赤ウインカーの黄色化ダッジチャージャー

入庫中のダッジチャージャーです。

ダッジチャージャーテールランプ

アメ車オーナー様にはお馴染みですが、アメ車の並行輸入車はブレーキランプとウインカーが兼用になっています。

つまりウインカーを出すと赤で点滅します。



これは国内の保安基準に準じていませんので車検は通りませんし、整備不良で切符を切られる可能性があります。

国産車でも230セドなど、過去には赤ウインカーも存在しました事がありますが、今ではダメなんですね。

確かにハザードを付けるとブレーキを踏んでいるのか、ハザードを付けているのかわかりにくいので

危険と言えば危険かも知れませんね。

これを加工してウインカーを黄色の点滅にする訳ですが、色々な方法があります。

今回は中央の何も光らない部分に黄色のLEDを敷き詰めました。

しかし、車体から入力される信号にはブレーキランプの信号とウインカーの信号が混じっていますので

これも分離してテールランプに入力させてやる必要が出ます。

これも色々と車によって方法は違ってきますが、チャージャーの場合はウインカーの信号は独立していましたが、

ブレーキランプの回線にハザード信号が乗っていると言うひねくれた仕様になっています。

その為、ウインカー信号はヘッドライトのウインカーから、ブレーキランプの信号はハイマウントから引き込みました。

回線の変更によってエラーも出ますので、その対策も必要になります。

ランプ本体の加工よりもこちらの作業の方が大変な感じです(・ω・;)

無事に作業の方は完了しました。

これで堂々と走行できますね。





POWERLEDが活躍しています

現在製作中のマークXの社外品テールランプです。

マークXテールランプ2

ブレーキランプが暗いと言う事で改善のご依頼です。

ブレーキランプが光る部分はLEDが見えない様にスモークレンズになっており、これが光量の妨げになっています。

マークXテールランプ1

結構濃いスモークです。

光源のLEDもそんなに明るくありません。

そこでまた今回もPOWERLEDを使ってLEDを打ち替えしました。

左が加工前、右が加工後です。

マークXテールランプ3

仮合わせでの光量の確認ですが、かなり明るくなりました。

いつものようにアルミで基板を作って放熱も確保しています。

そしてレクサスISの方はヘッドライトのウインカーが点灯出来る状態になりました。

レクサスISヘッドライト

現行レクサスやベンツで使われているのと同等の3WクラスのPOWERLEDを使っていますので劇的に明るいです。

この明るさだけでも新型感が出ますね(^^)

お客様より装着画像も届きましたのでご紹介させて頂きます。

少し前に製作したアストンマーチンシーケンシャルウインカー加工です。

エラーも無く綺麗に光ってれています。



アストンマーチンヘッドライト加工

アストンマーチンテールランプ加工




インプレッサG4のテールランプ加工

インプレッサG4のテールランプです。

お客様ご希望のデザインでライン発光させました。

インプレッサテールランプ2

スバルらしいデザインですね。

ライン自体がスモール/ブレーキでダブル球発光します。

ブレーキランプのフル発光はアクリルとは思えないほどの光量が出ています。

インプレッサテールランプ1

元々は赤のインナーレンズが入っていますので、そこにアクリルを埋め込んでいます。

光ってはいけない部分は全てつや消しの黒で塗装しています。

アウターレンズの上からキャンディーレッドを噴いて赤レンズにするのも良いかも知れませんね(・ω・)ノ


E51エルグランドアッパーテールランプの加工

昨日のE51エルグランドはアッパーテールも加工を行っております。

E51エルグランドアッパーテール2

いつかはやってみたかったロゴの発光加工も綺麗に仕上がりました。

勿論お客様のご要望ですが。

ロアテールとおそろいでシルバーカーボンの水圧転写仕上げです。

E51エルグランドアッパーテール3


スモールランプはダッジの様に外枠を光らせて欲しいと言う事でしたが、かなり大変な作業になりました。

特にセンターガーニッシュは薄っぺらい構造なので、車体への固定ボルトを温存しつつ、裏側の空間を拡大しました。

防水処理にまだまだ時間がかかりそうです。勿論防水は完璧に仕上げます。

アクリルの成形も大変難しい作業になりました。

この様に微妙にカーブさせると言うのはかなり難易度が高いです。

E51エルグランドアッパーテール1

写真は基板を上から見たところです。

この成形をきちんとしておかないとカバーがきちんとはまらなくなります。

ロゴの変色が綺麗です。動画でご確認下さい(・∀・)





レクサスCT200hのテールランプ加工流れるウインカー

もう過去に何台も加工しておりますレクサスCT200hのテールランプです。

レクサスCT200hテールランプ2

通常は光らないサイドのラインはELシートを使って面発光させています。

ELシートはLEDよりも光量は劣りますが、綺麗な完全な面発光になるのでこの様なスペースの無い場所では非常に有効な加工方法になります。

バックドア側の光らないダミー部分はLEDを埋め込んでスモール/ブレーキ点灯。

レクサスCT200hテールランプ1

ウインカーもバックドア側にまで増設してリレー機で流しています。




NSXのテールランプ加工

元祖NSXのテールランプです。

NSXテールランプ

今回はオーナー様のご希望によりアクリルは使わずにランボ風のデザインでLEDを並べて製作させて頂きました。

テールランプに合わせてセンターガーニッシュもブラック化しました。

NSXテールランプ1

入庫中のアコードワゴンはテールランプの装着が完了しました。

アコードワゴンテールランプ

とても格好良いイベ車です。

アクリルラインはダブル球発光します。



アコードワゴンCM2テールランプ加工途中経過

入庫車両アコードワゴンCM2のテールランプを進めています。

アコードワゴンテールランプ3

一見普通にラインが光って居るだけと言う加工ですが、この様にランプの端の部分にアクリルを入れて光らせるというのは大変骨の折れる作業になります。

アコードワゴンテールランプ2

インナーのカットが難しい場所なんですね(・ω・;)

アコードワゴンテールランプ1

でもかなり納得のいく仕上がりになりました。

アコードワゴンテールランプ4

ランプの端というのは構造が薄い場合が多く、アクリルは入っても光源のLEDが入らないなんて事もあります。

裏側に光源部が飛び出しますので、出来無い車もありますが、このお車の場合ギリギリ裏側にスペースがあったので可能となりました。

現車入庫でなければ対応が難しい加工となります(・ω・)ノ





レクサスGSのテールランプ加工シーケンシャルウインカー、ブレーキ4灯化

レクサスGSのテールランプです。

ウインカーを流れる様に加工しましたが、更にトランクテールのブレーキ4灯化の加工も行いました。

レクサスGSテールランプ1

純正ノーマルではコーナーテールに9発、トランクテールに9発が減光で発光しています。

それにラインが光ります。

ブレーキONではコーナーテールの緑で囲んだ部分が15発に増えてフル発光しますが、トランクテールの青で囲んだ部分はブレーキでは光りません。

そこでここもコーナーテールと同じ光量で光る様に加工しました。

レクサスGSテールランプ2

トランクテールの基板にはツブツブ部分のLEDとライン用のLEDが同一基板上に同じ回路で組まれていますので普通のやり方ではこの様な加工は出来ませんが、純正基板の回路を改造してツブツブ部分の抵抗を変更してやりました。

このLEDはコーナーテールと同じ物が使われていますのでフル発光させてもLEDはオーバードライブにはなりません。

スモール時に電流を落としているだけなので、LED本来の定格内での発光になります。




200系ハイエース社外品テールランプのブレーキランプの光量UP

社外品の2000系ハイエース用のテールランプですが、ブレーキランプが暗いと言う事でご相談頂きました。

200系ハイエーステールランプ2

お客様よりお送り頂いた写真です。光量はカメラの絞りの影響もあるのでなかなか写真では正確な事はわかりませんが、スモールのバーとの比較でも確かに暗いなと思いました。

現物確認しましたが、レンズがスモークである事、LEDの直接光では無く反射させた間接光である事、レンズカットも影響があると感じましたが光源のLEDのパワーもあまり大きな物では無い事が消費電流値の計測でもわかりましたのでPOWERLEDに交換してみる事にしました。

最近、ウインカーの加工でも使う機会が大変多いPOWERLEDですが、パワーが強い分、発熱も大きいので放熱がきちんと出来るかどうかが加工の可否に関わっています。

ブレーキランプやウインカーが暗いのは大変危険なのでこれで安心して運転出来ると思います。
LEDの原価も大変お高いので加工料金も普通のLEDよりも高額になりがちです。

打ち替えてみましたが結果は上々です。
200系ハイエーステールランプ1

電流比ではノーマルの数倍になりました。

電流値と光量は必ずしも綺麗な比例関係では無いので光量が何倍になったかと言う事は言えませんが、目視でははっきりと効果が感じられます。
目に刺さると言う感じの鋭い光量では無いですが、間接照明である事、レンズがスモークである事を考えると充分な光量だと思います。

C-HRのテールランプ加工シーケンシャルウインカー

極秘の入庫作業は納車したてのC-HRでした!

下位グレードになりますが、いきなりのハードな加工です。
C-HRテールランプ1

上位グレードのテールランプを加工するよりも遙かに自由度は高いです。

最初見たときにスモール/ブレーキはまさかの電球!?と思いましたがLEDバルブみたいな形でした。

上位グレードと同じデザインで作る事も可能ですが、どうせ作るなら全くのオリジナルが良いですよね。

シーケンシャルウインカーはもはや加工では必須アイテムですが、スモール/ブレーキはアクリルで凝った造形で製作しました。

下のL字ラインはスモール/ブレーキでダブル球発光となります。

純正ではラインはスモールの光量しか出ないのでこの点でも大きな違いを出せます。

ウインカー部分で光る細いラインは2mm幅です。

細くレーザーの様にシャープに光ってなんともクールな感じになりました。

C-HRテールランプ2

サイドマーカーも大きいので光らせない手はないですね。



C-HRテールランプ加工

ハイマウント加工3連発

ハイマウントの加工が3件同時進行中です。

こちらはランドクルーザープラドです。
ハイマウント2
スモール時にはPRADOのロゴが青白のグラデーションで点灯します。文字は突出したチャンネル文字です。

ハイマウント3
そしてブレーキを踏むと赤に切り替わります。

こちらのハイマウントは10系アルファードの社外品ルーフスポイラー専用の物です。
ハイマウント1
LEDがびっしり並んではいるのですが、とても暗いのでFluxLEDに打ち替えします。

そしてこちらの動画は10系アルファード/30系エスティマ用の社外品ハイマウントです。

両端のL字部分はスモール/ブレーキで光るアクリル加工です。

中央に並べたウインカー用のLEDは左右各8列ずつ並べていますが、当店のリレー機は16連フルスケールで流れるパターンがありますのでハザードで光らせると16列が連続で流れます。

この様に配列すると大変効果的ですね。




30ヴェルファイアのテールランプ4灯化

30ヴェルファイアもバックドア側のテールランプはスモール時にしかラインが光りません。

ランプ自体は無加工で、回路の追加だけでブレーキ時にもラインが光る様にしました。
30ヴェルファイアテールランプ4灯化

本当ならダミー部分にブレーキ専用のLEDを埋め込んでやるのがベストですが、費用や工期がかかりますのでお手軽な加工となります。

事前にご予約を頂ければ1時間ほどで作業完了です。



スペーシアの社外品テールランプ加工

スペーシアの社外品テールランプの加工です。
スペーシアテールランプ1
ウインカーとバックランプの中央にあるバーは本来はスモールでは光りませんが、スモール時に赤で光る様に加工しました。

ウインカー時は黄色にチェンジ
スペーシアテールランプ3
バックランプ点灯時には白色で点灯します。ウインカーはアクリル角柱加工です。
スペーシアテールランプ2
この狭いスペースに日亜の爆光をびっしり並べました。
スペーシアテールランプ4
お客様に写真をお送りしたところ、大変気に入って頂けました(^^)

明日から大阪オートメッセですね。

私も明日の午前中に見に行きます。

申し訳ありませんが、明日のメールの対応は午後以降となります。

よろしくお願い致しますm(_ _)m

E52エルグランドのテールランプ加工

入庫中の現行E52エルグランドです。

ヘッドライトとテールランプのシーケンシャルウインカー加工を行っています。

とりあえずテールランプだけ完成しました。
E52エルグランドテールランプ

車両同期点滅なのでこのままで車検も通るハズですが、一応スイッチひとつでノーマル復帰も可能です。



レクサスGSのテールランプ加工シーケンシャルウインカー

レクサスGSのテールランプにシーケンシャルウインカー加工を行いました。

バックフォグもアクリルで加工しました。
レクサスGSテールランプ1
レクサスGSテールランプ2

愛知県k様、この度はどうもありがとうございました(^^)

ベンツのテールランプ修理

修理依頼が続いておりますが、勿論本業の加工の方も色々と進んでいます。

今回の修理はベンツCLS W219のテールランプのブレーキランプのLEDが1部不灯との事で修理のご依頼を頂きました。

到着したランプを見てびっくり!裏が錆びだらけです。
CLSテールランプ3


端子板もこの通り、完全に腐食しています。
CLSテールランプ4

LEDも錆で数発死んでいました。

この部分がこんなに錆びると言うことはランプと車体との間に入るパッキンが無かったか、破損しているとしか考えられません。

基板の入れ替えで修理は出来ましたが、錆でインナーのメッキも剥げていました。
CLSテールランプ1

本来なら綺麗にメッキ塗装で仕上げたいところですが費用も工期もかかりますので今回はメッキのカッティングシートを使って補修しました。
安上がりに綺麗に出来るので良い方法だと思います。
CLSテールランプ2
新品みたいになりました。

このテールランプは後期型ですが、前期型車両に装着するための配線加工も行いました。

ばっちり点灯しています。
CLSテールランプ5

パッキンの密着不良での漏水はこの様な故障に繋がります。DIYでランプの脱着を行う際は充分ご注意下さいね。

レクサスISのテールランプ加工シーケンシャルウインカー

シーケンシャルウインカー加工が大ブレイク中です。来る日も来る日もシーケンシャルウインカーの加工をさせて頂いている様な状態です。

今回の加工はレクサスISの社外品テールランプです。
レクサスISのテールランプ

トランクテールのブレーキ用LEDはウインカー用に変更しましたので、それに伴ってスモールのラインをブレーキ時にも光る様に加工しております。

コーナーテールのLEDの縦ラインは内側に4個増設して2列にしました。

出来るだけ滑らかに流したいと言うお客様のご希望に添ってウインカーは10連のリレー機を使いました。



KAWASAKI Z1

「男は黙って」でおなじみのKAWASAKIの名車、Z1のテールランプです。
KAWASAKI Z1テールランプ
オーナー様こだわりのデザインで作らせて頂きました!


テールランプにスピーカー埋め込み

イベントの絡みで今まで非公開とさせて頂いておりましたが、アクアのテールランプのご紹介です。

このテールランプにはなんとスピーカーを組み込んであります!
アクアテールランプ1
スピーカーはモーターボート用の防水、耐候型を使いました。

アクリル部分は通常はこの様に赤で点灯していますが・・・・
アクアテールランプ3

デモスイッチオンでスピーカーからオーディオ音声が流れて、アクリル部分は音声連動で点滅&変色します。
アクアテールランプ2

テールランプ本体はレンズにアクリルを埋め込んだレンズレス仕様になっています。

明日の某イベントでの反応が楽しみです(・∀・)





デコトラのテールランプ加工

大型トラックやダンプによく使われているダイヤモンドテールです。
デコトラテール1
今回は21個の加工依頼を頂きました。

加工に際して注意すべき点ですが、この様なテールランプは完全な防水構造になっていません。

ある程度の浸水は想定の下、確実に排水できる構造になっています。

バイクやちょっと古い軽四でもその様な物は少なからずあります。

しかしLEDは錆で腐食したり、水分で電流のリークが起こりますので完全防水構造に変えてやる必要があります。

基板の製作前にまずは本体とレンズの防水処理をきっちり進めて行きます。
デコトラテール2

24V車の流れる系ランプ加工も当店にお任せください(^^)


S2000のテールランプ加工

S2000のテールランプを加工させて頂きました。

久しぶりにたくさんのLEDを敷き詰めました。
S2000テールランプ
ウインカーも流れます。

最近では今までの様な派手な流れ方よりも合法シーケンシャルパターンが人気ですね。

「レクサスやアウディーと同じ流れ方」とご指定頂く事が増えました。

これから様々な車種で間違い無く流行する事でしょうね(・∀・)

旭日旗テール

CBXテールランプ1
CBXのテールランプです。

お客様のご希望で旭日旗デザインで製作させて頂きました。

ウインカーはアクリルフィン、旭日旗部分も立体感を出しています。

どちらも昼間の非視認性を最重要に考えて施工させて頂きました。

バイクは事故が即命に関わりますから、灯火装置の重要性は言うまでもありません。
CBXテールランプ2

ナンバー灯も抜かりなく日亜の爆光LEDを入れています。

ベンツに流れるウインカー

入庫中のCLS AMGです。テールランプを流れるウインカーに加工しました。

元々がLEDウインカーなので電球式のウインカーのように簡単にはいきませんがエラー対策もバッチリ完了しました!

ベンツ等の欧州車はライトのコンピュータ制御が進んでいますので様々なノウハウが必要になります。

輸入車のライト加工はエルコボにお任せ下さい。
CLS流れるウインカー


E51エルグランドのテールランプ加工アクリルライン

E51エルグランドのテールランプです。
E51エルグランドテールランプ1
人気のライン発光加工です。ラインの光源はLEDを使っています。

消灯時はこんな感じです。
E51エルグランドテールランプ2

インナー&基板部はマットブラック、アクリルラインはマットレッド!

マットカラー同士のコラボで渋い仕上がりになりました(・∀・)

ムーブの社外品テールランプ加工流れるウインカー

社外品のムーブ用テールランプを加工しました。


スモール/ブレーキ部分とウインカー部分を逆に入れ替えてウインカーはリレーで流しました。

元々のウインカーの部分はスモールONで2本ラインが点灯。
ムーブテールランプ1

ブレーキONでLEDが点灯してラインは強発光。
ムーブテールランプ2

最近は社外品テールランプを使った加工のご依頼が大変増えております(・ω・)ノ

セリカZZT231のテールランプ加工

セリカZZT231のテールランプ加工です。
セリカテールランプ1
社外品テールランプをベースにお客様考案のデザインで施工させて頂きました。

ウインカーはくの字で点灯。
セリカテールランプ2

ベースはアクリルで作っていますので精度の高い真円でLEDを並べています。

セリカのご依頼は大変珍しいのですが、つい先日も同じセリカのテールを加工させて頂きました。
セリカテールランプ3

滅多に無い物が続く偶然(・∀・)

こちらは反射鏡の直径が小さくて車検が通らないと言う事で反射板の交換をさせて頂きました。

10系アルファードテールランプ加工アクリルライン

まだまだ10系アルファードのご依頼は多いですね。

今回製作中のテールランプです。
10系テールランプ

お客様ご考案のデザインで製作させて頂きました。

スモールランプはLED光源なので大変明るく点灯しております(・∀・)

ELシート使用経過

現在入庫中の車両ですが、6年前に当店でテールランプにELシート加工を行っております。
ELテールランプ

実はこのテールランプは当店のELテール1号車なんです。


ELシートはLEDに比べて寿命が短いと言う欠点がありますが、6年お使い頂けてノントラブルでこれだけ綺麗に光っている事が今回確認出来ました。

光量もLEDに比べると劣りますが、夜間のポジションランプとしては充分な光量で車検通過の実績もあります。

出来る限りはLEDを使うのがいろいろな観点からは好ましいと思いますが、特にLEDが入らない様な狭い場所への加工では有効なひとつの方法となっております。

10系アルファードテールランプ加工BMW風3D加工点灯!

昨日紹介させて頂いたアクリルの立体加工は10系アルファードのテールランプでした。

もうお気付きの方もおられたでしょうね(・ω・*)

本当はリレー機で流れる仕様になっていますが、全灯の静止画でご紹介させて頂きます。

まずはスモール点灯
アルファードアクリルテール1

そしてブレーキランプ点灯
アルファードアクリルテール2

ブレーキランプの発光部は全て極小のスクエアプロジェクターになっています。アクリルの削り出しで製作しました。
アルファードアクリルテール3

このスクエアプロジェクターはブレーキランプに使うのでヘッドライトに使う様なクリアレンズだと集光して後続車に迷惑な状態になるのでレンズ部分はサンドブラストで拡散処理をしています。

全部で128個作ったのでハンパない作業量でした(・ω・;)

BMW風のテールランプ加工作業経過

製作中のテールランプです。
テールランプ加工2
BMWのレーザーヘッドライトをモチーフに進めています。

ベースプレートにたくさん空いた穴にはこの極小スクエアプロジェクターが嵌まり込みます。
テールランプ加工1
大変工程数の多い加工なのでまだまだ完成は先になりそうですが、

かなり斬新なデザインなので早く点灯させたくてウズウズしますね(・∀・)