30アルファードヘッドライト加工装着写真

先日製作させて頂きました30アルファードのヘッドライトの装着写真を頂きましたのでサイトに掲載させて頂きました。

30アルファードヘッドライト加工

30アルファードヘッドライト加工6

サイトページ

着手時のブログで少し触れましたが、CANを騙すと言う新たな試みを行いました。

増設した端っこのスクエアプロジェクターはロービーム連動で点灯します。

今までの方法が通用しないCAN通信式のヘッドライトなので色々と知恵を絞らせて頂きました。

点灯確認の連絡では狙った通りの動作をしている事が確認出来ました。

これでまたひとつ引き出しを増やす事が出来ました。

他にも色々と流用出来る方法なので大変良い試みをさせて頂き、オーナー様には感謝申し上げます。

T様、この度は誠にありがとうございましたm(_ _)m


エルグランドのテールランプ加工完了

大変シンプルなデザインですが、この加工は見た目以上に手間をかけています。

最初は外枠を囲む様なデザインをご希望されていましたが、この様にユニットは大変薄い構造なので

アクリルや光源を入れるとレンズの中には収まらないので裏側に突出します。

E52エルグランドテールランプ1

しかし裏側には車体に固定するボルトがあるのでここは触れません。

E52エルグランドテールランプ2

つまり途切れ途切れのラインになってしまいます。

しかし中央部分なら障害物が無いのでこのデザインに落ち着きました。

この様にご希望のデザインでの製作が出来ない場合も多々有りますので参考になればと思います。

光らない部分はメッキのアクリルでフタをする形になっていますが、この様な部分は必ず光漏れの問題がありますので

その対策も結構な作業になります。


E52エルグランドテールランプ3

スモールランプではアクリルラインは端から端まで光りますが、ブレーキランプは保安基準に沿って

外側40cm以内では光らない様にしています。

E52エルグランドテールランプ6

話変わって、装着写真を頂きましたので紹介させて頂きます。

珍しいですが大型ダンプです。

ダイヤモンドテール

ダイヤモンドテールの多連装

A様、いつもありがとうございます!

そしてこちらは3D切削アクリルメッキ塗装を施工しました。

メッキ塗装

金額はかかりますが、メッキはやっぱり良いですね~♪




E52エルグランドのテールランプ加工

E52のテールランプです。

E52エルグランドテールランプ2

端から端までラインで点灯します。

コーナーテールだけこの形です。

E52エルグランドテールランプ1

デザインのモチーフはこれ!

アステリオン

ランボルギーニのアステリオン。

シンプルデザインなのが幸いしたのか意外に似合っております(・ω・)ノ

こちらは完成間近のプリウスのテールランプです。

30プリウステールランプ

ここまで大変時間がかかりましたが、なんとかお客様のご要望通りになったかと・・

ウインカーは面白い流れ方をします。




作業の経過です

ちょっと最近バタバタしておりまして、ブログもマメに更新が出来ていません(xωx)

現在の作業経過です。

30プリウスのテールランプの方は水圧転写が出来ましたので残りの作業を進めています。

プリウステールランプ

光るのはまだ先になりますが、良い感じに仕上がりそうです。

そしてE52エルグランドテールランプ加工

エルグランドテールランプ

センターガーニッシュから横長のラインで点灯させます。

これもまだまだ時間がかかりそうです(・ω・;)

そしてレアなマイクラのヘッドライトです。

マイクラヘッドライト2

ノーマルでは下部はウインカーになっています。

マイクラヘッドライト1

バンパーにウインカーを移設されている車両なのでヘッドライト側のウインカーは不要になり、ここをデイライトにしました。

マイクラヘッドライト3

光量重視のご希望なのでアクリルの面発光ではなくLEDの直接光で光らせています。

しかしそのままではLEDが丸見えになりますのでダイヤカットのアクリルでカバーを作りました。

明るすぎるのでポジションで減光する回路も組み込みました(・ω・)ノ




S660のヘッドライト加工

JAM R&D様とのコラボモデルです。

S660のヘッドライト

ポジションラインはグラデーション化の上、流れるウインカー化も行いました。

元々のウインカー部分はアクリル角柱でポジションランプとなっております。





E52エルグランドのヘッドライトガーニッシュの加工

社外品E52エルグランド用のヘッドライトガーニッシュです。

E52エルグランドヘッドライトガーニッシュ1


元々はデイライト用として販売されている製品ですが、流れるウインカーにされたいとのご依頼です。

最初のご希望ではデイライト件流れるウインカーだったのですが、内部スペースが非常に狭く、リフレクターの温存も希望されておりましたので黄色一色でウインポジで使われる事になりました。

白と黄色の2チップ搭載のLEDも市販されていますが、光量、信頼性共に乏しいので当店ではこの手のLEDは加工には使っておりません。

黄色のLEDも出来れば3W級を使いたかったのですが、発熱の大きなLEDなので放熱フィンの装着が必須となり、取り付けるとこの様に裏側に飛び出してしまいます。

E52エルグランドヘッドライトガーニッシュ2

この状態だと確実にヘッドライトのカバーに干渉するのでこのLEDもあきらめ、最終的にはCREEの小型のPOWERLEDを使う事にしました。

POWERLED


これだと明るい割に発熱も小さく、アルミ板で放熱が出来ます。

とは言ってもランプ内部の密閉空間では充分な放熱も出来無いので裏側に角穴を空けてアルミが直接外気に触れるように工夫しています。

E52エルグランドヘッドライトガーニッシュ

しかし防水処理がかなり大変な作業となります。

角穴とアルミの隙間からの浸水も起こりますので完璧な防水が求められます。

完成後の動画です。



フィットの社外品ヘッドライトも完成しました。

シーケンシャルウインカー化とサイドリフレクターのアクリル加工です。





お久しぶりです

久しぶりにブログを長く休んでしました(・ω・;)

倒産はしていませんよ(笑)

まあここ数日はこの作業でてんやわんやです。

LED田植え

8000発のLEDの田植え作業(-ω-;)

納期がヤバくなってきたので急いでいます。

とは言っても殆どはベテランの半田職人さんが頑張ってくれていますので私は大船に乗ったつもりで余裕こいていますが。

あまりUP出来る状態の物もありませんが、取り合えず経過だけでも。

こちらはS660のヘッドライトです。角柱の組み込みが終わったところです。

S660ヘッドライト加工

そしてフィットの社外品ヘッドライトも進めています。

フィットヘッドライト加工

最近の社外品のヘッドライトはえらいことになってきていますね。

すでに純正にひけを取らないクオリティーですね。

こちらはもう何台作らせて頂いたかわからない程、好評頂いておりますふそうファイターのウインカーです。

24V車の流れるウインカー当店にお任せ下さい。






C-HR社外品デイライトの加工

C-HRの社外品のデイライトですが、ケースとレンズ以外は新規製作です。

デイライトは日亜をびっしり並べて居ますので超明るいです。

C-HR デイライト

ウインカーを出すと黄色のLEDが流れます。

車検モードにするとウインカーは消灯、デイライト機能も任意にオンオフ可能です。




プリウステールランプ加工続報、レクサスGSテールランプシーケンシャルウインカー加工

インナーの成形がほぼ終わりましたので3Dアクリルタトゥーの加工を施したアクリル板を当ててみました。

30プリウステールランプ1

良い感じですね~(・∀・)

インナーの仕切りを除去して1つの開口にするのはこんなにも手間がかかるんです。

30プリウステールランプ2


アクリルでベースや壁を作り、隙間だけをパテで埋めます。

隙間が最小限になる様にアクリルをカットします。

パテが多くなるとパテ割れ等のリスクが高くなりますのでとにかくパテの量を減らすことに重点を置いています。





レクサスGSのテールランプも組み上がりました。

当店定番人気のシーケンシャルウインカー加工です。

今回は3モード切り替え式のシーケンシャルウインカーリレーを使って居ますので車検時も安心です。



リレー機とテールランプの間はカプラーを使った接続になります。

初回の取り付けは配線を通す作業が必要になりますが、万が一のLED切れや車検でノーマルに戻す必要が出た場合、2回目以降の脱着はとても楽になります。

また配線は色分けしていますので誤接続の可能性も低くなります。

同じ色の配線同士を延長して接続するだけなので簡単です。

リレー機を使う場合、入庫対応の場合は問題ありませんが、お客様の方で取り付けを行う場合はできる限り簡単に済む様に、出来る限り配線ミスを起こさないように工夫させて頂いております(・ω・)ノ





30プリウスのテールランプ加工

30プリウス後期型のテールランプ加工中です。

スモール/ブレーキ部分の赤レンズはカラーアクリルに3Dタトゥーを入れました。

アクリルタトゥー1

オーナー様考案のデザインです。

側面のリフレクターにも鱗柄のタトゥー。

アクリルタトゥー2

ウインカー、バックランプ部分は隔壁を除去してアクリル+パテで成形します。

こちらはS660のテールランプです。

S660テールランプ

ウインカー部分にアクリルフィンを入れてリレーで流しています。