

この度3度目のリピートでのご依頼です。
CLS作業

ライト屋には似つかわしくない作業を進めています(・ω・)ノ

さてどうなるのでしょうか(・∀・)

エクリプス、フーガなど作業経過

今週も色々と作業させて頂きました。

希少なお車エクリプスのテールランプです。
エクリプステールランプ
まだ完成にはほど遠いですが、なんとかベースが出来てきました。

ベースとなる黒いアクリルは縦方向にも横方向にも曲げる必要があるので苦労しました(・ω・;)

Y51フーガのヘッドライトはほぼ完成してあとは防水テストを残すだけです。
フーガヘッドライト
イクラリングもまだまだ健在です。

ミラーウィンカーの加工も2つさせて頂きました。

フィットのミラーウィンカーです。
ミラーウィンカー2
ポジションで白に光ります。ウィンカー時も光量をUPさせています。

こちらはRGステップワゴン。
ミラーウィンカー1
中央にファイバーを入れてポジ点灯です。

どちらも同じホンダ車で車種が違うので形も違いますが、構造は全く同じですね。

ウィンカー時には流れる様にしました。

動画です。


マセラティーテールランプ加工など作業経過

ありがたい事に年明け早々から目一杯の仕事をさせて頂いております。

作業経過のご報告です。

こちらは既に納品させて頂きました、マセラティークアトロポルテのテールランプ加工です。

前期型テールを後期型の様な点灯方法に変更する加工です。
マセラティーテールランプ
この手の輸入車は球切れ警告対策が結構大変ですね。


こちらは昨年から作っていたM35ステージアのテールランプです。やっとレンズの貼り合わせが終わりましたが、ここからが結構大変です。

M35ステージアテールランプ

裏側に突出している部分があり、防水加工に手間がかかります。

組み上げが完了してレンズの接着が乾燥してからランプを水槽に沈めてランプの内部に圧縮空気を送り、漏れが無いか検査します。

小さなピンホールが完全に無くなるまで穴塞ぎ→テスト→穴塞ぎと言う作業を繰り返します。

完全にふさがるまでは多分10回程度、この工程の繰り返しになります(・ω・)ノ

ここまで完璧にしているからこそ、自信を持ってお客様にお届け出来ます。

そしてこちらは200系ハイエース4型のヘッドライトです。
200系ハイエース4型

昨年より空き時間を見ては少しずつ進めておりますが、超ヘビーな加工になります。

今から仕上がりが楽しみなライトです。

それと現在の入庫車両はレクサスCT200h
レクサスCT200

昨年テールランプ加工をさせて頂いた車両ですが、追加でのご依頼を頂きました。

また完成しましたらUPさせて頂きます!

色々とやっとります

ライト加工以外にも色々とご依頼を頂きます。

昨日納車させて頂きましたマークXです。ドアミラーウィンカーの加工のご依頼でした。

ポジション時に青で光らせたいとのことで青のLEDを仕込みました。
マークXドアミラー1

ついでに元々のオレンジのLEDも爆光化。
マークXドアミラー2

勿論後方からの非視認性も考慮して製作させて頂きました。
マークXドアミラー3

そしてこちらはチャンネル文字で光るロゴプレートです。
アクリル発光プレート
フロントグリルの黒網の中で光らせると言う事で製作のご依頼です。幅が45cmありますのでかなり目立ちそうです(・∀・)

こちらは少し前に製作させて頂きましたハーレーのトランクボックスに取りつけるテールランプ。
ハーレーテール

元々何も無かったのでケースからアクリルで製作させて頂きました。

この様なアクリルを使ったワンオフパーツも結構なご依頼を頂いております。

こんな事出来ないかな?って思ったらお気軽にご相談下さい(・ω・)ノ